« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月28日 (土)

「2019汎美秋季展」が今日から。

01_20190929175601 友人画家の中西祥司さんが事務局長も務める「2019汎美秋季展」が今日から始まったようです。

私の予定も結構つまっているので、いつ観に行こうかと迷っているところなのですが、それより中西さんの行動がスゴイ!

以前に「素晴らしき先輩高齢者」として記事を書きましたが、8月13日にロンドンに入り、イタリア、フランスなどヨーロッパの美術館を巡り、一か月の長旅から帰国したという。
娘さんご夫妻がイタリアに住んでいることもあるけど余裕の旅だったようです。

Photo_20190929175601

そして今日から「2019汎美秋季展」9月28日~10月5日、東京都美術館で開催。
と言うわけで、新作を2点出品したということですが、いったいいつ描いたのか?(笑)

この若き?バイタリティには頭が下がります。

Photo_20190929175602 中西さんからのメッセージ:
「今年は昨年に比べ、出品作家が12名増えました。
9月29日 PM 2:00~ ギャラリートーク。
10月4日は多摩美絵画科名誉教授の堀浩哉先生の講評。講評を受ける作家本人は勿論、参加者からも大変好評です。

堀先生の講評は昨年も参加したので、是非聴きたいところ。
しかしこの日は私が仕事でムリ、来週水曜日(10/2)夕方という感じになりそうです。

いずれにせよ、彼の新作は見たいので楽しみにしております。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

ワールドカップバレー2019、世界一に軌跡の勝利か?

Photo_20190928182301

女子バレーを観るのは好きです、強いリーダーがいなくてちょっと不安のニッポン。
今のところの成績は芳しくないけど、明るいチームプレイを見ていると心底応援したくなるのです。
そんな中、今日の相手は世界ランク1位のセルビア。
とても勝てる見込みがない、チャンネルを変えようかと。それでも応援をし続けました。

それが、どうなってしまったのか、相手のミスも続き、勝ち始めたのです。
そんなことがあるのか、「うそでしょ~」をテレビの前で連発。うれし泣きです(笑)

Photo_20190928182302 そして、世界一に勝った!!中田ジャパン、奇跡を呼ぶ逆転勝ちでした。

頑張れワールドカップ女子バレー2019、このまま続くとは思えないけど、あのゴーグルで戦う鍋谷が「いいね!」でした。上の写真 (^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

「漢語角」600回の動画ニュース

 今日のメルマガ(日本僑報社)が送られてきました。
段躍中編集長からの冒頭のメッセージの一部です。

Cctv先ごろ600回を迎えた中国語交流サロン「漢語角」が、
中国中央テレビ(CCTV)「華人頻道」(チャンネル)に大きく取り上げられました
草の根交流「漢語角」へのご理解とご支援、本当にありがとうございます!

この600回イベントはたくさんのメディアが取り上げたので、ここでも何度か紹介しましたが、この動画にも私はほんのちょっと映ってます。今までよりは良いかな?(笑)
上の写真、600回の「6」の数字を持ってるのが私。

Cctvs左の写真、宮本元大使、その向う隣が私、あと、私が日本僑報社内で仕事をしている(胴体だけ写ってる)ところも出ますが、以前に取材された時のでうまく編集されてます。

中盤は段さんの紹介ですが、全部中国語なので画像だけ見るしかない。
それでも、ちょっぴり楽しめたもので…(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

「練馬書道展」への思い

昨日、中学校時代の同期会の通知がきて、悩んでいるところに追い打ちをかけるように?「練馬書道展」会期中のきめ細かいスケジュール表が届いた。

Photo_20190921215701 単なるローカル書道展と思ったら大違いで、練馬区在籍者の「書」のレベルは高い。
だから今回で37回展ということはおよそ37年の歴史ある書道展で、主催は練馬区書道連盟。

しかし、どこにもあるような高齢化の波を抑止したのが三年前。新会長はじめ執行部は殆んどが女性で若返り。

それが功を奏してか、今までも書きましたが、練馬区に理解と協力を求め、主催となってもらえたおかげで、この展覧会は、練馬区文化祭の一環となり、当日は生涯学習センターの方々がお見えになり、朝10時には所長が挨拶。

Photo_20190921215702
それらを支えたのは、長年会長を務められた伊東牧龍名誉会長です。
今回、区から表彰されるらしい、そのお祝いもしようということです。
写真は昨年の区の担当所長に説明している伊東名誉会長(右

開会日の翌日は、やはり朝から「席上揮毫」と「体験コーナー」という催しが続く。
そんな具合で、理事の私も昔のように初日と最終日の宴会だけ顔を出す、というわけにはいかないでしょう。

Photo_20190921215703 たいしたお手伝いもできない私ですが、この書道展を大事にしています。
「書」といえば、日展、毎日、読売、産経、などなどヒエラルキー的マンモス書道会には私はおさらばで、中国の書道界を見たことで書に関する研究心が変化しました。

それより問題は、中学の同期会とのダブルブッキング。
なんとかします。ああ忙しくなりそう。(笑)

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

舞台公演の記念写真にも顔認証システムが?(笑)

老舎の世界的名作『駱駝祥子(らくだのシアンザ)』の朗読会は8月31日でした。

Photo_20190920221101 写真は、本日、神奈川県日本中国友好協会から届いた全員の記念写真。

とは、戯曲梁祝(リャンチュウ)の作者であり、「駱駝の祥子」朗読会に出演した鎌倉演劇人の会世話人の古野浩昭さんからの連絡でした。

みんないい顔しています。ー 友達: 斎藤紗綾、下山 達也、村津 和也、大山 潔、塚越 誠

facebook からのメッセージだが、友達の中に私の名も入っている。
記念写真で私が舞台に上がった記憶は全くないのだけど…、

なんと、後列の右から2番目が私だそうだ!
コンピュータによる顔認識でしょう、ちょっと見ると自分でも疑った。
もしかしたら無意識に舞台に上がったのかな?とか。(笑)t

Photo_20190920221102 しかし、拡大してみたら全然違う、全くの別人ではないですか。
一瞬であれ、自分でもその気になったのだから、皆さんそう思っているでしょう。

そんなもんですね、そっとしておきましょう。左の写真が当日の私、服装も全然違うでしょう。

仕事から帰ってフフッと笑いを隠せぬひと時でした。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

中学の時の同期会案内

Photo_20190919194201

4年ぶりに同期会の案内状が届いた。
確か、3年に一度はやろうと言っていたのが一年延びたようだけど、それでも幹事さんたちには感謝です。

11月10日、午後1時から上野「薩摩魚鮮」とのこと。
高校はしょっちゅうやるけど、中学時代も懐かしい思い出がたくさんあるので是非出席したい。楽しみです。

201502←左の写真は前回のワンショット。

ところで、案内状の文面にあるとおり我々が通った中学は「下谷中学校」ですが、今は、「柏葉中学校」に変わっている。良きも悪しきもライバルであった隣町の「竜泉中学校」と合併したそうで、私は8年前に実家(今の住居)に戻って初めて知ったのです。
(※下の写真は柏葉中学校HPより)

Photo_20190919194202

最近では良くある話だけど、そのことよりも、こちらが問題。この日は「練馬書道展」開催中なのです。
展示期間中だから休めば良いのだけど、この日は10時半から「席上揮毫(皆の前で書く)」のイベントがあり、昨年同様、これを頼まれる可能性が大なのです。

会長からは期待されていると思うし、私もやりたいし、非常に悩みます。
同期会を1時間くらい遅刻して行くことも考えたけど、返事を出す前に決めねばならない。

楽しみなイベントが2つ重なるとは思わなかった。
私にとっては、一日も早くの決断が急務となってしまったのです。(^_^;)

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

書道展の準備―唐詩「秋葉風吹黄颯颯」。

第37回・練馬書道展は再来月。作品創りはそろそろ大詰です。

Photo_20190916191201右の画像は写真を撮ってつなげて去年の作品の上に合成してみました、まだ仕上がりではありません。
ここに自分が写っている必要はないけど、大きさがわかるので…(笑)

今までブログに書いてきた「書道展の準備―その1~3」のように、半紙に2行で書いたものとはイメージが全く異なってきました。

実際に広い会場に展示されると、気が付かなかった余白とのバランスなど、結構荒が見つかるもので、最近はこの方法をとっています。

詩の説明は「書道展の準備―その2」で詳しく書きましたが、

張諤(ちょうがく)の七言絶句「九日宴」の起句(初めの7文字)で
秋葉風吹黄颯颯」。
あれからだいぶイメージを変えましたが、この感じであと2週間。

自分に納得いくものが書けるまで頑張ります。(^_^)v  

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

「第17回・よもやま話」ゲストは「はらだたけひで」さん。

『暮しの手帖』元副編集長の二井康雄さん主催「編集よもやま話」は17回目となりました。
私は前回(16回)は、5月にしでかした大けがが完治していなく、不参加でしたが、毎度多くの参加者が集まり、たいしたものです。

Photo_20190914183801 ゲストの「はらだたけひで」さんは、長く岩波ホールに勤務、優れた映画を数多く、配給、宣伝、上映され、この2月に定年退職。(写真左側)
仕事である映画の公開に携わった折に、ジョージア(当時はグルジア)という国に魅せられ、十数回の渡航を繰り返し、ジョージア映画の紹介に努め、昨年、第1回ジョージア映画祭を企画、開催されたという。

また原田さんは、絵本作家・原田健秀でもあり、産経児童出版文化賞はじめ数々の大賞を受賞され、今も活躍されている方。

Photo_20190914183901

ジョージアの話なら延々と、というだけに熱い思いを語る会が始まりました。

私はジョージアというと、栃ノ心とソ連の一部(旧名グルジア)くらいしか知らなかったが、今日は明るく個性的な民族と映画好きの世界を聞かせていただきました。

原田さんは、現役時代の映画の仕事および絵本作家としても素晴らしい経歴の持ち主でありながら非常に謙虚な話しぶりで好感がもてました。

←現在岩波ホールで上映中の映画のチラシ(宣伝)

 そして、いつものトークの後は、懇親会です。
☆会場は神田神保町の「ブックカフェ二十世紀」(1Fは古書店「@(アット)ワンダー」

Photo_20190914183802

私と主催者の二井康雄さんとの繋がりは、こちらに紹介しましたが、今日は奥様ともお会いでき、懇親会では久々に一献交え、楽しいひと時でした。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

中国青年代表団の訪日

Photo_20190910195101外務省の報道発表では、対日理解促進交流プログラム(JENESYS2019)の一環
及び日中青少年交流推進年認定行事として、中国青年代表団60名が本日羽田に到着しました。

夕方6時から、東陽町のホテルイースト21にて歓迎会に出席しました。
私は日本僑報社としての参加ですが、一昨年は大学生(未成年)の団体だったので酒類は無し。
あの時と今日は違う!ビールとお寿司を主体に、ほどほどにいただきました。(笑)

Kimg0012_20190910195201横浜や千葉を襲った台風15号の影響はほぼ無かったようで、羽田で良かった。
成田空港着だったら歓迎会は中止になったかと思うと、運が良かったなと陰ながら祝福を。

来賓は、元在中国日本国大使の阿南惟茂氏はじめ、駐日本国大使館、外務省ほか。
中国日本友好協会の程副秘書長(代表団団長)の挨拶で始まりました。

2shot01_20190910195101 今日到着したばかりなので皆さん緊張していたようですが、
次第に打ち解け私も元気が出てきました。

阿南元大使とは初対面ですが、同じテーブルに来て女性たちと話し始めているのをみて
中国語が全くできない私としてはさびしい思い。でも一緒に写真を撮ろうと元大使に提案。
みんな喜んで、とうとう男性たちも大勢集まってきました。

Kimg0017 ところが残念なことに、阿南元大使との2ショットや皆で撮った写真がスマホに保存されていないのです!
焦って何度もチェックしたけど、あきらめました。

明日は周恩来首相も留学したという、静岡県掛川市へ、掛川市立大東図書館には周恩来と松本亀次郎のろう人形もあるそうだ。

日本各地を回るほどではないが、このような日本と中国の若者の友好活動はずっと続けられ、中国の将来を担う若者が日本の政治、経済、社会、歴史、先端産業、伝統産業、文化などに触れ、相互理解を築いているのです。

私も毎度参加させていただき、おかげさまで今回も有意義な時間を得ることができました。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

"しじみ"が届いた!(笑)

Photo_20190906214601 先週の話、なんとなくスマホをいじってるうちに、どこかのサイトで「くじ引き」をしたら「大当り」でした。
それがこれ→
テレビCMでやってる『しじみ習慣』が二箱送られてきた。
噛むと確かに"しじみ"だ!

1日2粒が目安だが、薬でないからそれ以上飲んでも良いそうだ。
昔の私なら、飲みすぎや肝臓に良いのなら大量に飲んだかもしれない。

ところで、「大当り」で喜んでるけど、これ、誰でも当たるのでは?

Photo_20190906214602 テレビの通販CMで、
「フリーダイヤル、今なら二箱無料、送料も無料」とやってるではないですか?

ネットの「くじ引き」が先だったように思いますが、やはりこの手の通販番組は効率が良さそうです。

私は申し訳ないけど、医者の薬だけでたくさん。
サプリを買って飲むことはないので、興味を持ちませんが、若いとか言われたくて、その気になる高齢者も多いのでは。
なんてシミジミと"ひとりつぶやき"でした。(笑)

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

横浜・本郷台「あーすプラザ」での『駱駝祥子』公演を終えて。

Photo_20190903211502  先週末、老舎の世界的名作『駱駝祥子(らくだのシアンザ)』の朗読会が、横浜・本郷台の「地球市民かながわプラザ(あーすプラザ)」で公演されました

公演が終わるとすぐに渡辺明次(梁祝会)会長と私は、東京・神田に戻り、「梁祝(リャンチュウ)会」を予定していたのでメンバーの浦野先生と合流。
Photo_20190903211503また、公演スタッフ(鎌倉演劇人の会)一行は、代表の古野浩昭宅で祝賀会を行ったそうで、そのスナップ写真の一部を入手しました。

4人の写真の右端が司会を務めた、戯曲「梁祝」のヒロイン青井聡子さん、その隣が古野氏。→

ところで、なぜ我々は別行動となったのか?というと、公演には行けない浦野さんと、前もって神田で会う予定をしていたからです。

そういえば、帰り際に「もう帰ってしまうんですか?」(祝賀会に出られませんか?)と聞かれたような気がしたのですが、我々は予定を決めてしまっていたので仕方がない。
2_20190903211501今から思うと、初対面の方々が多いし交流会としても有意義だったかなと。

とはいえ二股はかけられませんもので…(笑)
入手した写真を見れば盛り上がって満喫されたようで何よりです。

Photo_20190903211501右の写真が、公演会場の「あーすプラザ」で、本郷台駅から徒歩数分のところにあります。
写真は私が撮りましたが、なかなか素敵な建物です。(^_^)v

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »