« 「書」のネクタイを頂いて学んだこと?! | トップページ | 12月はクリスマスライブが連日で仕事に追われ…(笑) »

2016年12月 1日 (木)

来年の干支(丁酉)を書くー第2弾、「鶏」「雞」二種類のにわとり。

「来年は丁酉(ひのと・とり)年、鶏(ニワトリ)を書く」の続きです。
今回は、絵文字のような?古き秦の始皇帝時代の篆書(てんしょ)、小篆です。

01先日書いたとおり、鶏は「奚」と「鳥」の他に、旁りが「隹(ふるとり)」もある。

偏の「奚(ケイ・しもべ)」は旧字体ですが、字源はひもで繋ぐ意味なので「飼われた」となり、
旁が「鳥」又は「隹」だと、ニワトリとなるのです。

右のが「奚」へんに「隹」で「雞」ですが、すぐニワトリと読めますか?→

0201日本人が自然に読めるのはこちら、「奚」へんに「鳥」の方でしょう。
←ただ、この書は絵文字を意識しちゃったので、カワイイけど「書作品」としては軽いかな?

まあ、気に入ってくださればどれでもご自由に使ってください。共に新年を祝いましょう。
なんて、気に入る人はいるかしら…?(笑)

|

« 「書」のネクタイを頂いて学んだこと?! | トップページ | 12月はクリスマスライブが連日で仕事に追われ…(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/64577348

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の干支(丁酉)を書くー第2弾、「鶏」「雞」二種類のにわとり。:

« 「書」のネクタイを頂いて学んだこと?! | トップページ | 12月はクリスマスライブが連日で仕事に追われ…(笑) »