« 中国遠征、戯曲「梁祝(りゃんちゅう)」公演が大成功! | トップページ | 素盞雄神社の天王祭 »

2017年6月 2日 (金)

「言葉と文化を知るは相互理解の第一歩」の講演会

240_4今月下旬に発売される『中日対照言語学概論』という硬くて難しそうな書籍。

しかし、オビの言葉にある「言葉と文化の理解は相互理解の第一歩」が、言い当てているとおり、日中間に限らず、歴史を背負った互いの相違点を知るは、理解し合うに足る研究だと思えます。

しかも言葉に現われる民族性や不可思議性には興味が尽きない。

実は、この本の推薦者に続三義先生が!
販促チラシを作るうえで知って驚きました。

Photo続先生は東洋大学教授ですが日中対照言語学会理事長でもあり、正にこの学問のオーソリティでした。

我々が活動している「梁祝会」を応援し、忘年会などにも快く参加してくださいます。

20170708
上の写真は逆に我々が先生(中央)の講演を聴きに行ったときのもの。

←来月の8日には、著者の高橋弥守彦氏の講演会があるのでこのチラシも作りましたが、続先生が司会をされると。

渡辺明次先生を誘って出席しようかなと思っています。

きっとためになるお話が聴けるでしょう、
続先生には今年はまだお会いしていないことですし…(^^)v

|

« 中国遠征、戯曲「梁祝(りゃんちゅう)」公演が大成功! | トップページ | 素盞雄神社の天王祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/65362579

この記事へのトラックバック一覧です: 「言葉と文化を知るは相互理解の第一歩」の講演会:

« 中国遠征、戯曲「梁祝(りゃんちゅう)」公演が大成功! | トップページ | 素盞雄神社の天王祭 »