« 懐かしの、梁祝(りゃんちゅう)日誌、全22編。 | トップページ | 今度の土曜日は「江友会」の新年会。 »

2017年2月20日 (月)

篆刻(てんこく):自分の名前を彫る

春の書道展の作品ができたところで、雅号印を選んでいると、自分の姓名印が気に入らないというか、問題があるので自分で彫ることにしました。

Photo正直、篆刻(てんこく)は何年もやってないので自信がない。

私の師匠は、篆刻の大御所(故・梅舒適先生)の直弟子。それなのに私は、書の方をみっちり習った分、篆刻は素人並です。

当時いくらか学んだけどノリが悪く、長続きしませんでした。(笑)

Photo_5一流の先生を目の前にして、そうとう頑張らなきゃと思ってはいたけど、今から思うともったいない話、刀の使い方からして全然違う。

まあ、習ったときの手順に従って(写真)→
①選文 ②字体検索 ③デッサン(朱文か白文を選別) ④入刀 ⑤補刀 ⑥作品押捺

Photo_3でも不思議なもので、だんだん夢中になってきて、一気に半日でやっちゃいました。

←出来はこんなもんですが、書の方もそれなりですから、今後ともに勉強!勉強!です。
あまり良く見るとあらが目立つので、専門家の方は大目に願います。m(__)m

|

« 懐かしの、梁祝(りゃんちゅう)日誌、全22編。 | トップページ | 今度の土曜日は「江友会」の新年会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/64917778

この記事へのトラックバック一覧です: 篆刻(てんこく):自分の名前を彫る:

« 懐かしの、梁祝(りゃんちゅう)日誌、全22編。 | トップページ | 今度の土曜日は「江友会」の新年会。 »