« 週刊「読書人」の記事が素晴らしい! | トップページ | 出ました!若者が考える「日中の未来」Vol.2 »

2016年5月17日 (火)

経済的に豊かな中国・寧波市。

「2016年の東アジア文化都市」として、寧波(中国)、奈良(日本)、済州(韓国)が選ばれた。ということで先月、中国・寧波で開催された開幕式に出席してきました。

きっかけは、開催地の寧波が「梁祝愛情故事」の発祥地という研究結果により、我ら「梁祝会(日本梁祝文化研究所)」も、招待されるべく客人となったのです。(笑)
20160416
↑全員集合写真のタイトルは「中日韓の梁祝文化学術討論会の専門家が集合」。
(梁祝公園の中心にて)

PhotoPhoto_2ただ残念なのは、日本の殆どの人が「梁祝故事」を知らない。
中国では誰もが知り、韓国でも少なからざる民衆が知っているという。

梁祝公園に入ると、驚いたのはたくさんの子供たち。
写真の青い服が梁山伯、赤い服の女の子は祝英台でしょう。
また、あちこちで恋人カップルや、一人でお祈りしているお年よりも見かけました。

Photo_3さらには「愛情三字経」と題したパネルを見つけた、(写真)
※「三字経」とは、千字文などと並ぶ伝統的な中国の初学者用の学習書。
現在、渡辺明次先生がこれを翻訳中とのことですが、

そこでわかってきたのは寧波市が経済的に豊かな理由、それは「愛情ビジネス」と呼びましょう!

20160416この寧波の梁祝公園を、縁結びの聖地とし、
結婚式場も営み、単なる観光地としてだけでない大きなビジネスを成功させているのでしょう。

訪問中は、梁祝公園の巌社長さん(渡辺先生の右隣)自ら、
我々を始終くまなく、優しく接待してくださったのです。(^^)v

|

« 週刊「読書人」の記事が素晴らしい! | トップページ | 出ました!若者が考える「日中の未来」Vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/63646024

この記事へのトラックバック一覧です: 経済的に豊かな中国・寧波市。:

« 週刊「読書人」の記事が素晴らしい! | トップページ | 出ました!若者が考える「日中の未来」Vol.2 »