カテゴリー「健康・生活習慣病・老化防止」の244件の記事

2018年8月15日 (水)

今日は終戦記念日(8.15)

テレビですが正午から1分間の黙祷が行われました、一瞬のことだけど大切な恒例行事と思います。
Photo_3天皇陛下の新しいお言葉の部分について、後に解説されていました。
私は素直に受け入れましたが、人それぞれだし、まして思想的なことに触れるつもりはありません。

それより、今日の私の昼食は至って質素。(笑)
実は意図したわけではなく、我が奥様が外出なので近所の食品スーパー(コンビにではない)にお弁当を買いに行きました。

Photo_4そこで目にしたのは珍しくも何ともない、〔元祖〕鶏がら「チキンラーメン」。
酷暑の中にも関わらず、昭和のあの味が恋しくなったわけです。

今日のお昼はこれに決定!→

3分間待ち、フタを開けると、裏面に「ありがとう!インスタントラーメン発明60周年」と題して、日清食品創業者(安藤百福)のことが。↓
Photo_51958年に世界初の即席めん。1971年にはカップヌードルを発明、これも世界初。発明から今年でちょうど60年とのこと。

そのへんをかみ締めていただきましたが、期待するほどの感動はありませんでした。
当時あんなにおいしいと感じたのが、今や口と舌が変わってしまったのでしょうか。

さて、話を移して、下の書籍は6年前に日本僑報社から出版された反戦本です

Photo_6この題字「私記 日中戦争史」を揮毫しました。初めて依頼されたので私にとっても記念なのです。

著者の志々目彰さんには講演会でお会いし、この原書を贈呈しました

本の内容は、志々目氏ご本人の兵隊時代の体験記。
これには私も絶句しました。戦後世代の我々が聞かされてきたことに何とあいまいなことが多いことか。

まあ、人それぞれですが、こんなことを思い出すのも8.15には必要なことかも?でした。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

中国大使館から『梁祝会』の渡辺明次会長に嬉しい招待状。

我ら『梁祝(リャンチュウ)会』の会長宛に、中国大使館から「祝賀レセプション」の招待状が送られてきたと喜びの連絡があり、今日その記事を「梁祝みんなのブログ」に載せたそうです。

詳しくは「中華人民共和国成立69周年及び中日平和友好条約締結40周年祝賀レセプション」  於:2018年9月27日ホテルニューオータニ「鶴の間」

このような招待状が渡辺先生個人に送られてきたのは初めてだそうで、それを喜んでいたのかと思いましたが、浅はかでした。
嬉しかったのは招待状の宛名で、渡辺明次の前に「梁祝会」と印字されていること。

Photo
「梁祝会」というネーミングがようやく市民権を得た?という感動でしょう。
さらに渡辺先生は、「この十数年、いろいろな人のひそかな応援や思いが裏にあることを思うと感謝と感慨ひとしおである」と語っておられます。

Photo_2正式名称は「梁祝文化研究所」ですが、思い出すに会を立ち上げた当時、私が勝手に「梁祝会」を揮毫して先生に贈呈しただけのこと。

それを渡辺先生は大切に、会がある度にお持ちになり参加されています。
右の写真は、渡辺先生が自宅のPCの前で撮った写真、フチがボロボロです。(笑)

私への感謝の念もくださって嬉しいですが、それより私は、この度の先生の喜びの方が嬉しいのです。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

正岡子規の暑~い俳句を一筆。

今日から8月、なんと朝7時から30度超えだと!

02そこで今日は子規の俳句から一筆、これだけ暑いとやけくそで書きました。
その勢いが出たような、「書」の出来栄えはその時の本音ですから(笑)

壁に貼って暑さ比べのにらめっこ。
背景の雲のパターンはいたずらです。

夏山や 雲湧いて 石横はる」子規
原文は石横たわるでなく、石横はる

解説:(中村俊定)
「夏山」雄大な夏山の全景を、白い入道雲を背景とし、夏草の緑に横たわる岩石を対照的に描き出している。雄大で強烈な夏山の印象が表されている句。

イヤー、気持ちばかりですがスッキリしました。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

台風12号接近中にも「梁祝(リャンチュウ)講演会」開催。

午後2時半より、かながわ県民センターにて渡辺明次先生の「梁祝(リャンチュウ)講演会」(主催:神奈川県日中友好協会)

Photo先日チラシも作って告知しましたが、今日は台風12号が異常な進路を辿って接近中。

そんな悪天候にも関わらず、参加された方々には頭が下がります。

司会は、戯曲・梁祝の作者古野浩昭氏。冒頭に渡辺先生の経歴、経緯を詳しく紹介。↓

Photo_2あ、私の書がたくさん貼ってある!(笑)

今日の講演は、始めての方にもわかり易くと言っていましたが、その通り、北京外国語大学の授業で暗唱させられたという「梁祝愛情故事」を朗読するところから始まりました。

そして、これをテーマに多くの資料を捜し求め卒業論文にした経緯は、参加者の興味を掴んだようです。

03ところが話はここで終わってはいない。

実はこの愛情故事は単なる伝説ではなく、4世紀の時代に起きた実話であったという発見!
そこまで突き止めたのだから、人民日報が"梁祝研究の第一人者"と格付けたのです。

このことは、我々応援団は存じておりますが、私もそこに惹かれた一人です。

02_2応援団というより顧問というべき続三義東洋大学教授(元北京外国語大学教授)も参加。→
渡辺先生の留学時代の先生でもあり、応援にかけつけてくださいました。

さらに、途中の休憩時間中に見えたのが、物語のヒロイン(祝英台)役をこなした女優の青井聡子さん。
この後の懇親会に遅れての参加ということでしたが時間調整が上手くいったようで。

02_3私も久々に聴いた渡辺先生の講演でしたが、専門的になり過ぎずなかなか良かった。
今後ともにこのような催しを是非とも続けたいと思います。
後半ちょっとノドを痛めたようですが大丈夫でしょうか、お疲れさまでした。

お蔭様で、ここ横浜では台風の影響もたいしたこと無く、この後の懇親会も楽しい団欒となりました。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

暑い夏の日の晩酌は、芋焼酎でなく…

サントリーの角瓶というと、昔はバカにしていたものです。(笑)
洋酒ウヰスキーが値崩れする前の話で、今は値段が逆転してるような。

Photoそれにしても、ここ十数年?晩酌で洋酒を飲む習慣から離れていました。
だからと言って芋焼酎ばかりではありませんが…!?

ちょっと宣伝に負けて、「角瓶」と「白角」を買ってきました。

右の写真は「白角」。おつまみは私の場合質素そのもので、食べる小魚(瀬戸内産の煮干)と素焼きミックスナッツ(食塩・油不使用)。
でも写真の色がひどくてまずそう!→

では「角瓶」と「白角」、どこが違うのかサントリーのサイトで調べてみると、

Photo_2①「角瓶」は、山崎と白州蒸溜所のバーボン樽原酒を配合。おすすめはハイボール、ツマミは唐揚げなど油っぽいもの

②「白角」は、主に白州蒸溜所の原酒を使用。おすすめは水割り、ツマミは鯛の刺身など

ということで、値段は同じでも嗜好的にはだいぶ違うようだ。

大相撲を見ながら、先ずは角瓶を空け、次の日は白角を水割りで味わってます。
酒呑みの私のデリカシーでは、角でも白でも大して変わらないけど、この夏は安値ウヰスキーで涼を取ってます。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

二井康雄さんから、舞台公演のお誘い。

何度も紹介していますが、二井康雄さんは、一世を風靡した「暮しの手帖」の副編集長を定年退職後、映画ジャーナリスト、書き文字ライターなどなど、現在も様々な文化的活動に多忙な毎日です。ホームページはこちら

Photo_3今回は、「すてきなあなたに その2」(演劇集団「いたわさ」第13回公演)
だそうで。

ちょうど一年前の第12回公演を観に行きましたが、その時もタイトルを書き文字されたので、今回と同様にお誘がありました。

六本木・麻布区民センターホールにて、7月13日~15日(14日の土曜日は2回上演)、なので、もう来週じゃなか!と、あわてて先ほど返事を出しました。(笑)

劇の詳細は、二井さんのHP(「暮しの手帖」名作エッセイを舞台化! 「すてきなあなたに その2」7月上演へ)に

写真は今回の書き文字、これまた何ともいえない魅力、素敵ですね~。↑

Photo二井さんからのメッセージ:、
これは、雑誌「暮しの手帖」の創刊者のひとり、大橋鎮子さんの編著で、さまざまな世代に共感をよんでいるロング・セラー本「すてきなあなたに」をもとにした演劇です。(以下略)
とのことで、楽しみです。
MHK朝ドラの「とと姉ちゃん」を思い出す方もいらっしゃるでしょう。(^_^)v

←ところで昨年は、私の書を二井さんご夫婦で観に来てくださいました。(写真)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

「2018 HANBI 小品展」へ

"善は急げ"で?行ってきました、「2018 汎美小品展」。
毎年春と秋に開催する「汎美展」とは別に、汎美術協会の会員による20号以下の作品を出品する展覧会だそうで、

2事務局長中西祥司さんの案内文より
「今年も30名の作家が計70点余りの作品を出品してます。今年で3回目を迎え、
小品にも力の入った作品が増え、充実した展覧会になっていると思います」

昨年は私も時間が無く、一人であわただしく観てきましたが、今回は中西さんが会場にいる日時に合わせて夕方行ってきました。ちょっとメガネを替えて…、昔、こんなのしてました。(笑)↑

Photo中西さんの新作はすぐにわかりましたよ。
画題「chaos and confusion(カオスと混乱)」、サイズはF8とF6、計4点の新作。

またしても新鮮な展開、色使いも締りが出て、小品ながらインパクトを感じます。

モチーフとサイズの大小は同等のものとして計算に入れるべきで、今回の作品シリーズは、小サイズで良かったのでは?などと勝手な自論をつぶやきつつ会場を観覧。

Photo_2そして恒例の?乾杯は?
以前にお会いしたことがある親戚の方が到着したところで、一緒に会場を出発。
"出発"と言っても、目当ての居酒屋はこのビルの一階にあるのです。
職業が全く違う人が1名、ゆえに、今日は予期せぬ話題で盛り上がり、芋焼酎ボトルがあっという間に空きました。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

「日中友好の輪」に、渡辺明次先生(梁祝文化研究所所長)らの活動が大きく報道

2018_07_01この報道のニュースを、日本僑報(出版)社の段躍中編集長がご自身のブログに取り上げてくれていました

「(一社)神奈川県日本中国友好協会」の機関紙「日中友好の輪」(7/1発行)に、『紹興日記ー胡蝶の夢、戯曲「梁祝」公演へ』の著者、古野浩昭氏の投稿記事が掲載されました。→
記事内容は、
「「鎌倉演劇人の会」の「梁祝」劇に満場の喝采」と題し、この春、中国江蘇省宣興で開催の「第四回梁祝演劇祭」に招かれ舞台公演してきたこと。

実は昨日、自宅に戻ると、古野さんから封書が!
開封すると、神奈川県日本中国友好協会の機関紙「日中友好の輪」でした。同じものが私の手にも届いたのです。

Photoまた、「行事・催し物」頁には今月28日の「渡辺明次・梁祝講演会」案内も。

渡辺先生ご本人は、「戯曲「梁祝リャンチュウ」(2009鎌倉公演)の作者古野浩昭先生の絶大な支援、ご尽力をいただき渡辺明次の講演会が設定され、実現の運びとなった」
と語られ、大変感謝し、その経緯を「梁祝みんなのブログ」に追加掲載されていました。

そこで、日本僑報社のポータルサイトの中にある渡辺先生の頁にも追加掲載されているのでご覧ください。

つまり、渡辺先生の活動や講演会には、古野さん、段編集長ともども心をこめて応援してくださっているのです。
ネットの力も、人の気持ちも、素早く動く見えないパワーに感動する昨今でした。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

友人画家、中西さんより「2018 汎美小品展」の通知

S友人画家中西さんから、またまた展覧会のお知らせ。

先月亡き奥様との(中西直子/中西祥司)二人展をやったばかりなのに、
「本日7月2日(月)から「2018 汎美小品展」が始まります」との連絡。

この展覧会は以前から予定が組まれていたのは知っていましたが、今日のオープニングパーティには私は残念ながら仕事で出れません。

1s
以前制作した「chaos and confusion」を進化させ、F8とF6を各2点、計4点の新作を出品。
ということで、サンプル写真も送ってくれましたが、

とにかくスゴイ創作意欲ですね!

2017空いた日を見計らって伺いますが、前回は本人がいない時に一人で観ました。(写真)→
今回は事前に連絡とりあうことにしましょう。(^_^)v

「2018 汎美小品展」
会期;2018年7月2日(月)~7日(土)am11:30~pm7:00(最終日はpm5:00まで)
会場;ギャラリー檜 B・C 中央区京橋3-9-9 ウインド京橋ビル2F 電話 03-6228-6361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

塚越仁慈 油絵展へ

202午後2時から池袋の会社で会議があったので、ちょうど良い、その前に行ってきました。
「塚越仁慈(ひとじ)油絵展」、池袋・東武6Fの美術画廊へ。(6月20日まで)

姓が同じ塚越さんとのきっかけは先日予告の通りですが、昼どき突然で、ご本人に会えるかどうかわからないけど、もし留守でも絵は見て行きたいとの思いで。

Photoところが入館すると、お客様と歓談中ですぐにわかりました。
塚越さんは私を見て「あ、書道の塚越さん?」と、驚かれた様子。

なんと、名字だけでなく年齢も同じとは照れますね。(笑)

203イタリアの古い街や風景が、なんと明るく爽やかなのでしょう、驚きました。
青空を描かず水面などを惹き立てることで、美しい透明感のある画風が新鮮。やはり原画を見るべきです!

毎年開催し36回目というから驚き。

Photo_2ファンの方は多数いらっしゃるのでしょう、数十万から数百万円の値が掲示され既に多くの作品が売れているのです。
それでいて、初対面の私にも丁寧に応対くださり、お会いできて良かった。

作品の優しさがその人柄からも感じとれました。またお会いできることを楽しみに…(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧