« 新年のご挨拶 | トップページ | 続三義教授の最終講義、続編は「子」の字も参加?(笑) »

2020年1月 6日 (月)

続三義教授の最終講義を聴講。

 東洋大学経済学部教授の続三義先生が3月で定年退職となります。
今日は先生の最終講義を聴きに、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」のメンバーが集まりました。

Photo_20200107164101

続先生との関係は「続三義先生、定年退職最終講義のご案内」に書きましたが、「梁祝会」の渡辺明次会長が梁祝ブログに書かれた、「梁祝会の顧問として会の活動を全面的にバックアップいただいている続三義先生、最終講義」にも詳しくかかれています。

新年早々の講義なので予定がとれたのは6名でしたが、祝英台役を演じた青井聡子さんが鎌倉から和服で駆けつけてくださったのは素晴らしい!(写真は、続三義教授を囲んで)

Photo_20200107164102

1時間半の講義は
『日本語、中国語と私』。
先生は「日本人に対する中国語教育のレベルをもっと高めたい」との願いから、大学で中国語を教えながら、日中言語対照研究を続けています。

広い教室は現役学生でしっかり埋まり、講義後も記念写真や花束贈呈など続き、やっぱり大変な人気教授だったのですね。
上の写真では、たまたま高齢者が目立ってますが…(笑)

その後、我々は東洋大学正門からバスで池袋の居酒屋『清龍』へ。
ミニ新年会となりましたが、続先生は参加できなかったので、後日改めて「続先生をお招きして退職を祝う会」を設定する予定です。

続三義先生、お疲れ様でした。今日は大変有意義な時間を有難うございました。(^_^)v

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 続三義教授の最終講義、続編は「子」の字も参加?(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年のご挨拶 | トップページ | 続三義教授の最終講義、続編は「子」の字も参加?(笑) »