« 戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演のお手伝い! | トップページ | 戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演のお手伝い-その2 »

2018年4月 7日 (土)

戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演の最終リハ。

02ここは、JR本郷台駅徒歩2分の「あ~すプラザ」1Fワークショップ・ルーム、最終リハーサルです。
結局、本衣装を着用しなかったけど、最後の詰めで緊張のひと時。

先ずは、渡辺先生から現地でのスケジュールおよび注意事項などを説明。
知らなかったけど、シンガポールからも「梁祝」が来て公演するそうで。

Photo_5敵様はいかがなものか、不安と楽しみが入り混じってる様子?何て思うのは私だけ?(笑)

←それはそれとして、稽古場の入り口ドアに題字(戯曲・梁祝)を貼って、施設内の通行人に興味を惹かせようとは、作者・古野さんのアイデア。

Photo_2今日の私は、先日揮毫した「詩経」を持ち込みました。
ただし舞台で見せるには小さいかな?と思い、ひと回り大きいサイズ(幅120センチ)のも書いてきたのです。→

詩の内容は、先日の説明を繰り返しますが、右から縦に(關は簡体字で关)。
01詩経 關雎  關關雎鳩  在河之洲  窈窕淑女  君子好逑

これを祝英台役の青井さんが詠むのですが、中国語の発音は難しい、増して詩の朗読となると中国人に聞かせられないでしょう。
それでこの書を観客に見せるのだと。

02_2Photo_3それも、お面をかぶって(黒子のように)、書を持ってもらうそうだ。
※写真は召使い(銀心)役の菊池さん。隣の写真は、私。劇とは関係ありません。

演出家でもある古野さんは、喜んでくれて小サイズのも全部使いましょうと。

Photo_4それにしてもここは立派な施設ですね、恵まれた稽古場所です。この中に神奈川県の日中友好協会・事務局が入っているという。

そして最終稽古の後(PM6時から)古野邸で出陣式(出発前の会食)です。
お酒はビール、ワイン、ベトナム米焼酎、日本酒、そしてお料理もしっかり準備してくださっていて楽しい一夜。

こちらこそお礼を申し上げます、そしてお気をつけて中国遠征を楽しんできてください。(^.^)/~~~

|

« 戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演のお手伝い! | トップページ | 戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演のお手伝い-その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/66589070

この記事へのトラックバック一覧です: 戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演の最終リハ。:

« 戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演のお手伝い! | トップページ | 戯曲「梁祝(リャンチュウ)」中国公演のお手伝い-その2 »