« 今年は本祭り、わが町は素盞雄神社の氏子区域に在る。 | トップページ | ヴァイオリンライブとトークと懇親会。 »

2018年6月 5日 (火)

紫陽花の「暑中見舞いハガキ」が出来た。

"日本の夏"がそこまで来ましたが、暑中見舞いハガキ作るのはちょっと早かったかな?常識的には、梅雨明け~立秋(今年は8月7日)までに出すのが「暑中見舞い」、立秋の後は「残暑見舞い」。

2019実は私の誕生日祝いに、娘からとても嬉しいプレゼントが届いたのでその礼状も兼ねて作っちゃいました。→

ハガキには「暑中見舞い」を入れず、俳句の下にお礼文を手書きすることに。

間もなく色とりどりのあじさいの花が見えなくなってしまうのはもったいないし…

作者:渡辺水巴(わたなべ すいは)明治15年(1882)~昭和21年(1946)、東京生。
句意:紫陽花(あじさい)の毬が白色から、にじみ出たようにみどり色に変わったのである。色彩の変化をとらえた、写生が行き届いた句。(かな墨場辞典より)

ところでこの書は数年前に揮毫したもので、今は私の手元にありません。
ただ気に入っているので、新規の絵柄と併せて新バージョンです。

梅雨季に心癒される、爽やかな紫陽花を思い浮かべ、
一足早い「暑中お見舞い」を申し上げます。m(__)m

|

« 今年は本祭り、わが町は素盞雄神社の氏子区域に在る。 | トップページ | ヴァイオリンライブとトークと懇親会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/66797990

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花の「暑中見舞いハガキ」が出来た。:

« 今年は本祭り、わが町は素盞雄神社の氏子区域に在る。 | トップページ | ヴァイオリンライブとトークと懇親会。 »