« 昨夜の続き、粱祝(リャンチュウ)壮行会・<書道編> | トップページ | 高校時代の同期会は、山野愛子邸にて。 »

2018年3月28日 (水)

書聖・王羲之の故里からのお土産は、「蘭亭序」の拓本。

先月、我ら「梁祝会」の阿久津先生が、書聖・王羲之の故里(中国・山東省の臨沂)を
見学
し、私に買ってきてくださったお土産の"拓本"です。

02王羲之の最高傑作、かの有名な「蘭亭の序」。→

後の皇帝(唐の太宗)が王羲之の書を溺愛し、真筆を全て没収したので、現在、王羲之の書とあるものは全て模写です(模写した人達も能書家)。

さらにそれを石に彫る中国の職人の技術は凄いもので、印刷とは違う手触り(深い凹凸)には気がどよめきます。

下の写真を拡大してみると、拓本の方(右半分)の凹凸感がよくわかります。

00_3お土産の拓本の元の書家は、馮承素(ふうしょうそ)。

この方は殆ど無名だが、初心者が習う上では最も適しているというのか?確かに、私も手本として習った中で、初唐の三大家(虞世南・欧陽詢・褚遂良)の臨書よりも鮮明で真似しやすい。
(写真左が昔学んだ法帖、右が今回のお土産の拓本)

王羲之(303年生まれ)の本籍は(山東省)臨沂ですが、建康(現在の南京市)で育ち、人生の大半は、建康~臨川~武昌~会稽で官僚生活を過ごしています。
最終的に会稽(紹興市)で逸民生活に入り一生を終える。
よって、主な書は殆んどが紹興酒で有名なこの地で書かれたもの。

拓本を手にすると、なぜか本物を味わえた気がします。
10年前には、世界遺産の龍門石窟に行かれた渡辺先生(梁祝会会長)から、北魏の時代の書『龍門20品』の拓本をいただきました、もちろん大事にしております。
そして今回は阿久津先生、本当にありがとうございました。m(__)m

|

« 昨夜の続き、粱祝(リャンチュウ)壮行会・<書道編> | トップページ | 高校時代の同期会は、山野愛子邸にて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/66555904

この記事へのトラックバック一覧です: 書聖・王羲之の故里からのお土産は、「蘭亭序」の拓本。:

« 昨夜の続き、粱祝(リャンチュウ)壮行会・<書道編> | トップページ | 高校時代の同期会は、山野愛子邸にて。 »