« 今年も初詣は「素盞雄(スサノオ)神社」。 | トップページ | 新年の挨拶、Jazz38(サンパチ)の店へ »

2017年1月 3日 (火)

お正月は、毎年恒例「現代書道二十人展」を観賞。

上野松坂屋が工事中で、去年から日本橋高島屋で開催の「現代書道二十人展」。
今年は松坂屋に戻るのかと思ったら、まだ工事をやってるんですね。

02私が招待券を3枚もらったので書の友人先生たちを誘ったのですが、急遽1名が来られなくなり、嶋尾大恭氏と入り口で待ち合わせ。(写真)

先日少し触れましたが、過去には「この展覧会の内容でその年の日本の書の傾向が決まる」と言われるほどのものだったけど、近年はそのお弟子さんたちの20人展。

問題は内容です。毎年拝観させていただくと、各々の自己チャレンジのみで、かつての大御所たちが築いてきた、書の歴史を背負い仰ぎ見るような感動がない。

もちろん技芸は一流で、ケチをつけるものではありませんが、「書は人」という言葉の通り、明治~昭和の錚々たる師たちの存在が頭にあるので
さびしいというか、我々に刺激を与えてくれるものを期待してしまいます。(>_<)ゞ

|

« 今年も初詣は「素盞雄(スサノオ)神社」。 | トップページ | 新年の挨拶、Jazz38(サンパチ)の店へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/64720260

この記事へのトラックバック一覧です: お正月は、毎年恒例「現代書道二十人展」を観賞。:

« 今年も初詣は「素盞雄(スサノオ)神社」。 | トップページ | 新年の挨拶、Jazz38(サンパチ)の店へ »