« メール便名刺が届いた、なぜこんなに安いのか? | トップページ | 真夏の夜は怖~い落語を聴いて、お酒を飲んで。 »

2017年8月25日 (金)

中国では村上春樹、渡辺淳一が大人気、でもその逆は?

小説では村上春樹、渡辺淳一が中国で大人気だそうで、発売されるや否や中国語の翻訳版も出るのでしょうが、逆に日本語に翻訳される中国の書籍はあまりに少ない。

Duantopそこに力を入れているのが私がお手伝いしている「日本僑報社」で、他の出版社では(採算を考えると?)なかなか出来ないことでしょう。→

さらには、中国語の翻訳家を育てる「日中翻訳学院」も経営しているのです。

先月、7年ぶりにお会いした千葉明(在ロサンゼルス総領事)さんが、このたび、こんな本を出します。

2
日中中日翻訳必携 実戦編Ⅲ-美しい中国語の手紙の書き方・訳し方-

今日、表紙カバーの色校正が上がってきた段階ですが、e-shopに掲載し、ホームページのトップにもバナーを貼りました。

Photo千葉明(ちば あきら)氏は東大法学部卒。外務省中国課勤務後、北京大学、カリフォルニア大学バークレー校(修士)に留学…という経歴の外交官。 過去にこんな本も出していました。
著書「日中体験的相互誤解」(日中対訳版,2005年)、訳書「何たって高三!」(2006年)

しかし今回、中国語翻訳の参考書的な本を出すとは驚きでしたが、驚く無かれ、二回の在中国大使館勤務、東大教養学部講師(中国語作文)。通訳案内士(英,仏,中)、中国政府ビジネス中国語検定BCTレベル5(著者経歴より)

だそうで、これはきっと新感覚の翻訳参考書でしょう。
副題にある-「美しい中国語の手紙の書き方・訳し方」-なんて聞くと欲しくなります。

Chibaakira
私が中国語を少しでも解ればの話ですが…(汗、、、)

|

« メール便名刺が届いた、なぜこんなに安いのか? | トップページ | 真夏の夜は怖~い落語を聴いて、お酒を飲んで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/65709519

この記事へのトラックバック一覧です: 中国では村上春樹、渡辺淳一が大人気、でもその逆は?:

« メール便名刺が届いた、なぜこんなに安いのか? | トップページ | 真夏の夜は怖~い落語を聴いて、お酒を飲んで。 »