« 二人の禅僧の名言(詩)が深い! | トップページ | 鑑真和上の「五つの戒」 »

2020年4月14日 (火)

書評:米国の長所・短所-映画から学ぶ

今日のブログタイトル「米国の長所・短所-映画から学ぶ」は、二井康雄さんが「しんぶん赤旗」に掲載された書評の見出しです。

201911_20200414180101 二井さんは元『暮しの手帖』副編集長であり、映画ジャーナリストとしても活躍されています。
私の「書」を理解してくださり、書道展には毎年奥様と一緒に足を運んでくださいます。
※写真は、昨年秋の「第37回・練馬書道展」にて新作の前で2ショット。→

私は新型コロナウイルスで外出自粛、ひきこもりの毎日ですが、そんな時、二井さんから「4月5日の『しんぶん赤旗』に書評を寄稿しました」とのメールが。

Photo_20200414180101←映画評論家・村瀬広著の「アメリカが面白くなる映画50本」(新日本出版社)という本の書評です。

この本は、「アメリカという国のおぞましさと自浄作用がくっきりの好著です。
拙HP「futai-site」のブログ欄に記事が出ています。ご笑覧いただけたらうれしいです。」

私はまだ読んでいませんし、米映画を50本なんて、とても観ていませんが、米国に関して思う共感点が多々ありそうな良書と感じました。

ところで、二井さんからは先日も『第5回公演「飛龍伝」』2020年4月16日~(東京芸術劇場)のお知らせを頂いているのですが、政府から緊急事態宣言が出ている以上やっぱり無理。

中止という連絡は聞いてませんが、いずれにしても私はこのまま自粛を続けますので、今回はキャンセルということで申し訳ありません。m(__)m

|

« 二人の禅僧の名言(詩)が深い! | トップページ | 鑑真和上の「五つの戒」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二人の禅僧の名言(詩)が深い! | トップページ | 鑑真和上の「五つの戒」 »