« 来月訪中する戯曲・梁祝(リャンチュウ)スタッフの壮行会。 | トップページ | 書聖・王羲之の故里からのお土産は、「蘭亭序」の拓本。 »

2018年3月26日 (月)

昨夜の続き、粱祝(リャンチュウ)壮行会・<書道編>

302戯曲・粱祝(リャンチュウ)スタッフが、中国・江蘇省宣興市から招かれ、来月、現地で舞台公演することとなり、
中国大使館別館にてその壮行会をしていただいたわけですが、私は、題字を新規に書いて持参。

その前のものは、渡辺先生がいたるところで使いまわしてくださり、9年も経ってボロボロ。(笑)
大変嬉しく感じておりますが、このたび新規に書き直しました。

2時と共に私の書もだいぶ変わりました、当時はずいぶん張り切って荒々しく書いていたんだな~と。
古いのを見てふと思ったりして…(笑)

それと同時に、今年の干支の書「戊戌(つちのえ・いぬ)」と「戌(いぬ)」一文字を揮毫してきたのです。
←先ずは、薛剣公使(参事官)へ。

Photo時期を逸してしまいましたが、新年会をやっていないし、書記官の方々にも、初対面の挨拶と兼ねて手渡し。(写真下中央と右の女性)

Photo_3しかし、実のところ、また色紙の数が足りず、他の先生方に差し上げられなかったのが心残りでした。
でもまあ、私が登場するのはこんな時だけだが、少しは盛り上がって良かった。
上の写真は全て段躍中編集長が撮ってくださったので、謝々、謝々、です。(^_^)v

Photo_4

|

« 来月訪中する戯曲・梁祝(リャンチュウ)スタッフの壮行会。 | トップページ | 書聖・王羲之の故里からのお土産は、「蘭亭序」の拓本。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/66543827

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の続き、粱祝(リャンチュウ)壮行会・<書道編>:

« 来月訪中する戯曲・梁祝(リャンチュウ)スタッフの壮行会。 | トップページ | 書聖・王羲之の故里からのお土産は、「蘭亭序」の拓本。 »