« 「重松なほさん、翻訳家デビュー!」が、人民日報に取り上げられた。 | トップページ | 居酒屋「山翠」のオーナー会長さん。 »

2016年6月 2日 (木)

舞台女優の青井さん、帰国後初の公演。

中国・寧波~上虞の旅、「梁祝(りゃんちゅう)文化学術シンポジウム」も無事終り、
ヒロイン祝英台を日本(鎌倉)で演じた青井聡子さんの講演は素晴らしかった。

Photo_3←その、青井さんから、日本での舞台公演案内(写真)が届きました。

実は三年ぶりの舞台公演。私は殆んど毎回観に行ってますが、今回は渡辺明次先生も同行してくださるとのことで行ってきます。(笑)

題名は「楽屋」とか…?有名らしいけど、どんな劇か知らないので、それはそれで楽しみ。

さて、その多才なる青井聡子さんを渡辺先生が「梁祝ブログ」の中でたくさん紹介してます。

その一部を写真と共に抜粋すると…、

寧波での「中日韓・梁祝シンポジウム」、日本側の講演は青井聡子女史。↓
Photo_5彼女は日本の古都鎌倉で渡辺明次氏が翻訳した「小説・梁祝」に触発され筆を執った、古野浩昭氏の脚本「戯曲『梁祝』」で、祝英台を演じた女優である。(2009.10.3上演)

彼女は講演の中で、
「今回梁祝故事起源の地である梁祝文化園に来られたことはとても嬉しいことで、鎌倉で戯曲「梁祝」の祝英台を演じた時に、頭の中にいつも思い浮かべた祝英台の生活の情景等について、今回の参観で、梁祝愛情故事に対するイメージをより一層豊富にいたしました。」と語った。

Photo_4←同行したもう一人の梁祝メンバー正谷絵美女史とともに和服を装い、梁祝文化園の中にある“神人共悦”の額がかかる舞台上でパフォーマンスを。

さらに、青井聡子女史は記者の求めに応じて即席で戯曲の中の一段を身振り手振り豊かに演じた。

というわけで、日本での青井さんの舞台公演は来月早々、楽しんできます。(^^)v

|

« 「重松なほさん、翻訳家デビュー!」が、人民日報に取り上げられた。 | トップページ | 居酒屋「山翠」のオーナー会長さん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/63721138

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台女優の青井さん、帰国後初の公演。:

« 「重松なほさん、翻訳家デビュー!」が、人民日報に取り上げられた。 | トップページ | 居酒屋「山翠」のオーナー会長さん。 »