« 「Jazz38 スペシャル フラメンコ」。 | トップページ | 渡辺明次氏(著・編・訳)の「孟姜女口承伝説集」。 »

2017年9月 9日 (土)

「小津和紙」で手漉きの画仙紙を買う。

Photo_4「小津和紙」は日本橋 和紙の専門店で、創業は何と承応二年(1653年)。
もちろん書道用紙も売っているけど、他の和紙にも書きたくなったので、
久々にお店を覗いて見ました。

ここのホームページを見ればわかるとおり店内を見て回るだけで楽しい。

お店に入るとすぐ、以前から手漉きの実演コーナーがありますが、
その横でお会いしたのがかわいいロボット(NECのペッパーですか?)↓

Photo_2たぶんレンタルでしょうけど、アナログとデジタルがマッチしていて、伝統あるお店にしては"粋"ですね。

美しさに見惚れ、手触りを確かめつつも、結局、手漉きの半切画仙紙を購入してしまいましたが、
今度時間ある時にたっぷり研究しましょう。

さて、梁祝(リャンチュウ)先生でお馴染み、渡辺明次氏のもうひとつの著書「孟姜女(モウキョウジョ)口承伝説集」の題字を頼まれているので、今日はその準備です。

Photo_5これらは中国4大愛情故事の2つで、今年と昨年春に「梁祝」ゆかりの地から招かれたのと同様、
「孟姜女」の地?からも今月下旬に招待されたそうで、私が題字を揮毫したら持って行かれると言うので光栄です。

さあ、明日の日曜日は書道創作タイムを予定に入れました。(^^)v

|

« 「Jazz38 スペシャル フラメンコ」。 | トップページ | 渡辺明次氏(著・編・訳)の「孟姜女口承伝説集」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/65774278

この記事へのトラックバック一覧です: 「小津和紙」で手漉きの画仙紙を買う。:

« 「Jazz38 スペシャル フラメンコ」。 | トップページ | 渡辺明次氏(著・編・訳)の「孟姜女口承伝説集」。 »