« 第17回となる元日立の企業戦士たちの写真展。 | トップページ | 昨日のシンポジウムのあとは、ミニ「梁祝会」。 »

2017年10月14日 (土)

「日中教授会議14th国際シンポジウム」へ

Photo日本人には解りにくいタイトルなので、意味が解れば良いかと適当につけましたが、
正確には「日本華人教授会議第14回年次国際シンポジウム」
テーマは不確実性の時代における東アジア協力の在り方。13:00~東京大学本郷キャンパス・山上(やまのうえ)会館にて。

Photo_2実は、私的にも"梁祝会"でも長年お世話になっている薛剣(中国駐日大使館公使参事官)さんが来賓で挨拶されるというのを段躍中さんのブログで知り、渡辺先生とで申し込みました。

薛公使(左の写真)は、今年「日中国交正常化45周年」を記念し、難しくなっている日中友好への道を唱えるとともに、周近平体制など、メディアが伝えない生の情報を解りやすく熱弁されました。

Photo_3丹羽宇一郎・前駐中大使による基調講演では、中国のみならずトランプ、北朝鮮問題にも言及、日本人に期待すべく平和的スタンスの提案。そのユニークな発想が素晴らしい。

また、テレビ出演で知られる朱建栄(東洋学園大学)教授の報告(「一帯一路」と東アジア経済協力)も、具体的で解りやすかった。(写真は、丹羽宇一郎(右)と朱建栄氏)

Photo_5←そして、日本僑報社編集長として、関連書籍を販売中の段躍中さんにも会えました。

今の中国が目指す方向性(多様な方針)について納得するところも多いので、日本のマスメディアはもっと生の情報をつかんで前向きに報道してほしい。
なんて感想でした。(^_^)v

|

« 第17回となる元日立の企業戦士たちの写真展。 | トップページ | 昨日のシンポジウムのあとは、ミニ「梁祝会」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/65920297

この記事へのトラックバック一覧です: 「日中教授会議14th国際シンポジウム」へ:

« 第17回となる元日立の企業戦士たちの写真展。 | トップページ | 昨日のシンポジウムのあとは、ミニ「梁祝会」。 »