« 隅田川花火大会は自宅のTVで、晩酌の肴は? | トップページ | 「特別展」明治~昭和、近代書道の人々。 »

2018年8月 1日 (水)

正岡子規の暑~い俳句を一筆。

今日から8月、なんと朝7時から30度超えだと!

02そこで今日は子規の俳句から一筆、これだけ暑いとやけくそで書きました。
その勢いが出たような、「書」の出来栄えはその時の本音ですから(笑)

壁に貼って暑さ比べのにらめっこ。
背景の雲のパターンはいたずらです。

夏山や 雲湧いて 石横はる」子規
原文は石横たわるでなく、石横はる

解説:(中村俊定)
「夏山」雄大な夏山の全景を、白い入道雲を背景とし、夏草の緑に横たわる岩石を対照的に描き出している。雄大で強烈な夏山の印象が表されている句。

イヤー、気持ちばかりですがスッキリしました。(^_^)v

|

« 隅田川花火大会は自宅のTVで、晩酌の肴は? | トップページ | 「特別展」明治~昭和、近代書道の人々。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164930/67010443

この記事へのトラックバック一覧です: 正岡子規の暑~い俳句を一筆。:

« 隅田川花火大会は自宅のTVで、晩酌の肴は? | トップページ | 「特別展」明治~昭和、近代書道の人々。 »