« 今日の朝日新聞「be」に。 | トップページ | 来年の干支(丁酉)を書くー第2弾、「鶏」「雞」二種類のにわとり。 »

2016年11月29日 (火)

「書」のネクタイを頂いて学んだこと?!

昨夜、中国の方からいただいたネクタイ。
今までにも「書」の勉強になるものをいろいろいただき、それも日本では手に入らないような「書」の本家中国の逸品ばかりでいつも感謝しています。

Photoしかし、今回のはさすがにビックリ→
柄が「書」です!裏のブランドタグには、Confucius Institute headquarters(孔子学院本部)とある。スゴイ!

ところで、これは誰の書か?

うっすら記憶にある筆跡だけど、思い出せなく、先ずは自分の資料を持ち出し、推理しながら調べると!

"勘"が的中、わかりました。

唐時代の能書家、張旭(ちょう・きょく)の書です、間違いない。
さらにネットで元の書を見つけました。「古四帖」の部分(下の写真)

Photo_2張旭は大酒飲みで狂草の創設者。酔うと狂走して草書を大書し、杜甫の詩『飲中八仙歌』に詠まれたことでも名高いそうだ。

狂草といえば一般的には懐素(かい そ)が有名ですが、張旭は「二王(王羲之と王献之)」の書風に異を唱え、書道界に改革の旋風を巻き起こすきっかけとなった。
というので、年上の張旭が狂草では先駆けなのかな?
まあ、張旭の書とわかってスッキリしました~

このネクタイをしていつ、どこで、どなたにお会いしましょうか?(笑)

すぐには思いつきませんが、忘年会でサプライズするのはどうでしょう?それも楽しみです。
ありがとうございました。m(_ _)m

|

« 今日の朝日新聞「be」に。 | トップページ | 来年の干支(丁酉)を書くー第2弾、「鶏」「雞」二種類のにわとり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/64560274

この記事へのトラックバック一覧です: 「書」のネクタイを頂いて学んだこと?!:

« 今日の朝日新聞「be」に。 | トップページ | 来年の干支(丁酉)を書くー第2弾、「鶏」「雞」二種類のにわとり。 »