カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の36件の記事

2014年9月26日 (金)

昨日のつづき、CO2削減、懐疑派。

NYでも地球温暖化防止デモを大々的にやってるそうなので、つい昨日の続きを書きたくなりました。

人間活動による二酸化炭素のせいだとするのが正統派で、それに賛成しない懐疑派や否定派は「変人か、悪人か、ブッシュの犬」だと?

私は、地球温暖化説にケチをつけてるわけでなく、CO2削減がエコ商売だから。
昨日書いたけど、丸山茂徳(東工大大学院教授)は、地球温暖化で商売やってる国や人々が許せないようで、私もそれに共鳴してるからです。

Photo_2そこで、見つけたのが東日本大震災前(2008.4.21)に、伊藤忠商事会長だった丹羽宇一郎さんが日経新聞夕刊に書いたコラムを切り抜いておいたので、この下に載せます。

さらに4年前、丹羽さんの中国大使就任パーティでの2ショットも捜して載せました。(笑)→

まあ、それはともかく、この記事はわかりやすく、説得力ある事例です。↓

Photo_3しかし、なぜか?ある日、日経ネットから消されていたのです!
理由は分かりません、何か裏の力が働いたのでしょうか、いやな気がします。

こんなことはよくあるんでしょうが、東日本大震災前には「原発危険論」の記事はことごとく潰されていたそうだからこれも、同じか~、と。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

「変人か、悪人か、ブッシュの犬」って何?

地球温暖化の原因が二酸化炭素ではないと主張することは、
「変人か、悪人か、ブッシュの犬であるという風潮」だそうで、
(松田卓也・神戸大学名誉教授『地球温暖化の太陽活動原因説』を読んで)

Bookmaruyamaよく分からない風潮だけど、そりゃ恐ろしい。(笑)

実は、地球温暖化説が、脱原発で静かになったかな?と思ったら、
昨今の異常気象にかまけて、国家を巻き込んで盛り上がってきた!

しかし、この本を著した丸山茂徳(東工大大学院教授)は、
「自分は命をかけている。なぜなら地球温暖化で食ってる人々がいるから」

世界中がそれを信じきっているのが怪しいので検索してたら、ビックリ!
6年前に書いていた自分のブログを発見。(笑)

説の是非はともかく、これは西欧発のエコビジネス戦略の一環。
企業のISO取得も同じエコ商売、英国が考えついたらしい。

前にも書いたけど、太陽の黒点が11年周期で増減するのに、
この5~6年間、減ったまま増えないそうで、逆に、地球寒冷化!では?
素人の私でも、人類が出すちっぽけな二酸化炭素が温暖化の主要因とは思えない。
このことも一年前のブログに書いてました

Photo地球の気候は、太陽活動と銀河宇宙線によって決まる(スベンスマーク説)
なんて聞くと、変人と言われてもいい、少し自信がついたような…。

というわけで私も人を食ったようなビジネスは嫌いなので
「参考文献」をほんの一部載せました。

でも、でも、変わらないでしょう、世界中のマスコミも政治家も、信じきって疑う余地がない、国家戦略を立てちゃってますから…。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

"絵文字"で書かれた「般若心経」!?

先月のブログに、『'12春、新作発表!』を書きましたが、

2012merimaten02 今日は私の作品じゃなくて、同時に出品された女性の先生の"般若心経"の話。

東日本大震災、災害犠牲者の供養に書かれたそうです。

大きさは全紙(83×159cm)、右の写真で、右端3人の女性が見ている軸装作品ですが、漢字262文字のそれぞれに、ふりがなと挿絵が書かれてます!

Emojiさすが先生、お見事です。
←ちゃんと見えるように、その一部分を切り取りました。

これ面白いでしょう!

昔、字が読めない大衆に"音"で覚えさせたそうで、資料元はあります。

それにしても、イラストを一つ一つ見ていくと笑っちゃいます。
例えば一行目の下半分、行深(ぎょうじん)は"相撲の行司の絵"に平仮名の"ん"、
般若(はんにゃ)は良しとして、次の波羅(はら)は"裸の腹"。

何ともステキ(笑)

日本人のお得意文化か?現代なら単なる"親父ギャグ"?

ところで般若心経は、私も気持ちを落ち着けたい時、たまに書くので思い出しました。

全部を見たいと思う方に、ここをクリックすればダウンロードできるようにしました。
デジカメで撮ったにしてはちゃんと読めるでしょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

銀座ルミネ

111101_115539 たまたま有楽町でランチをすることになったので、せっかくだから旧マリオンへ行ってみた。

"銀座ルミネがオープン!"を、連日テレビで大騒ぎ。どんなもんかと…、単なる好奇心です。

メンズが出来たからと言うわけでもなく、ショッピング目的でもなく…。(笑)

でも、ビル自体も周りも客足も昔とあまり変わってないような?
今頃行ったせいかな~、
まあ、祝日もあるし週末は地方からもたくさんの来客があるとは思いますが…。

正直言って先々どうなのかな?というのが私の感想。

111101_120708 表通り側に回ると、12時ピッタリに動き出すあの時計台はそのまま。
ランチの前にしっかり待ち構えて撮りました。

5年前書いた日記と同じだわ
(今見たら恥ずかしい、懐かしい…、あの時の映画の看板はダビンチコードでした)

期待の仕方が間違っていたのか?何の変化も感じないので日比谷公園でも散歩するかとなりました。

111101_121717 今さらながらだけど、ここで発見したのは高齢者たちのバードウォッチングオタク?たち。
超望遠レンズを構えて本格的です。ファインダーで捕らえた鳥のアップを自慢し合ってる。

日比谷交差点側から入ってすぐ左に曲がると自然のままの小さな静かな池があるんです、昼間の環境はなかなか良いですよ。

結果的には、とりとめもないランチタイムでした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

『一葉記念館』開館50周年記念企画展へ

5千円札の肖像になってる樋口一葉は、24歳で亡くなった天才小説家。

Higuchiichiyo その『(台東区立)一葉記念館』は、私が小さい頃よく遊んでいた"竜泉公園"(現一葉記念公園)に出来たので良く覚えています。
それが50年前、ということは…
私は12~13歳だったかな?

今日、入院中の姉の見舞いで浅草へ行く途中、近いので懐かしくなって寄り道してみたら…、

本日のみ無料公開ですって!

今日(5/12)が本当の「開館50周年記念日」だと!
これは一体、何のご縁でしょう?

やっぱり思い立ったらすぐ行動することかな?今日の直感は決まってますね~(笑)

Ichiyo_goods さらに、入り口で記念品グッズを頂きました。(先着500名までらしい)
あ、金太郎飴が入ってる!何とも下町らしくて…イイネ!(右の写真)

会場はさほど広くはないけど、改めて展示品を拝観させていただきました。

小説を書く前に和歌、書道、古典を学び、そこでも才能を発揮したそう。書が素晴らしい!かなの作品だけでなく、小説の草稿、手紙なども直筆の書がたくさん陳列されているので大変見応えがあります。
和歌に至っては、(24年という)短い生涯に4千首も詠んだというから凄すぎる!

110512_142830_2 しかし、頭が良くても母の強い反対で女学校を退学させられ、荒物屋を営んでみたがうまく行かず、小説では食べていけない苦しい生活。

それでも学ぶ事は貪欲で、たくさんの逸品を残したのを知ると、二十歳前後の年で成した事とは信じられません。

というわけで、一葉文学の一面というのか?別の角度で感動です。

こんなことを知り、ふと我に返り、百万分の一の才能でも生涯死ぬまで頑張ろうという気になりました。なんて…、予期せぬ充実時間が持てました。

ところで、この企画展の正しい題名は『樋口一葉と韓国』。
韓国との関係?知りませんでした。
一葉の恩師であった半井桃水は幼少から韓国とのつながりが深く、一葉の「にごりえ」なども韓国文学の影響を受けているそうで…、これまた勉強になりました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

Pray for Japan

Prayは祈る、Playは遊ぶ。間違える人はいないでしょうが…この言葉にも感動しました。

東北関東大震災「あなたたちは一人じゃない」というのがタイトルかな?
英語版もありますが、これは"夜明けの月編"という、冴沢鐘己さんのチャリティーソングとのコラボレーションだそうで、こちらバージョンが気に入ったので載せました。

実は、3月16日に"勇気付けられるツイートが一杯"を紹介しましたが、
このビデオもロサンゼルスの鶴亀さんからの情報。
大変心配され米国民の様子も知らせてくださっております。

そのメールの一部を紹介します。
(前半略)
被災者の皆さんのご苦労や放射能の懸念も続いています。
計画停電や物不足でお困りの皆さんも多いのではないでしょうか?

前回お送りした20歳の若者が地震初日に避難所の暗闇の中で制作
したサイトの情報に引き続き、今度はそれをもとにして、小学校の
先生が子供たちを勇気付けるために制作した6分のビデオに関する
情報をシェアーさせて頂きます。
ユーチューブに投稿され、すでに50万人以上の人が観ています。
http://www.youtube.com/user/hideyumo#p/f
今回の日本の悲劇に対して世界中から寄せられた励ましの声の大き
さ、広さには驚いています。これは日本が世界から好意を持って見
られている証拠だと思います。まだ世界の中には過去の戦争の影響
などから、時折非難の声が上がる国もありますが、戦後66年、平
和を守り、戦争により他国の人を一人も殺していない事実や、多く
の国々に経済的援助をして来た賜物だと思います。日本と日本人は
世界の国々や人々に愛されています。
(中略)
ロサンゼルス・マラソンが行われています。
東北地震の被災者のために義捐金募集の目的で走っているランナー
も少なくありません。
彼らの思いに答えるためにも、日本の皆さんが心と知恵を合わせ、
現在の苦難を越えられる事を太平洋のこちらから祈っております。
鶴亀彰

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

我ら246コミュニティからも義援金

246コミュニティとは、15年前に国道246沿いのベンチャー企業が集まって作られた、起業家とその支援者とのネットコミュニティ。

そういえば去年、お花見やったんですね~。(あの時も寒かった…)

しかし最近は活動が途絶え、会のプール金の使い道に困っていたのです。
去年の秋には、プール金の一部を「オフ会+飲み会」にまわしたこともありました。

もちろん会員の皆さんに参加費無料と募ってですよ…(笑)
今回の大災害など予期せぬことでしたからねぇ。

Receipt それがこのたび、会員の倉知さんから、残りのプール金を全て寄付しようという提案。
全額といっても僅かなのですが、皆さん賛成してくださり、

倉知です。さっそく義捐金振り込みました。赤十字宛てが一番多いそうですが、
事務経費が高そうなので、独断で福島県宛てにしました。
なお振り込み用紙のスキャンを添付します。

ということで、
もう一週間前のことでしたが、私には思いもつかなかった義援金の提案。

倉知さん、ご苦労さまでした。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

被災地の方々への寄せ書き。

東北関東大震災以来、仕事の方の動きが最悪状態。
でも、毎日ヒマして自粛してるだけじゃしょうがない。

110320_153948 今日は日曜中国語サークル『漢語角』で募金活動をしてるそうなので、西池袋公園へ出かけることに。

そのついでに?私でも何か出来ないか?と考えあぐね、思いついたのがこれ。

家を出る前に大きな模造紙に東日本大震災「頑張れ日本」と書いて持って行きました。

Yosegaki1そしてその上に、皆さんに応援メッセージの寄せ書きをお願いすることにしたのです。

今日集まった方々にとっては突然のお願いなので、一瞬戸惑っておられた?ようですが、日本・中国の若い学生さんから年配の方まで、皆さん暖かい一言をその場で考えてくださいました。

中国の学生さんは、書いた中国語をその場で読み上げてくださったり…、「艱難辛苦」は中国語では「艱難困苦」だったり…、みんなで応援言葉の交流も。

Yosegaki ところで「頑張れ」は、中国語で「加油」ですね、私でも知ってましたよ。(笑)

さっそく主催者の段躍中さんのブログに取り上げられ、中国ネットにも広がるでしょう。
日本語→
中国語→

グッドアイデアであったかどうか?はともかく、ふと思いついた寄せ書き。
先ずは私も身近に出来ることで"頑張り"ました。(^^;ゞ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

遅まきの新年会

もう3月に入ってしまったけど、今年も高校時代同期の新年会。

110304_190148 毎年マメにやってくださる幹事さんに感謝です。
同窓会も2年おきにやるので、懐かしい雰囲気はもうありません。(笑)

それでも、たまに久しぶりの参加の友がいて良いものです。

会場は、すっかりお馴染みの日本橋「新川河岸」、牡蠣 あんこうのお店。

110304_191748 同じ同期の友がオーナーのお店だから、時間も料理もたっぷり。
知らない店とは大違いで、気楽にゆったりできますね~。

今回は、高齢になった先生方には気を使って?呼ばなかったそうで、集まる人数も少ないだろうと思っていたら、それでも20名(女性は2名)来たから、たいしたもんです。

110304_190132 高校時代というのは小学校・中学校と違って、大学受験で頑張った仲間だから仲が良いんですかね?

まあ、とにかく美味しい酒と料理に和気あいあい。

あ!、メチャクチャ旨かったお酒の写真が無い!

撮った筈なのに~!

携帯カメラなので、保存し忘れたのだろうか?
すべて満足なのに、これだけが心残り、またドジでした。(>_<) 、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

友人の東京マラソン

先日書いた2011年・東京マラソン、応援した友人が走りながら撮った動画です。

よく編集されて素晴らしいので紹介します。

見てるしかない私としては、走ってる側から見た目線に感動!
沿道で私が撮った「走るTシャツ」のワンショットも使ってくれてました~(笑)



ビデオのところは、たまに目がぐらつくけどそれは仕方がないでしょう。
いや、むしろ臨場感が出て良いのかも?自分も42キロ走った気になりました。(^^;ゞ

さらに、彼のブログには走ってる様子が詳しく書いてある。読んでても楽しいですよ~
(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)