高齢化社会・老化防止・健康

2020年1月17日 (金)

「続三義先生をお招きして退職を祝う会」

Photo_20200118165201 先日、定年退職を迎えた東洋大学教授、続三義先生の最終講義に、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」のメンバーが出席しました。→

その後、渡辺明次先生(梁祝会長)が「続三義先生をお招きして退職を祝う会」をセッティングしてくださり、連絡が入りました。

ただいま池袋「清龍本店」を2月8日(土)18:00開始で予約いたしましたので、宜しくお願いいたします。

Photo_20200118165202

場所:蔵元居酒屋「清龍(せいりゅう)」
東京都豊島区東池袋1-4-2
(「清龍」は雰囲気も悪くなく安価で料理の質がよいということで選択しました)
日時:2月8日(土)18:00
アクセス:JR山手線/池袋駅徒歩4分
電話番号:03ー3985ー6342

渡辺先生、大変お手数おかけしました。

前回参加できなかった浦野さんは、前橋から新幹線で上京、鎌倉の青井聡子さんもOKだと。
今のところ7名ですが、人数が増えた場合はその都度連絡することになっております。

というわけで続先生とまたお会いでき、二度目の新年会?も楽しみにしております。(^_^)v
※左上の写真は、渡辺明次、続三義共訳の「紅の軍」(日本僑報社刊)を手に講演する続先生、ちなみに表紙デザインは私(塚越)です。(笑)


| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

「勘亭流書道」という会の作品展の知らせ

Dm_20200116210801

今日は夕方からお得意さんの会社に出向き、新年初の会議です。
その後、新橋にある韓国料理屋で新年会をやっていただきました。

仕事の話も弾み、酔いが醒めきらないうちに自宅に着くと、届いていたのが「勘亭流書道の会」のハガキDM。

一年前に誘われて行ってきましたが、浅草雷門の斜め前の「浅草文化観光センター」 。
外国人がたくさん。そこで案内してくださった横山鶯亭さんこそ、中学時代の同期生で、55年ぶりの再会でした。
ブログに書きましたが、私の書道とは異なる素晴らしい活動です。

Photo_20200116210701

昨年は私一人で行ったのですが、今度は同級生が来る日に合わせられそう。

実は、ここには中学生時代の思い出が詰まっているのです。
好きだった人と会えるのです~(笑)

昨年のクラス会でお会いできたので、明日にでも電話しちゃうつもりです。
昔だったら電話なんか出来なかった…思春期の思い出、じわじわっと滲んできました~

なんて…いくつになってもあの頃の純情な心は失せないものなのですかね。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

演劇とトークイベントのお誘い

「暮しの手帖」元副編集長の二井康雄さんは、現在、映画ジャーナリストとしての執筆活動をはじめとし、イベント主催など多彩な活動をされています。
また「書き文字ライター」として映画や演劇のタイトル文字などを手がける多才な方。

Photo_20200111181301 その二井さんから、新年早々のお知らせが2つ。

昨年3月、絶賛上演された「蒲田行進曲」に続いて、つかこうへい作、中村静香主演、こぐれ修演出の「ストリッパー物語」が浅草・木馬亭にて上演されます。(2020年2月19日~26日、全11回)
「社会の片隅で生きる男女、虐げられるが故に深く愛し合う、ヒモとストリッパーの真実の愛の物語」だそうです。
二井さんは、前作に続いてポスターやチラシなどの題字を書きました。→
写真がそれですが、私が書く「書」とはまた違い、芝居に良く溶け込んでいてポスター全体が活き活きと感じます。

18 そしてもう一つはトークイベントで、第18回編集よもやま話「元編集者、二代目立川寸志、立川流の未来を編集する」。(2020年1月30日)
このイベント企画は、2015年6月から神田・神保町の「ブックカフェ二十世紀」のオーナーのご提案で続け、今回で18回目になるのですね。

私が初めて参加したのは、6回目(2017年8月26日)、
「真夏の夜は怖~い落語を聴いて、お酒を飲んで」でした。

今のところ私の予定は調整中ですが、どちらも楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

続三義教授の最終講義、続編は「子」の字も参加?(笑)

02_20200109185001 一昨日書いた続三義(東洋大学)教授の定年退職最終講義について、渡辺明次先生(梁祝会会長)も
「梁祝(リャンチュウ)みんなのブログに」投稿されたという連絡が。

当日は我ら「梁祝会」のメンバー6名が集まり、講義の後、池袋の居酒屋でミニ新年会を催しました。
04_20200109184801その時に、今年の干支の文字、「子(ね)」と「庚子(かのえ・ね)」を、私が色紙に揮毫し、皆さんにお配りしたのですが、
右の写真は渡辺先生にお渡しした「子」。→

気に入ってくださったのか?そのブログにも載せてくれました。

主な記事の内容は、参加できなかった続三義教授とのその後のやり取りが書かれていて、「なるほど」と。
私も初めて読んだわけですが、信頼関係と言うか、お二人の優しい心が伝わりました。

タイトルは、「『日本語、中国語と私、語学教育40年』続三義先生、最終講義2020年1月6日東洋大学へ」。
私の記事も転載されていて、続編となりますが、こちらもご覧ください。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

続三義教授の最終講義を聴講。

 東洋大学経済学部教授の続三義先生が3月で定年退職となります。
今日は先生の最終講義を聴きに、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」のメンバーが集まりました。

Photo_20200107164101

続先生との関係は「続三義先生、定年退職最終講義のご案内」に書きましたが、「梁祝会」の渡辺明次会長が梁祝ブログに書かれた、「梁祝会の顧問として会の活動を全面的にバックアップいただいている続三義先生、最終講義」にも詳しくかかれています。

新年早々の講義なので予定がとれたのは6名でしたが、祝英台役を演じた青井聡子さんが鎌倉から和服で駆けつけてくださったのは素晴らしい!(写真は、続三義教授を囲んで)

Photo_20200107164102

1時間半の講義は
『日本語、中国語と私』。
先生は「日本人に対する中国語教育のレベルをもっと高めたい」との願いから、大学で中国語を教えながら、日中言語対照研究を続けています。

広い教室は現役学生でしっかり埋まり、講義後も記念写真や花束贈呈など続き、やっぱり大変な人気教授だったのですね。
上の写真では、たまたま高齢者が目立ってますが…(笑)

その後、我々は東洋大学正門からバスで池袋の居酒屋『清龍』へ。
ミニ新年会となりましたが、続先生は参加できなかったので、後日改めて「続先生をお招きして退職を祝う会」を設定する予定です。

続三義先生、お疲れ様でした。今日は大変有意義な時間を有難うございました。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

新年のご挨拶

Photo_20200105092101 正月の三が日は昔から遠出をすることはないので、あっという間に経ってしまいます。
我が家の場合、元旦は地元の氏神様に初詣、二日は塚越家の墓参り。

娘と息子の家族とは来週以降に会うし、親戚との新年会なども特に予定はないので、三日目の今日は家でのんびり。
こんな具合で今日は自分の時間がとれてのんびりと。

思いついたのは、私の書道のホームページ。トップ画面を新年用に更新しました。
元旦に、ネット用の年賀状を掲載したのですが、今日はそれをカットしてシンプルに。

S_20200104201401←それと、この写真は、五月に令和になった時、揮毫したもの。

しみじみ思うのは、皆さまとのお付き合いで人生ためになることばかりを感じた一年でした。
年はとりたくないなどと不満を言わずに毎日を目標を持って過ごせるのもそのおかげ。

本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

続三義先生、定年退職最終講義のご案内

Photo_20191226194401 東洋大学経済学部教授の続三義先生(元・北京外国語大学教授)から、渡辺明次先生宛に届いたメール文の一部ですが、

「私も早くも今年で東洋大学を定年退職となります。添付ファイルのように、2020年1月6日に最終講義を行います。有志の皆さんに応援していただければ心強くなります。」

ということですが、渡辺先生の翻訳書は全てと言えるほど中国語翻訳監修を続先生にお願いし、快く引き受けていただいている。
という信頼関係。渡辺先生の著書・訳書は日本僑報出版社のサイトにまとめてあります

2015

続先生は、我々「梁祝(リャンチュウ)会」にも幾度となくご参加くださり、この10年があっという間でした。

さらに、我ら「梁祝会」のメンバー殆んどが続先生の教え子とは、すごい!
それだけでなく、続先生の偉大さはここでカンタンにはまとめられません。
過去に私が書いたブログをランダムに挙げてみました。
それぞれ詳しく書かれていますが、懐かしく楽しかった思い出ばかり(笑)

2010

2015年11月 7日 (土)
続三義先生の講演会「日中翻訳による文脈-『天声人語』の中国語訳から」へ。

2010年7月21日 (水)
北京外国語大学・同窓会/親睦会

2016年12月10日 (土)
昨夜は、梁祝(リャンチュウ)忘年会。

2018年11月11日 (日)
今日の「梁祝(リャンチュウ)会」は、日中翻訳フォーラムに参加。

2016_20191226194501 この定年退職最終講義は、新年早々(1月6日)ということで、講義のあとの新年会も考えているのですが、続先生ご本人のスケジュールがまだつかめないようで、連絡待ちの状態です。

我々だけのミニ新年会となるにしても、続先生にお会いできること楽しみにしております。(^_^)v

| | コメント (1)

2019年12月17日 (火)

「塚越仁慈(ひとじ)」油絵展へ。

2shot01_20191217183401

私と同じ苗字で同年齢の塚越仁慈さんとは、二年前からSNSを通じてお友達になっていますが、彼の個展を観に行くのはこれが三度目。

ここは渋谷・東急本店8階美術画廊。
今年の7月は池袋の東武デパートでしたが、12月は東急本店で明日まで。
作品は全て新作というからスゴイ!

独自の画風からは優しい風を感じ、心が爽やかになるので、また鑑賞したくなりました。
尤も、購入するにはちょっと値が張ります。私としては敬遠しちゃいますが…(笑)

Photo_20191217183401

ところで、数日前にSNSで発表したノートルダム大聖堂の火災の絵がある筈で(上の写真)、
是非見たいと期待していたのですが、会場には展示されていない!

「不幸な出来事の絵は展示するのを拒まれたのでしょうか?」
そう聞くと、塚越画伯は一瞬顔を曇らせて「応接室に飾ってあります、こちらです」と。

2shot03

画廊の方の誘導で奥の部屋に案内され、特別に見せていただきました。
立派な応接室に、この絵だけが展示されているではないですか!彼の画風がそのまま表現されて私には違和感を感じませんでした。

とは言え、主催者側としては無難を選ぶでしょう。
予期せぬ興味深いことに遭遇しましたが、私としては深く考えることは止めて、素直に絵画鑑賞を楽しんで参りました。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

湘南名物「タコせんべい」。

隣の家に一人暮らしの超高齢のおばあちゃんがいます。まだお元気で、お友達もたくさん。玄関先で会うといつも明るく挨拶をします。

Photo_20191208181101

神奈川に住む息子さんが久々に訪ねてきて、日頃のお礼にと、くれたのは湘南のお土産。

湘南名物<元祖>江の島「タコせんべい」、
茅ヶ崎「しらすせんべい」、
鎌倉腰越「わかめせんべい」の三種類。→

真っ先にいただいたのは「タコせんべい」。
鎌倉に住む友人に聞くと、有名だそうで。
何で「タコせんべい」が人気なのかわかりませんが、宣伝文句はこんな感じ。
「袋を開けると湘南海岸の薫りがいっぱいに広がります。湘南ちがさき屋の大ベストセラーは、味も風味も格別です。」

晩酌のビールのつまみにして食べちゃいましたが、ちょっぴり辛く美味。ごちそうさまです。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

打ち上げパーティの写真が届いた

11月9日から始まった「練馬書道展」の最終日(11/14)の写真が事務局から届いた。

02s 午後3時から搬出、と同時に全員集合写真を撮り解散です。その後、例年通り「反省会(総会)」が開かれます。
今年は石神井公園駅前の中華料理屋にて、会長の挨拶で始まり、練馬区書道連盟事務局から会計報告、展覧会状況とイベント報告。さらに、令和2年度の「第38回練馬書道展」の予定と準備の作業分担などちゃんとやります。

Photo_20191201192001そして打ち上げパーティですが、今年は11月に伊東牧龍名誉会長が練馬区から「文化功労」で区民表彰を授与されたのです。
大変おめでたいことで、参加者全員でお祝いの乾杯。

伊東名誉会長は長年会長を務められた方で、私の書の直接の師ではありませんが、展覧会の度に作品に対する良き指導をしてくださいました。大変勉強家でもあります。

S_20191201192401

宴たけなわの頃、二日目のイベントの一つ「席上揮毫」で書かれた、私を含む4名の作品がこの場で披露され、希望者に差し上げるという初めての催し。

私個人としては、自分の作品を欲しいと言ってくださる方がいるのだろうか?
と正直不安でしたが、他の方々と同様、希望者多数によりじゃんけんで決めるということになり、ホッとしました、ちょっぴり嬉しいものです。(笑)

02s_20191201192001 来年は38回展となるわけですが、このところ初出品の若い書家が増え、人数的にも盛り上がりがはっきり見えます。

近年はマンモス書道展の応募が激減しているそうですが、それに対し、この小さな書道展は新しい何かに向かって動き出したようです。

毎度書きますが、実行委員の方々には本当に感謝しております。(^_^)v

| | コメント (0)

より以前の記事一覧