« 今朝のつぶやきは、入谷朝顔市。(笑) | トップページ | 「日々好日」と「山頭火の詩」。 »

2016年7月 7日 (木)

七夕、天の川を渡せる「かささぎの橋」。

「かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける」
中納言家持(新古今集)

Photo"かささぎ(鵲)の渡せる橋"とは、織姫と彦星が七夕の夜に出会うとき、カササギが天の川に羽根を並べて渡らせる橋。
(男女の契りの橋渡しのたとえにも用いるそうで)

書いた和歌を写真と合成するのに良いものはないかと捜していると、鈴木春信(江戸時代中期の浮世絵師)の版画「七夕」を見つけた。→

文字(和歌)が絵の説明では、つまらないし…、あっ、上手く合いました!(笑)

実は、ちょうど一年前、東洋大学の続三義教授(写真下)の講義で、異なる中国と日本の七夕を聴き、その時いろいろな資料をいただいたのですが、この絵はその中の一つ。(有名な版画ですが)

Photo_2日本の七夕伝説では、織姫と彦星は共に天上の人。愛の為に堕落した二人を神様は戒め、更生した後に、年に一度だけ会うことを許す。

中国では七夕節といい、今でも旧暦の7月7日に若い女性中心に乞巧という願う行事があるが、日本のように、願い事を短冊に書いて笹の枝に結ぶことはない。
ただし、牽牛と織女という名で、古く『詩経』に見られ、更に『荊楚歳時記』には日本に伝わっているものとほぼ同じものが語られていたそうです。

長い年月の変遷でだいぶ異なり、牽牛は牛飼いで勤勉な働きぶりが見込まれ、仙女である織女の愛を獲得。
誰でも誠実で勤勉であれば幸せがつかめるということが真髄。
これでは説明が簡単過ぎるけど、長い話になるのでやめます。

しかし「カササギの橋」も元は中国。
結局、日本の文化は(書も詩も絵も)殆んどのルーツは中国。

それらと「日本の心」を上手くミックスして千数百年?、やはりDNAの故里はここにあり、ですか。(^^;ゞ

|

« 今朝のつぶやきは、入谷朝顔市。(笑) | トップページ | 「日々好日」と「山頭火の詩」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/63893333

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕、天の川を渡せる「かささぎの橋」。:

« 今朝のつぶやきは、入谷朝顔市。(笑) | トップページ | 「日々好日」と「山頭火の詩」。 »