« コロナを横目に、自宅でジャズライブ?! | トップページ | コロナと同時急務の防災対策、防災士の絵美さんがNHKに登場の動画。 »

2020年4月 8日 (水)

古野氏による「コロナの正体」和訳文。

最新のTV報道では、動物(トラ)にも感染したとか!本当なら大変なことですね、ペットを飼ってる人には恐怖でしょう。
その話ではありませんが、戯曲・梁祝(リャンチュウ)の作者、古野浩昭氏が新型コロナウイルス(COVID-19)について日本語に訳したもの。

Photo_20200408181601 昨日の英文の拙訳です。ご参考までに-Hiroaki Furuno-
●このウイルスは、生きている微生物ではなく、タンパク質でできた細胞の遺伝子DNAであり、個体の周りを脂肪液でくるんでいる。眼、鼻、口からヒトの細胞に入ると増殖し危害を及ぼす。
● ウイルス自体は壊れやすいもので、外側の脂肪を剥ぎ取ってしまえば自然に消滅する。
● その脂肪は熱を加えれば解けるので、摂氏25度以上のお湯で手や衣服、その他接触物に対して洗浄する必要あり。
● アルコールを65%以上含む溶液(消毒液)もこの脂肪を溶かすので効果的。ウオッカ酒はアルコール分40%に過ぎず、役に立たない。LISTERINEは65%アルコールなので効果的かも。
● 紫外線は、ウイルスのたんぱく質を壊すので有効。しかし、顔に当てる場合、皮膚のコラーゲン(タンパク質)も壊すので要注意。
● 密閉空間ではウイルスを密集させる。より広い空間、自然の換気を心掛けること。
● 手洗いの回数が増え、ウイルスが減っても、手の皮膚は裂け目ができやすくなり、ウイルスはそこに潜むことがあるので、適度な保湿も必要(保湿クリーム?)。
● 爪切りも忘れないように。ウイルスはそこにも潜む。(無意識に自分の指で顔のあちこちを触り、感染する)。

終息がいつになるか全く見えない状況の中、身の回りのことで参考になればと思い引用しましたが、元の英文資料は不明なので信憑性は如何なものか?…(^_^)v

|

« コロナを横目に、自宅でジャズライブ?! | トップページ | コロナと同時急務の防災対策、防災士の絵美さんがNHKに登場の動画。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナを横目に、自宅でジャズライブ?! | トップページ | コロナと同時急務の防災対策、防災士の絵美さんがNHKに登場の動画。 »