« 昨夜は、梁祝(リャンチュウ)忘年会。 | トップページ | 北京・日本大使館から速報、テレ朝ニュース »

2016年12月12日 (月)

来春の書道展の準備に入る

来年も4月に練馬区書道連盟の展覧会があるので、年末のうちに準備です。出品サイズは例年と同じ約60×240cm(2×8尺)のつもりだが、今日は小さく半紙に。

Photo_3先ずは何を書くか、それが重要だ(笑)

第一候補に選んだのは、
唐詩選から王維の5言絶句で、題は「班婕好(はんしょうよ)」(婕好とは女官の称号の一つ)

その結びの5文字「花間笑語声」。→

班(女官)は、漢の成帝(酒色に耽る暗愚な為政者)の寵愛を受けた賢女だが、後に、趙飛燕(妹と共に漢の国を傾けた美女)が入内すると、自から天子(皇帝)のもとを離れることに。

この詩は班の嘆きを王維(唐の詩人)が詠ったものだが、内容が面白い。

怪来妝閣閉(閉ざされたままの班の居室をいぶかしく思い)
朝下不相迎(天子の下りに迎えもせぬを不審に思っていると)
総向春園裏(なんと春の庭園に咲き誇る花のかげから)
花間笑語声(楽しげに語り合う笑い声がするではないか)

Dm_2つまり、心を移した天子を迎えようともせず花園で女官たちと遊んでいるのだが、
楽しく騒いでいるようで、実は心のむなしさも含まれているというのです。

この詩には主語が省略されているため、違う解釈が他にもあるようですが…

それはともかく「書」と「詩」と共に歴史を読み解くのも楽しいものですね。(^^;ゞ

|

« 昨夜は、梁祝(リャンチュウ)忘年会。 | トップページ | 北京・日本大使館から速報、テレ朝ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/64616466

この記事へのトラックバック一覧です: 来春の書道展の準備に入る:

« 昨夜は、梁祝(リャンチュウ)忘年会。 | トップページ | 北京・日本大使館から速報、テレ朝ニュース »