« 2018年5月 | トップページ

2018年6月19日 (火)

塚越仁慈 油絵展へ

202午後2時から池袋の会社で会議があったので、ちょうど良い、その前に行ってきました。
「塚越仁慈(ひとじ)油絵展」、池袋・東武6Fの美術画廊へ。(6月20日まで)

姓が同じ塚越さんとのきっかけは先日予告の通りですが、昼どき突然で、ご本人に会えるかどうかわからないけど、もし留守でも絵は見て行きたいとの思いで。

Photoところが入館すると、お客様と歓談中ですぐにわかりました。
塚越さんは私を見て「あ、書道の塚越さん?」と、驚かれた様子。

なんと、名字だけでなく年齢も同じとは照れますね。(笑)

203イタリアの古い街や風景が、なんと明るく爽やかなのでしょう、驚きました。
青空を描かず水面などを惹き立てることで、美しい透明感のある画風が新鮮。やはり原画を見るべきです!

毎年開催し36回目というから驚き。

Photo_2ファンの方は多数いらっしゃるのでしょう、数十万から数百万円の値が掲示され既に多くの作品が売れているのです。
それでいて、初対面の私にも丁寧に応対くださり、お会いできて良かった。

作品の優しさがその人柄からも感じとれました。またお会いできることを楽しみに…(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

我レ遂ニ古希ト成ル(笑)

古希(古稀)は七十歳の称、その出典は、唐の杜甫の詩・曲江(きょっこう)で、「人生七十古来稀」。人生七十歳まで生きている事は稀(まれ)だという意味。

Photo_4今の七十歳はちっとも稀じゃないけど、一筆書きました。(写真は合成)→
自分で書くものじゃないのかな?(笑)

この詩の全文は
朝囘日日典春衣 毎日江頭尽酔帰
酒債尋常行処有 人生七十古来稀
穿花蛺蝶深深見 点水蜻蜓款款飛
伝語風光共流転 暫時相賞莫相違

で、大ざっぱな詩の意味は、
仕事から戻ると毎日のように春着を質屋に入れて川のほとりで泥酔して帰る生活。酒代のツケはそこらじゅうにあるけど、人生七十まで長生きなんて稀だから今のうちに楽しんでおきたい。蝶々やトンボ、素晴らしい景色、全ての自然は移り変わっている。少しの間でも、お互いそむかず認め合っていたいものではないか。

Photo_2詩そのものは味わいがあって、中国語で詠むとさらに良いのでしょうが、
酒に飲まれて借金を重ねても気にしない。みたいな、とんでもない話?(笑)

杜甫の大酒飲みは知ってるけど、なんでこれが我々の「称」になるの?
なんて、また一つ年をとってつい愚痴っぽくなっしまったかな。(^^ゞ

※ついでに、久しぶりに「愛」の字も書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

塚越画伯の油絵展!?

Photo私と同姓の洋画家、塚越仁慈(ひとじ)さん。
今日から池袋東武で「塚越仁慈 油絵展」が始まったようです。(6/14~20)

実は御当人とはまだ面識がないのですが、1~2年前にFacebookで友達申請があり、
私はOK(承認)して以来のネット上でのお付き合い。

同じ塚越でためらいましたが(笑)、私の投稿に「いいね!」を良くくださる。

それだけの縁ですが、池袋 東武の展示会には行って見たい。
お会いできるかどうかわかりませんが、最近ヨーロッパに行かれたようですから、その一連の作品でしょう。

Photo_3←この案内文を見ると(小さくて読みにくいけど)、素晴らしい実績です。

作品も様々な方が購入されて、画商の値もついている。

年齢は私と同じくらいでしょう、しかも東京近郊の関東地方に在住のよう。

作品も是非実物を観たいし、好奇心もあって、その気になってます。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

「中西直子・中西祥司 二人展」へ

先日紹介しましたが、昨年1月に亡くなった友人画家の中西さんの奥様との二人展。
(京橋の「ギャラリーくぼた」6/11~16)

Photo彼は多摩美ですが、奥様は女子美出身で、卒業生のグループ・JAWの会に所属し、毎年出品していたそうで、大きな作品がずらりと並んでいるのにはビックリ。→

主に外国で捉えた写実画が多いのですが、そこにメルヘンを思わせるオブジェが加わりユニークな世界を創りあげています。夢を追うやさしい作家の心が、いとおしくも感じました。

Photo_2←中西祥司氏は、新作は少しで「汎美展」に出した作品が殆んどでしたが、秋にはパリで予定しているのだと!素晴らしき夫婦愛?です。

一昨日のオープニングパーティには仕事で出れなかったのですが、奥様側からの参加者も含め盛大だった様子。
多摩美大の名誉教授も来てくれたそうで。

奥様を亡くした心のうちは解りませんが、新作創りと展覧会開催への情熱が増したような…。最近になってますます感じます。

Photo_3結局私は7時の閉館まで居ちゃいました、さてこの後、いずこへ?(笑)

言うまでもなく中西さんが銀座一丁目の「うおや一丁」という刺身居酒屋へ誘導してくれました。

私一人のために、酒飲み話にお付き合いくださりありがとうございました。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

ヴァイオリンライブとトークと懇親会。

Photo_4ここは神田・神保町の古書・アットワンダー二階にある「ブックカフェ二十世紀」。
18時より「美人女流ヴァイオリニスト、吉田美里さんのミニ・ライブ」です。
古本屋の2階でバイオリンの独奏とは、しびれますね~(笑)

主催は二井康雄(「暮らしの手帖」元副編集長)さん。

紹介文によると、吉田美里さんは
Photo_25歳よりヴァイオリンを始め、1996年、第1回宮崎国際室内音楽祭のアイザック・スターン・ヴァイオリン講習会のオーディションに合格。島根大学教育学部付属中学校を卒業と同時にウィーン国立音楽大学に進学し、2009年に同大学院を修了。現在はウィーンと日本を拠点に、ペルーやハンガリーなど、国際的に活躍を続けています。6年前には、「グリーグ ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 作品45」というCDを制作。表題曲のほか、シューベルトの「ロンド」、マスネの「タイスの瞑想曲」、クライスラーの「愛の悲しみ」、ショパンのノクターン第20番「遺作」などを収録、その力強く、華麗な演奏は、心ふるえます。

03若いのにスゴイ経歴。
懇親会では私も挨拶をさせられた時、音楽と書道にある共通点をちょっとだけ話させてもらいました。
ただこの概念は理解できても、容易く実践できるものではなく、いずれ本にまとめたいくらいの大切なものです。
彼女の演奏にその深意が見えたか?今後の成長に光を感じました。

二井さんは色んな企画を立て毎度お声をかけてくださるのですが、ここへは昨年の夏、「落語イベント」以来です。2017.8.11「大の映画好きで落語立川流の真打、立川キウイ師匠の落語

02「暮らしの手帖」を退職後もユニークな活躍を続け、ファンは多い。

今日も多分野の専門家の方々が参加、今後とも広いお付き合いが出来そうで楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

紫陽花の「暑中見舞いハガキ」が出来た。

"日本の夏"がそこまで来ましたが、暑中見舞いハガキ作るのはちょっと早かったかな?常識的には、梅雨明け~立秋(今年は8月7日)までに出すのが「暑中見舞い」、立秋の後は「残暑見舞い」。

2019実は私の誕生日祝いに、娘からとても嬉しいプレゼントが届いたのでその礼状も兼ねて作っちゃいました。→

ハガキには「暑中見舞い」を入れず、俳句の下にお礼文を手書きすることに。

間もなく色とりどりのあじさいの花が見えなくなってしまうのはもったいないし…

作者:渡辺水巴(わたなべ すいは)明治15年(1882)~昭和21年(1946)、東京生。
句意:紫陽花(あじさい)の毬が白色から、にじみ出たようにみどり色に変わったのである。色彩の変化をとらえた、写生が行き届いた句。(かな墨場辞典より)

ところでこの書は数年前に揮毫したもので、今は私の手元にありません。
ただ気に入っているので、新規の絵柄と併せて新バージョンです。

梅雨季に心癒される、爽やかな紫陽花を思い浮かべ、
一足早い「暑中お見舞い」を申し上げます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

今年は本祭り、わが町は素盞雄神社の氏子区域に在る。

神輿の掛け声が遥かに聞こえてくる、が、本祭りのわりには近所が静か…。

Photo外に出て見たら、向こうから大行列がやってくるではないですか!
何やってるのか?スマホで調べながら一緒に歩く。

天王祭で検索すると!
本年は『本祭』素盞雄神社御本社神輿の渡御があります。
御本社神輿は、素盞雄神社の氏子区域である《南千住三之輪地区》《三河島地区》《町屋地区》の若睦たちに担ぎ継がれながら渡御し、御旅所である町屋 原稲荷にお泊りになり、翌日再び巡行して素盞雄神社へと戻ります。

という事は、この行列は素盞雄神社に向かっているんだ。

B
でも、例年通り山車や神輿が出てるから、こんな行列が来るとは知らなかった!

03それにしてもスゴイ人数です。

これは楽しい、野次馬気分で歩きつつ地元を誇りに思いました。

さあ、夕方近くになると近所で大人神輿がやってくるでしょうから、戻ってましょう。
私はもう若くはないので担がないけれど、今年も野次馬で参加です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

今日から、「中国滞在エピソード」原稿募集開始

日本僑報社主催で、中国に滞在経験のある日本人を対象にした「第1回・中国滞在エピソード」大募集が、6月1日から始まりました。(6/30まで)

Sチラシもできました→

昨年(2017年)は留学経験ある方だけを対象に原稿を募集し、すでに作品集が刊行されていますが、
今年(2018年)はその拡大版として"中国に滞在したことのある日本人が対象"なので、多くの人が応募しやすいでしょう。
既にメディアが告知、中国大使館や友好協会などが応援しています。

作文コンクールと違って、日本人が日本語で書けばよいので応募するチャンスは、私にもあり?!

しかし(私も中国では色々な驚く体験をしてはいますが)、殆んどが手前味噌で、
テーマ性となると、他人からみてさほど面白い(インパクトのある)ものではない。

と、臆してしまいます。周囲にもスゴイ人がたくさんいるし…。(笑)
そんな方々の素晴らしい体験エピソードが集まることを楽しみにしてましょう。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ