« 七夕(たなばた)ライブで、ジャズに酔う | トップページ | かめありジャズ38を紹介。 »

2017年7月 8日 (土)

日中国交正常化45周年を記念しての講演会へ。

今日は言語学の勉強!?、東上線・東武練馬駅すぐの「大東文化会館ホール」へ。

Photo大学の講義を受けてるような、研究報告的な講演会でした。
それもその筈、開会の辞が大東文化大学名誉教授、総合司会は同大学教授という具合。

きっかけは先月予告しましたが、高橋弥守彦教授の著書『中日対照言語学概論』の推薦文を、我ら「梁祝会」を応援してくださっている続三義先生(東洋大学教授)が書き、
今日の司会も務めるということを知り、渡辺明次梁祝会長に話すと「出席しましょう」と。

Photo_2上の写真は、高橋弥守彦教授と↑

そして間もなく、「梁祝会」から浦野先生、阿久津先生も参加申し込み。
乗りがよくて素晴らしい!(笑)
左から阿久津、渡辺、続先生、浦野氏

Photo_3今日は続三義先生にお会いし、昨年のお礼かたがたご挨拶。が目的ではありましたが、
二名の方の講演を聴くうちに、日本と中国の言語の違いを比較対照していく話に興味津々、
両国の文化、民族性などの特長までうなずいて聴き入るようになりました。

Photo_4普段無意識に使っている日本語の表現が、中国語では不思議に思うなどなど、
これぞ「言葉と文化を知るは相互理解の第一歩」ですね。

Photo_6今回は、日中国交正常化45周年を記念しての講演会でもありましたが、
我々はこの後の懇親会には出席せず、池袋の居酒屋へ。

「梁祝会」の話が盛りたくさんあるので、こちらですっかり飲み続けました。(^^)v

|

« 七夕(たなばた)ライブで、ジャズに酔う | トップページ | かめありジャズ38を紹介。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/65512719

この記事へのトラックバック一覧です: 日中国交正常化45周年を記念しての講演会へ。:

« 七夕(たなばた)ライブで、ジャズに酔う | トップページ | かめありジャズ38を紹介。 »