« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月31日 (土)

老舎の世界的名作『駱駝祥子(らくだのシアンザ)』の朗読会へ。

老舎の小説『駱駝祥子(らくだのシアンザ)』朗読会が、午後2時から横浜・本郷台の「地球市民かながわプラザ(あーすプラザ)」で開演されました。古野氏率いる「鎌倉演劇人の会」にとっては、3年間にわたる発表会を経て、集大成ともいうべく公演です。

Photo_20190901161401 その間、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」も観劇という形で応援してきました。

3年間の経緯と説明は先週の予告で書きましたが、30分前、会場で渡辺先生と合流、受付では開催者の大山潔先生(戯曲「駱駝祥子」を日本で翻訳出版)が我々にご挨拶くださいました。

2_20190901161401 写真は舞台を終えて、
左から、戯曲「梁祝」の作者で今回の朗読会の制作者であり出演も兼ねた古野浩昭氏、渡辺明次(梁祝会)会長、そして司会を担当された「梁祝劇」のヒロイン役・青井聡子さん。

会場はしっかり埋まり2時開演。
プログラム的には、(一社)神奈川県日本中国友好協会副会長の挨拶。
大山先生による戯曲「駱駝祥子」の大事な結末のお話。
各場面を明治大学・OB、東京理科大学・学生グループ、放送大学・学生が日本語と中国語での朗読と続きます。

Photo_20190901161402 そして、古野代表「鎌倉演劇人の会」登場です。
演劇人だけあって朗読たるも自然な動きが生まれ、なかなかの出来栄えと感じました。

最後に大山先生リードで青海省の民話『草原情歌』を全員で合唱というフィナーレ。
01_20190901161401「駱駝祥子」朗読の後、元気に一変する演出でしょうか?会場は明るく盛り上がりました。

ところで大山先生の解説によると、1936年に老舎が北京で出版した『駱駝祥子』は、
アメリカで翻訳されヒットするなど、これまでに世界十数か国語に翻訳されている世界的に有名な作品という。

そんなことも知らなかった私も、この小説の結末がそれぞれの国情と時代により異なっていると言うのを知り、改めて興味を抱いておりました。

Photo_20190901161502 4時半少し前に終了、さて我ら「梁祝会」の時間です。(笑)
すぐに東京へ戻り、神田駅で浦野紘一先生と待ち合わせしているのです。
神田駅近くにある居酒屋「清龍」は、渡辺先生お気に入りの店で、池袋本店は昔通った馴染みの店だそうで、安くて日本酒も料理もいける。

Photo_20190901161501 時間的にはまだ6時前、
前橋から来る浦野さんは少し遅れて到着、話が盛り上がったところで彼からの新ニュース、中国・貴州省に招へい訪問が決まったそうで。
11月に訪中ですって!
地元、群馬県日本中国友好協会が主催ですか?!

そんなこんなで、今日も梁祝メンバーからの素敵な新着情報でした。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水)

北九州豪雨中に、偶然にも絵美(防災士)さんの記事。

九州北部の大雨で避難指示が出るなど豪雨、猛暑、台風…、“平成”から“令和”の時代に変わっても日本の異常気象は依然続いている。(産経ニュースより)
20190829
明日は我が身か?他人事ではない。防災知識を得る必要が迫られています。

今日は出社日ではないのですが、会社の"暑気払い"に呼んでくださったので、夕方、池袋の会場(居酒屋へ。

その途中の車内で、我が「梁祝(リャンチュウ)会」の正谷絵美さんからメールが!
「本日の夕刊フジ14面に、先日インタビューされた記事が出ました。水害のことです」
との旨。早速、池袋駅に着くと売店で夕刊フジを購入。

『住まいの処方銭』というコーナーで「災害に学ぶ①」とありました。→
①ということは、シリーズなのかと返信メールで聞くと、「何回かに分けて掲載」するそうだと。
それは楽しみ、というか役立つ情報なのでファイルしておきましょう。Photo_20190829201601

でも、顔写真があればもっと良かったのに…と思い、載せました。(笑)
正谷さんの今までの活躍ぶりですが、右サイトのカテゴリー「大震災・防災」からも拾って読めますのでどうぞ。

「梁祝会」の皆さん、なんとも素敵な方ばかりです。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

書道展の準備―その3

第37回「練馬書道展」は11月9日からですが、作品を書く時間は来月いっぱい。
しかし何を書いて出すか悩み、まだ下書きをやってます。(笑)

2_20190826215801書道展の準備―その1」、「書道展の準備―その2」と書きましたが。
今日は「その3」として別の唐詩を選んで半紙に書きました。
本番サイズはタテ一行(2尺×8尺)なので、半紙に書くのとは違った感じになりますが、私にとってこの作業は大事。

杜甫の七言絶句『解悶』の、起句(一行目の7文字)一辞故国十経秋

一辭故國十經秋
毎見秋瓜憶故丘。
今日南湖采薇蕨,
何人爲覓鄭瓜州。

意訳:ひとたび故国を辞して十の秋が経った。その間秋の瓜を見るたびに故郷の丘を思い出す。
今日は南湖のほとりで蕨やゼンマイを採っているが、瓜にゆかりの鄭瓜州を探してくれる人はいないか。

※鄭瓜州:瓜州(長安の南)出身の作者の友人で鄭審の呼称。
南湖の畔に住み瓜を作っていた。その同時代に詩人鄭虔が住んでいたのだが、審は虔の一族という事と瓜の縁で鄭瓜州と呼んだ。

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

作文、最優秀賞(日本大使賞)受賞者の訪日記録。

中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞(日本大使賞)をGetした受賞者には、副賞として一週間の日本招待があります。
S_20190824182101
その歴代受賞者の訪日記録を、作文コンクールのHPに毎回掲載していますが、今日は第14回の受賞者、黄安琪さん(復旦大学)の「訪日記録」をアップしました。

右の画像が歴代受賞者一覧で、クリックすると各々の日本訪問が見れます。→

そもそも私がwebサイト構築に携わり、一週間訪日のスケジュールはどんなものか知った時、政治家や学者、外交官など主に日本の著名人たちを表敬訪問する時間が多く、若い受賞者には緊張の一週間だったろうと感じました。

しかし、サイトを見るとわかるでしょうが、表敬訪問された相手は、この作文コンクールを応援してくださっている個人や団体であり、「日本と中国の架け橋となる」を唱える、主催者の段躍中さんの一貫した願いが感じられて、私も共鳴するようになりました。

267_s←「第14回・受賞作品集」の表紙。写真は最優秀賞の黄安琪さんで、今日「訪日記録」をアップしました

営利目的でないこのイベントに、当初はスポンサー企業がなかなか見つからず苦労したと聞きますが、現在はドンキホーテさんのおかげで副賞の日本一週間招待も毎年できるのです。
さらには、各メディア含め様々な分野から評価をいただき、応援されるようになりました。
私も陰ながらですが、応援をさせていただいているのです。(^_^)v

※ドンキホーテホールディングスは、株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスに社名変更されました。

| | コメント (0)

2019年8月21日 (水)

ラクダ朗読会、最後の公演がいよいよ来週。

Photo_20190822175401 鎌倉演劇人の会代表世話人、古野浩昭さんより
ラクダ朗読会を東京・茗荷谷の放送大学で続けて3年。来月8月31日、横浜・本郷台の神川県総合文化施設「あ~すプラザ」で新演目を加え、鎌倉演劇人の会が関わる最後の公演を神奈川県日中友好協会と共同で開催します。とのメールが入っていましたが、

詳しいチラシはこちらをクリックで入手できます。

この3年間は、我ら"梁祝(リャンチュウ)会"も応援してきたのです。
第1回・朗読発表会」
第2回・朗読発表会」
第3回・朗読発表会」これらの会場はいずれも、茗荷谷・放送大学(旧東京教育大学)東京文京学習センター。

Aoi_20190822192101 ←ところで今日知った驚きのニュースです。
集大成ともいうべき最後の公演には、古野浩昭作・戯曲「梁祝」のヒロインを演じ、本場中国でも大変な話題を呼んだ、あの青井聡子さん(写真)が「朗読会の司会をします」と!

8月31日の公演会場は、「地球市民かながわプラザ」5F映像ホール。前売りチケットはすでに完売しましたが、当日チケットはあるそうで。本郷台駅からは徒歩で行ける素敵な施設なので是非、いかがでしょう?

Photo_20190822175403『駱駝の祥子』(らくだのシアンザ)とは、中国の小説家・老舎の作で、中国本土はもちろん世界に響き渡る名作ですが、日本でも1954年当時、森繁久弥、杉村春子、東野英治郎というそうそうたる顔ぶれで人気を博した連続ラジオドラマがあったそうです。
私ごときは全く知りませんでした。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

第15回「日本語作文コンクール」、進捗状況は?

日本僑報社・日中交流研究所が主催する、第15回「中国人の日本語作文コンクール」、応募総数は昨年を上回る4359本とのこと

3shot

毎年例年を上回る応募数とは、スゴイですね!
←写真は昨年の「表彰式・スピーチ大会」

現在、その審査が行われていますが、第一次審査は日本僑報社の編集者と外部ボランティアの方々が担当。

私は、この後の第二次審査を今年も頼まれ、ようやく終えたところです。
一次審査通過作品をさらに厳選し、上位21本を第二次審査として審査、採点したわけ。

P1 後日、この21本から最優秀賞(日本大使賞)1本、1等賞(5本)、2等賞(15本)が決定。
右は昨年の上位入賞者→

審査にあたって、4千点以上から21点に絞られた作文なので、どれも日本語はほぼ完ぺき、内容的にも優劣つけがたいものばかり。

今ここで個々の内容に触れることはできませんが、若者の作文を通して、最新の中国の生の姿などを知る喜びがあります。

応募は、中国のほぼ全土にわたる26省市自治区からで、日本語学習者が多いとされる中国東北部と沿海部が上位を占めたとのこと。

Photo_20190819190301 ここで大事なのは、学生の作文指導にあたる日本語教師たちの熱意と実績、さらに多数応募の学校を表彰する「園丁賞」が設置されていること。*「園丁賞」受賞校一覧

日本語教師といえば、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」の渡辺会長、浦野先生も、数年前まで中国の大学で、中国人の指導にあたり、熱い信望を得ていました。
←(写真右から渡辺明次、浦野紘一先生)

今年で15回目を迎えた「中国人の日本語作文コンクール」、12月12日には、例年通り中国・北京の日本大使館で表彰式が開催される予定となっているのです。(^_^)v 
「中国人の日本語作文コンクール」総合案内

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

秋の書道展の書類が届く

 練馬書道展(第37回)の出品要項および必要書類一式が届きました。

37

第37回展という歴史ある「練馬書道展」は、主催が「練馬区書道連盟」であり、
私は途中参加で、二十年以上前からでしょうか出品させていただいてきました

それが二年前から、会長はじめ事務局も世代交代というか、積極的な女性陣の運営により刷新されました。
幹部らの努力で、昨年からは主催に練馬区と練馬区文化団体協議会が名を連ね、区の全面協力をいただけることに。さらに今年は、書のキャラクター使用以外に、東京オリンピック(文化オリンピアード)のロゴ使用を許諾。
会長談:「練馬書道展」は一段と『文化の祭典』の色を増すこととなりました。

36thnerimas素晴らしいことです。しかし私は理事でありながら、仕事にかまけ、何のお手伝いもできません。せめて会期中に何かできないか、と、昨年は席上揮毫(皆の前で揮毫すること)を引き受けました。
←写真は昨年の出品作2点の前で。

37_20190817203901 ところで、今日届いた書類の中にポスターと一緒に、「練馬書道展に出品してみませんか?」というチラシがあったので、掲載します。→

出品を希望の方は、右のチラシをクリックしてください、印刷できるPDF画像をダウンロードできます。
では、私も作品創作にかかります、請うご期待を。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

今日は、令和最初の終戦記念日。

Photo_20190815195201 毎年武道館で行われる戦没者追悼式。
正午、テレビを前に私も例年通り1分間の黙とうを行いました。

令和最初の終戦記念日です。天皇、皇后陛下のお言葉、平和を思う気持ちもなぜか新鮮に感じました。

Photo_20190815195202 いろいろな議論はあるかと思いますが、世界各国が果たして平和に向かっているのだろうか?と感じる昨今、日本人の心は『以和為貴』。

私は以前から、この4文字を何度も揮毫してきました。「和の国ニッポンは「和を以って貴しと為す」。↓

06

故・松下幸之助が語ったという、こんな言葉も頼りに信念を貫いています。
「日本は和の国、和の心を忘れれば倒産する」

もちろん、民族間の問題は数千年の歴史を経て、少しは平和を築いたのかと考えると悲しくなることもありますが、
日本人が持つ高い理性と思いやる心を忘れてはならない、と。

今日は、大型台風10号西日本に上陸を目前に、そんな独り言の「8.15」でした。(-!-;)

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

徳川慶喜の「誠」と私の「誠」。何のことやら?!(笑)

Photo_20190812204801 Photo_20190812204802 昨日だったか?テレビを見ていて、大江戸日本橋の銘板を揮毫したのが15代将軍徳川慶喜。
それくらいは知っていましたが、能書家としての慶喜は聞いたことがないので、ちょっと調べてみました。

先ずはこちらのサイトに「日本橋」の真筆が掲載されていました。
徳川のお膝元であった日本橋に江戸時代の面影を残すべく、当時の東京市長、尾崎行雄が依頼したという。

橋柱を見るより素晴らしい。能書家と言うより品の良さ、そしてこの書には人格と言う人間味を感じ、改めて見入りました。

Photo_20190812204803 ところで、産経ニュースでは、
慶喜直筆の書「誠」発見…こんなニュースを見つけ、驚きました
約1メートル四方の絹地に「誠」と大きく墨書きされ、専門家は押してある印の形から、慶喜が明治になって書いたものと分析している。

2013

何と「誠」が書かれていたのでビックリ!(笑)
専門家が慶喜の書と太鼓判を押しているので信じます。でも「日本橋」と比べると、ずいぶん気合の入った一筆かと。
私も6年前に名前として書いた「誠」があるので、ここに並べてみました。→

書かれた意図がまるで違うのだから並べる事に意味がありませんが…(^_^)v

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

『漢語角』のHPを更新。

先月14日で600回を迎えた『漢語角』(正式には「星期日漢語角」)は、日本と中国の多くのメディアに取り上げられ、このブログにもたくさん記事を書きました

Hp02_20190810192401 今日、主催の段躍中(日本僑報社編集長)さんの事務所で運営しているホームページを刷新、600回の記念写真をメインに作り替えました。

ところで、左上のロゴ「漢語角」は、私が10年前に揮毫したものですが、ずっと使ってくれて光栄です。
さらに、集合写真の真ん中で「6」の数字を持っているのが私、でしゃばったつもりはありません、自然にこの位置になり恐縮しています。(笑)

それにしても、西池袋公園で12年も続いている、いわば"中国語サロン"。
私もいろいろな思い出があります。このホームページを下にスクロールすればメディアで話題にもなった記事が出てきます、これでもほんの一部ですがぜひご覧ください(^_^)v

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

今日(8月8日)は「立秋」。

S_20190808174801

立秋とは8月8日だけでなく、2019年の立秋は、8月8日から8月22日だそうで。(ウィキペディアより)
こんな言葉を見つけました「夏が終わりに向かい始め」「秋が始まり始める」。

姉のご主人から大量の野菜が送られてきました。
主にジャガイモと玉ねぎ。→
つい先日は、妻の兄からも野菜がどっさり。
自宅で野菜を育てている高齢の方は多いでしょうが、都心の我が家に畑はないので、いただくだけ。(笑)

S_20190808175001←早速お礼状を書きました。
頭に、『美意延年』(びいえんねん)。「美」は楽しむ、「意」は心のことで、「延年」は長生きすること。 勝海舟が好んだ言葉だそうで、出典は『荀子』「致士」(四字熟語辞典より)
手紙の最後に「盛夏」と書くつもりが、あまりの暑さに「猛夏」と書いてしまいました。
でも、最近はこんな新語もあるようだし、筆ペンの勢いでつい、許されるでしょう。

立秋を過ぎるころには、夏の最盛期はほぼ終わり、少しずつ気温は下がっていくとのこと。

「猛夏」も良いけど、秋までもうひと踏ん張りです。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

猛暑に銭湯、おすすめです(笑)

Photo_20190807183901毎日物凄い暑さですね~

この写真、近所の銭湯ですが何年か前に撮ったもの。
とはいえ外観は昔のままで、なかなかの風情でしょう。
午後2時半、まさに炎天下で驚く人も多いかと。
"うちの奥様"はあきれて、"変人"扱い?(笑)
実は今日は、ここではなく、もっと近い「改栄湯」。何と、お昼からやっているのです。2時半というのは、2時に入った人たちがぼちぼち出てくる頃で、浴場内はガラ空きになる。
お湯はきれいだし、ひとり大の字になって広い湯船につかる。最近は年寄りばかりではないですよ!

自宅では味わえない癒しのひと時、最高です。
なんて、お近くに銭湯があるかたにはお勧めです。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

白内障の手術で、二泊三日の入院ですか?

聴くところによると「白内障の手術なんて簡単に終わるよ」とか。
「目が見えなくなってからでも大丈夫」など、老化のせいだから心配ないそうだ。

Photo_20190806183701以前から地元の眼科医で右目が白内障が進んでいるので手術した方が良いと言われていて、偶然にもこの病院は私が通う東大病院と繋がりがあり、眼科医への紹介状を書く手続きを進めたのです。

まだ手術する気もなく躊躇している私を前に、「二泊三日の手術ですよ」と。

今朝一番で紹介状を手に東大病院受付へ。
視力検査から始まり、あちこちの部署へ行かされ検査の連続。

なぜ二泊もするのかを聞くと、東大病院のシステム上、万全を期しているようだ。

とにかく言われるままに検査と説明の半日。途中、目の瞳孔を開く目薬を打たれ、この後4~5時間見えにくくなると。

Photo_20190806185201 ということは、今日は仕事どころでない。
確かに私の仕事はパソコンの画面に向かうことが全てで、時々白くかすんで
見えにくいことが増えてきた。これはやはりまずい。

そんなわけで、簡単手術ではなくなってしまいましたが
入院手続きを済ませ、手術日(ずっと先ですが)を決めて帰途につきました。

ところで、東大病院から上野までバスが出ているので、目が見えにくい今は歩くより良い。初めてこれに乗りましたが便利便利、らくちんでした。(笑)

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

新華社通信による「漢語角」600回の動画。

8月に入り、またまた「漢語角」600回の動画です。先日NHKが国際版で取り上げ、今日は、新華社通信が発表したという。(下の画像をクリック)
半月経ってもまだあちこちで報道されるのだから、いかに活動が素晴らしいかでしょう。

ちなみに新華社とは、中華人民共和国の国営通信社。新華社通信で知られている。

ところで、先日のNHKの動画では、私はかすかに映ってましたが、今度は参加者中心の動画なので、渡辺先生と会話しているのが確認できました。
「ウォーリーをさがせ!」ほど難しくないでしょう(笑)

Photo_20190801211601

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »