« シルクロードの光彩を巡る『新疆 世界文化遺産図鑑』 | トップページ | お芝居を観劇、鎌倉・富士見スタジオへ。 »

2016年6月29日 (水)

日本語作文応援3兄弟?(笑)

日本僑報社・日中交流研究所主催で、もう12年目に入った「中国人の日本語作文コンクール」。今回の応募数はまたまた記録破りの5177点!

現在事務局では、応募作品の整理と第一次審査に大わらわです。

Photo_4ところで、実際に中国の学校で日本語を教えている日本人先生方にも賞を与えているのです。

写真は去年11月の3ショット、まさに我らも作文応援団でしょう。→

写真右端は、梁祝先生でおなじみの渡辺明次先生。
湖南省・湘潭大学で日本語を教え、 第7回コンクールでは生徒たちの作文を指導し、応募数134点もの実績を。

中央の浦野紘一先生は淮陰師範学院、第10回コンクールで192点という最高点を。

Photo_2お二方とも大変な"熱血指導"をしてこられたのです。
ちなみに、1校で50点以上の応募があった学校に「園丁賞」が授与されます)

そして私、6年前から第二次審査員を務めさせていただいています。第一次審査で5千点以上の作品から20点前後に絞られたものを審査。1等賞~2等賞の順位が決まります。

Photo_3さらに、毎年発刊する受賞作品集(書籍)に関しても、多方面で取り上げていただいていますが、第11回コンクールの書名「なんでそうなるの?」を取り上げ、話題の新刊ー書評特集ページを作りました。

まさに多くの日本の方々の協力があってこそ、真の日中友好・相互理解がなされるのでしょう。
私としても、政治・経済面での困難にめげず、未来に向けて微力ながら応援させていただいているのです。(^^)v

|

« シルクロードの光彩を巡る『新疆 世界文化遺産図鑑』 | トップページ | お芝居を観劇、鎌倉・富士見スタジオへ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/63856709

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語作文応援3兄弟?(笑):

« シルクロードの光彩を巡る『新疆 世界文化遺産図鑑』 | トップページ | お芝居を観劇、鎌倉・富士見スタジオへ。 »