カテゴリー「東日本大震災」の42件の記事

2016年9月29日 (木)

「葡萄食う 一語一語の 如くにて」草田男

先月、福島から贈られた種なしぶどう。

美味しくいただきつつ、詩をつけたいな、と俳句をいくつも考えたが、今だに見せるものなし、結局挫折。(笑)

Photo_4中村草田男が詠んだ
「葡萄食う 一語一語の 如くにて」→

イイですね、今の気持ちそのままに、筆をとりました。

草田男(くさたお)は『俳句の聖地』愛媛・松山出身で高浜虚子の門下、その虚子の師が正岡子規で、ルーツを辿るとスゴイ。

やっぱり詩をつくるにも一流の師匠を持たねばダメでしょう。
そして、詩が良ければ、書も良く見える、かな?

最近は、古典や近代詩文書にこだわらない私流の"落書きスタイル"が好きになってます。

とろで草田男の出生地は、父親が領事で赴任していた清国廈門市(中国福建省)だそうで。まあ、愛媛出身には変わりないけど、ここでも中国が出てくるのです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

福島県、種なし葡萄『高尾』が美味しい!

Photo_2日中突然、宅配便が届いた。
福島の方からの涼しい贈り物です。

しっかり重いので開けてみると、1房づつ丁寧に梱包され、
シールには「福島県、種なし『高尾』」。

7房も入ってました。→

今年は、お中元以外の贈り物で、先日の『呉羽の梨』も感動、新鮮な果物が続き大感激です。

Photo_4早速、お礼状を送りました。
(前に作った朝顔のやつ(写真)、俳句で朝顔は秋だから良いでしょう)↓

Photo_7宣伝文句は、「福島の秋のお楽しみ♪幻の品種『高尾』(9月中旬頃~9月末頃)巨峰を改良して生まれた極上の甘さ…」、その通りの美味です。

夫婦2人では食べきれないし、知り合いにも味わっていただかないともったいない。

今日のところは、いつも好くしてくださるお隣の老夫婦さんにおすそ分け。

Photo_6大変喜んでくださり、お婆さんからは「福島出身ですか?」なんて聞かれたので!
「二人とも東京ですよ、いまさら何をおっしゃいますか!」(笑)

その後、娘夫婦と孫にも贈りましょう。
これだけで今日の蒸し暑さはすっ飛んでしまいました。感謝感激で~す。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

居酒屋「山翠」のオーナー会長さん。

昼間、福島の山田明生さんから電話が。私が1週間前に出したメールの返事です。
返事は遅く、しかも電話なのです!でも80歳の方らしくて好感が持てます。(笑)

Photo山田さんは東北で「養老乃瀧」を9件経営、3年前には中国大連にも居酒屋オープンというバリバリ現役オーナー。
新店舗の題字「山翠」を頼まれたのですが、最初に草書で書いたら、→
「スミマセン読めないので」と却下され、採用されたのがこれ、これなら読めるでしょう、というエピソード。↓

Photo_2写真はお店で実際に使われているという「おてふき」。

実は、山田さんは福島市の日中友好協会の会長でもあるのです。
それがご縁で、長いお付き合いをさせていただいているのですが、我々の「梁祝会」には遠方にもかかわらず毎度参加を楽しみにされています。

Photo_3写真は昨年夏の「梁祝会」で、山田会長と正谷絵美さん。→

そもそもメールの内容は、4月に中国・寧波へ「梁祝の旅」をしてきた報告会のご都合を聞いたわけですが、
私からの連絡をとても喜んでくださり、渡辺明次先生(日本梁祝文化研究所長)とで来月の予定で会の企画を進めます。
時期的には暑気払いかな?(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

梁祝(りゃんちゅう)絡みの「暑気払い」。

2週間前に「梁祝先生こと渡辺明次先生」と飲み、急に「暑気払い」をやろうと。
まあ、お盆シーズンの最中だし、こじんまりと4名だけのつもりでいたら、何と、正谷絵美さん(写真左から2人目)も来てださいました。

Photo嬉しい!正谷さんとは3年半ぶり?私も言い尽くせないほどお世話になったもので。

ここは池袋「養老乃瀧」。
写真の左端から、浦野先生(74)は前橋から、正谷さん(?)は相模原、渡辺先生(74)は小平、そして山田会長(80)は福島から。
私(67)以外は全員遠い!

何でしょう、この5人の関係は?

関係するものを、自分のブログから適当に抜き出してみました。
渡辺明次先生:先月の日中友好新聞の1面に紹介、別ページにはプレゼント記事。
山田明生会長:東北で9件の「養老乃瀧」を経営、中国大連にも居酒屋オープン!
正谷絵美さん:『梁祝』福島講演、現在は相模原市防災マイスターだそうで。
浦野紘一先生:中国で日本語を教え、帰国された日本人教師。

間違いなく中国がらみですが、主には日本での"和"が広がったのでしょう。

Photo_2歳は違っても、それぞれの立場で"助け合い"と"飲み交流?"の賜物です。

←正谷さんは、あの東日本大震災の後に、山田さんの講演会を大成功させてくれた感謝の人。2ショットでの山田さんの満足げな顔はたまらない。(笑)

渡辺先生からは、新刊本を翻訳するに当たって山田会長からも協力くださったお礼に、訳書「紅の軍」を一冊プレゼント。

Photo_4そして私からは、「敬天愛人」(天を敬い人を愛す)の書をプレゼト。
私はこんな御礼しか出来ませんが、急な誘いにも遠く福島から駆けつけてくださる感謝の気持ちです。
中国の女性に差し上げたものとは別バージョン

何歳になっても、反応が良い人はすぐに頭に浮かぶものです。

今日は、気心知れたこの5人で充分。
すっかり陽気で話題の尽きない"暑気払い"でした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

来週の「日曜『漢語角』」は、8周年・第400回交流会。

Photo『漢語角』とは、「中国語の集い」。(私の訳ですが)

8月9日の日曜日は400回記念交流会、場所はいつもの西池袋公園で開催だそうで、ホームページには、会場地図やマスコミに取り上げられた記事が掲載されています。

20080303先月、「横浜漢語角」100回記念に参加しましたが、
こちら(東京漢語角)は、さすがに本家本元、400回とはスゴイ!
8年間の活動は、主催者(段躍中さん)のブログに。
私は段さんの志ある活動に感銘し、微力ながら応援し続けているのです。

Photoそもそも7年前、この会の題字を頼まれ、揮毫したのがきっかけ。(上の写真)
その後、東日本大震災の被災地向けに寄せ書きの提案や、(手前が段さん)→
折りある度に、中国人留学生に希望の詩句を書いてあげたり(下の写真)、など、など
(それぞれ各メディアの報道にリンクしました)

20111002まあ、中国語が出来ない私としては、「書」を通してのささやかな協力ですが…

400回おめでとうございます&応援の言葉。
①初志貫徹:
常に初心に帰り、心に決めた志を貫き通す。
②継続は力なり:
地道な努力も続ければ大きな結果に繋がる。

今後ともに、政治に負けず?"民間レベルでの日中交流"を続けて欲しいと願います。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

国立新美術館の後は、「テング酒場」で芸術レビュー?

中西さんの新作を拝見し、たそがれの国立新美術館を後に、六本木の街へ。

Photo目指すは「テング酒場」、良いワインが並ぶ中、激安の赤ワインがあるそうで。

←見えてきました、赤い看板(写真中央)

Photo_4日替わりランチ590円の看板に驚いたけど、店内はレンガ造りでなかなか良い雰囲気です。
話どおり、安い赤ワイン、そして生ハムも旨かった。

Photo_5さて話題は芸術論?

いやいや、一年前に肺がんで亡くなっていたという、あの○○女史(表参道の女性社長)の話が出ないわけはない。そもそも中西さんを紹介してくれたのが、彼女だったのだから。

Photo_2我々がこの訃報を知ったのは、去年の秋の汎美展(上野・東京都美術館)の数日後のこと。

それに関連して、私的にも思い出すことたくさん。

こんなことも思い出しました。
2011年・春の汎美展」は彼女と観に行き、その後、皆んなで楽しく飲んだっけ。その4日後が東日本大震災だったのです。
中西さんは、あの日も会場にいたので、国立新美術館で大揺れを体験したという。

Photo_3ところで今になって4年前の中西さんの作品を観るに、この4年間での素晴らしい変化に驚いています。

とにかく、話題とともに赤ワインがすすむ。この日もかなり飲みすぎてしまったような…。

結局、今日になってようやくブログも書けました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

私の3.11

311bs「東日本大震災から4年、発生時間に合わせ各地で黙とう」
というテロップを見ながらで恐縮ですが、やはり「あの日」の我を思い出しました。

たまたま実家にいた私は、テーブルの下にもぐったけど、木造2階建てのくせに立てかけてあるものが少し倒れたくらいで、殆ど何事もなかったのです。
しかし品川のマンションの方は13階ゆえ、食器棚など大崩れして大変だったそう。

今日は、このブログの右サイドに『東日本大震災』とカテゴリーを作っておいたので自ら開いてみた。(笑)

Photo震災の当日から10日間は自粛してブログを書かなかったようで、
その後、被災地のために何か出来ないか?と考えあぐね、思いついたのがこれ。

被災地の方々への寄せ書き」でした。

←(写真左端が私)

このことを一部のマスコミが報道してくれたようで、そんなことも忘れていた。

●人民網日本語版に>>東京漢語角 「頑張ろう日本」を合言葉に交流
(私のことも紹介されてます)
●月刊誌「クロスロード」にも、募金活動として紹介されたようです。

さらにブログを見ると、直接的でない記事も増え、いろいろ書いたなと、自分なりに回顧しました。
まあ、やったことはこの程度なのですが…。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

昨日のつづき、CO2削減、懐疑派。

NYでも地球温暖化防止デモを大々的にやってるそうなので、つい昨日の続きを書きたくなりました。

人間活動による二酸化炭素のせいだとするのが正統派で、それに賛成しない懐疑派や否定派は「変人か、悪人か、ブッシュの犬」だと?

私は、地球温暖化説にケチをつけてるわけでなく、CO2削減がエコ商売だから。
昨日書いたけど、丸山茂徳(東工大大学院教授)は、地球温暖化で商売やってる国や人々が許せないようで、私もそれに共鳴してるからです。

Photo_2そこで、見つけたのが東日本大震災前(2008.4.21)に、伊藤忠商事会長だった丹羽宇一郎さんが日経新聞夕刊に書いたコラムを切り抜いておいたので、この下に載せます。

さらに4年前、丹羽さんの中国大使就任パーティでの2ショットも捜して載せました。(笑)→

まあ、それはともかく、この記事はわかりやすく、説得力ある事例です。↓

Photo_3しかし、なぜか?ある日、日経ネットから消されていたのです!
理由は分かりません、何か裏の力が働いたのでしょうか、いやな気がします。

こんなことはよくあるんでしょうが、東日本大震災前には「原発危険論」の記事はことごとく潰されていたそうだからこれも、同じか~、と。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

「変人か、悪人か、ブッシュの犬」って何?

地球温暖化の原因が二酸化炭素ではないと主張することは、
「変人か、悪人か、ブッシュの犬であるという風潮」だそうで、
(松田卓也・神戸大学名誉教授『地球温暖化の太陽活動原因説』を読んで)

Bookmaruyamaよく分からない風潮だけど、そりゃ恐ろしい。(笑)

実は、地球温暖化説が、脱原発で静かになったかな?と思ったら、
昨今の異常気象にかまけて、国家を巻き込んで盛り上がってきた!

しかし、この本を著した丸山茂徳(東工大大学院教授)は、
「自分は命をかけている。なぜなら地球温暖化で食ってる人々がいるから」

世界中がそれを信じきっているのが怪しいので検索してたら、ビックリ!
6年前に書いていた自分のブログを発見。(笑)

説の是非はともかく、これは西欧発のエコビジネス戦略の一環。
企業のISO取得も同じエコ商売、英国が考えついたらしい。

前にも書いたけど、太陽の黒点が11年周期で増減するのに、
この5~6年間、減ったまま増えないそうで、逆に、地球寒冷化!では?
素人の私でも、人類が出すちっぽけな二酸化炭素が温暖化の主要因とは思えない。
このことも一年前のブログに書いてました

Photo地球の気候は、太陽活動と銀河宇宙線によって決まる(スベンスマーク説)
なんて聞くと、変人と言われてもいい、少し自信がついたような…。

というわけで私も人を食ったようなビジネスは嫌いなので
「参考文献」をほんの一部載せました。

でも、でも、変わらないでしょう、世界中のマスコミも政治家も、信じきって疑う余地がない、国家戦略を立てちゃってますから…。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

店名『山翠』を揮毫。

Sansui02今年の2月に『山翠』の2文字を頼まれましたが、お店の看板ができたようです。

中国・大連から画像が2つ届きました。

Sansui01福島市の山田明生(代表取締役会長)経営の居酒屋で、
先月2号店を開店し、今後大連の店の全てをこれで統一されるとのこと。

東日本大震災で福島のお店が大被害に遭われたという山田明生さんとは
震災が起こる数ヶ月前に知り合い、それ以来いろいろと交流させていただいております。

「山翠」看板、なかなかステキではないですか!
タテのもカワイイし、どちらもHOTで良い感じ。
大連2号店、一度行ってみたいところです。

日中関係が難しくなってるなか、大変な行動力!

またお会いできたらお話をお聞かせ願いたいと思っております。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧