« 東アジア文化の都「寧波」への旅~1日目 | トップページ | 東アジア文化の都「寧波」2016・開幕式~3日目 »

2016年4月14日 (木)

東アジア文化の都「寧波」への旅~2日目

Photo_11その寧波(ねいは)は、中国4大愛情故事の一つ「梁祝(りゃんちゅう)伝説」に、最も深い関わりがあるといわれ、この10年で広大な敷地に「梁祝公園」を増築、その中に「梁祝博物館」も造られたのです。※中国語では寧波(にんぼう)と発音

朝から車で「梁祝公園(梁祝文化園)」に向うと、蝶々が舞う駅を発見。「梁祝駅」です、出来たばかりでハイウェイにマッチし美しい駅。↑
梁祝の話を知っていればこの蝶々の意味を語るまでもありません。(笑)

Photo_2やって来たー、という実感とともに「梁祝文化園」の世界へ。

巌友祥園長さんがお出迎え。(写真私の隣)↓

Photo_6渡辺先生は、ここに来るのが何と15回目、10年前に北京外国語大学で卒論を書くため何度も何度も訪れたそうです。

そこでたくさんのものを発見し、納得がいくまで調べつくしたと言う。

Photo_7いま我々が説明を受けて廻っている、例えば梁山伯のお墓。
←始めは、墓石の真ん中に入っている亀裂がわからなかったのだが、後に、雷が落ちて墓が割れたものだとわかり感激した。

また、ヒロインの祝英台が川岸にたどり着き、その墓めざして駆け上がったという話の、
Photo_8川岸にある石碑については、得意げに解説してくださいました。→

驚いたのは、当時何者かもわからない日本人が幾度となく話しかけた渡辺先生を覚えていたのは、事務局の女性だけでなく、清掃員のおじさんまでが!
渡辺先生との再会を大歓迎していました。

我々まで感動、やっぱり渡辺先生はスゴイのです。

02_2ところが先生がまだ見ていないものがありました、それは「梁祝博物館」。

←数年前に完成したばかり。という連絡を受けていたので、私も楽しみでした。

その中に我々「梁祝会」の活動が全て展示してあるからです。私の「書」も!

そして、そして、またここで「書」を書くことに。(笑)

Photo_9場所はこの公園の事務所の一室、昨日の勢いで書きまくりました。

でも本当に喜んでくれるからうれしい。

ところであちこちに取材の方が来ているので、園長さんに頼まれて書いた「愛情聖地梁祝園」の2ショットが、早速ネット新聞に掲載されたと知らされたのには驚きました。→

Photo_13ところで、書にはまだ雅印を押してないのです。
雅印は作者の承認、もちろん中国では必須でしょう。こんなこともあると思い、私は常に携帯してたので、事務の女性がホッとしてました。

ホテルに戻ると、一日遅れで青井さん(鎌倉舞台で祝英台を演じた女優)も到着、寧波駅まで迎えに行きました。

Photo_12同時に、明日から始まるシンポジウムに出席するたくさんの方々が到着。

というわけで、夕食はこのホテルで大交流会でした。

さて、明日は開幕式の大イベント。
日本の奈良からは太鼓団が出演するそうで楽しみです。~明日に続く。(^^)v

|

« 東アジア文化の都「寧波」への旅~1日目 | トップページ | 東アジア文化の都「寧波」2016・開幕式~3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/63526463

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア文化の都「寧波」への旅~2日目:

« 東アジア文化の都「寧波」への旅~1日目 | トップページ | 東アジア文化の都「寧波」2016・開幕式~3日目 »