« 第24回・日仏現代国際美術展 | トップページ | 令和の初場所。千秋楽に大興奮! »

2020年1月25日 (土)

令和2年の大相撲初場所、誰が予測できただろうか?

幕内最下位の徳勝龍が優勝?!なんて、予想した人は皆無でしょう。

Photo_20200125184401 右の写真は、台東区議会議員を32年間勤めて引退した、地元(小学校時代)の同級生で木下君が今朝SNSに投稿したもの。→
なんと徳勝龍との2ショットではないですか!
さらに文面は、「おはようございます。
徳勝龍関が12勝1敗で幕内優勝に向かって走っています。今日は同じ1敗の正代関と王手をかけたいちばんです。国技館に応援に行ってきます。皆さん応援よろしくお願いします。」

まさかとは思っていたけど、こうなったら私も応援しようとTVを見ました。

Photo_20200125184402Photo_20200125184403 そしたら、徳勝龍が正代に勝った!最ライバルの大関貴景勝が朝乃山に負けた!(左右の写真)
こんなのを誰が予測できただろうか?

面白くなってきました、まさか平幕最下位が優勝なんて…前代未聞でしょう。
明日の千秋楽が読めません。(^_^)v

|

« 第24回・日仏現代国際美術展 | トップページ | 令和の初場所。千秋楽に大興奮! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第24回・日仏現代国際美術展 | トップページ | 令和の初場所。千秋楽に大興奮! »