« 梅雨明け、いよいよ来週土曜日は隅田川花火大会! | トップページ | 「毎日書道展」の招待券が届いた。 »

2017年7月22日 (土)

「暮しの手帖」花森編集長原作の芝居を鑑劇。

午後2時前、六本木の麻布区民センターホールでは、花森安治原作の朗読劇「一銭五厘の旗」のチケットを用意して、二井ご夫妻(写真両端)がお待ちしてました。

072201そこに以前「漢語角」でお会いしたミュージシャンの女性も(写真中央)。
なぜか皆んな中国がらみで繋がっていたのです。(笑)

さて、二井康雄さんは「暮しの手帖」花森編集長の下で副編集長を務めた方。今回の題字を書かれたのです。

私は「一銭五厘の旗」というタイトルの意味すら知らずに観劇した次第で、
しかも朗読劇というから出演者が台本を読み上げていくものと思っていましたが、
なんと、寸劇や歌、踊りを交えた動きのあるもので、若い役者さんたちが熱演。

同時に、80歳過ぎた女性の戦争体験(東京大空襲)の語りには、重苦しい残影が脳裏を離れませんでした。

Photo_5ようやくわかってきました。
この劇は、存命していれば100歳をゆうに超える花森編集長が書き残された反戦と民主主義の理念を、現代の感性で劇化したもの。
"一銭五厘"とは当時のハガキの値段で召集令状を意味し、兵隊一人の価値でもあったとは。

いまどき難しいテーマかもしれませんが、劇が終わり、二井康雄氏を囲みお茶飲み話を。
さすが花森編集長の下で鍛えられ、副編集長時代を送った方の解説には納得。

演劇集団「いたわさ」という有志団体、第12回目の公演だそうで、これで終わらせず、全国展開を広げてみたら?など意見も。

重く深い内容を現代的にアレンジした演出、楽しめた演劇会でした。(^^)v

|

« 梅雨明け、いよいよ来週土曜日は隅田川花火大会! | トップページ | 「毎日書道展」の招待券が届いた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/65569527

この記事へのトラックバック一覧です: 「暮しの手帖」花森編集長原作の芝居を鑑劇。:

« 梅雨明け、いよいよ来週土曜日は隅田川花火大会! | トップページ | 「毎日書道展」の招待券が届いた。 »