« 自粛中は、スマホも自粛(電源OFF)? | トップページ | 蕪村の句『…月は東に日は西に』は、中国の詩人、陶淵明の「雜詩」に由来。 »

2020年4月28日 (火)

急性期に「アビガン」、重症肺炎時には「アクテムラ」か?

Photo_20200428182601 ノーベル医学生理学賞受賞者の本庶佑・京大特別教授が
①急性期には抗ウイルス剤「アビガン」
②重症肺炎時の炎症反応の暴走時にはトシリズマブ(アクテムラ)実地導入すべきと緊急提言したそうで。
 
「アクテムラ」(一般名:トシリズマブ)とは、中外製薬が、新型コロナウイルス肺炎治療薬としての承認取得に向け、ヒト化抗IL-6受容体抗体「アクテムラ」の国内治験(国内第III相臨床試験)を実施すると発表したもの
 
Photo_20200428182602 同じくノーベル賞受賞者の山中伸弥教授は感染者数で一喜一憂するのではなく、陽性者の割合を注目すべき」と。
 
現場で苦闘している医療関係者たちの言葉はもちろんだけど、日本が誇るノーベル賞学者からの提言も心強い。
 
今のところ、感染し呼吸困難になったら、人工呼吸器か人工肺とポンプによる「ECMO」で酸素補給し、自力で復活を願うしか手立てはない。
とのことですが、私個人的には「ECMO」なんて怖い!と思っていたところでした。

今は、
抗体検査など必須でしょうが、やっぱり治療薬が早く出来たほうがいいな。
 なんて、肺に自信がない私としては、素人なりの不安を隠せませんでした。(>_<)ヽ

|

« 自粛中は、スマホも自粛(電源OFF)? | トップページ | 蕪村の句『…月は東に日は西に』は、中国の詩人、陶淵明の「雜詩」に由来。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自粛中は、スマホも自粛(電源OFF)? | トップページ | 蕪村の句『…月は東に日は西に』は、中国の詩人、陶淵明の「雜詩」に由来。 »