ニュース

2020年1月17日 (金)

「続三義先生をお招きして退職を祝う会」

Photo_20200118165201 先日、定年退職を迎えた東洋大学教授、続三義先生の最終講義に、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」のメンバーが出席しました。→

その後、渡辺明次先生(梁祝会長)が「続三義先生をお招きして退職を祝う会」をセッティングしてくださり、連絡が入りました。

ただいま池袋「清龍本店」を2月8日(土)18:00開始で予約いたしましたので、宜しくお願いいたします。

Photo_20200118165202

場所:蔵元居酒屋「清龍(せいりゅう)」
東京都豊島区東池袋1-4-2
(「清龍」は雰囲気も悪くなく安価で料理の質がよいということで選択しました)
日時:2月8日(土)18:00
アクセス:JR山手線/池袋駅徒歩4分
電話番号:03ー3985ー6342

渡辺先生、大変お手数おかけしました。

前回参加できなかった浦野さんは、前橋から新幹線で上京、鎌倉の青井聡子さんもOKだと。
今のところ7名ですが、人数が増えた場合はその都度連絡することになっております。

というわけで続先生とまたお会いでき、二度目の新年会?も楽しみにしております。(^_^)v
※左上の写真は、渡辺明次、続三義共訳の「紅の軍」(日本僑報社刊)を手に講演する続先生、ちなみに表紙デザインは私(塚越)です。(笑)


| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

演劇とトークイベントのお誘い

「暮しの手帖」元副編集長の二井康雄さんは、現在、映画ジャーナリストとしての執筆活動をはじめとし、イベント主催など多彩な活動をされています。
また「書き文字ライター」として映画や演劇のタイトル文字などを手がける多才な方。

Photo_20200111181301 その二井さんから、新年早々のお知らせが2つ。

昨年3月、絶賛上演された「蒲田行進曲」に続いて、つかこうへい作、中村静香主演、こぐれ修演出の「ストリッパー物語」が浅草・木馬亭にて上演されます。(2020年2月19日~26日、全11回)
「社会の片隅で生きる男女、虐げられるが故に深く愛し合う、ヒモとストリッパーの真実の愛の物語」だそうです。
二井さんは、前作に続いてポスターやチラシなどの題字を書きました。→
写真がそれですが、私が書く「書」とはまた違い、芝居に良く溶け込んでいてポスター全体が活き活きと感じます。

18 そしてもう一つはトークイベントで、第18回編集よもやま話「元編集者、二代目立川寸志、立川流の未来を編集する」。(2020年1月30日)
このイベント企画は、2015年6月から神田・神保町の「ブックカフェ二十世紀」のオーナーのご提案で続け、今回で18回目になるのですね。

私が初めて参加したのは、6回目(2017年8月26日)、
「真夏の夜は怖~い落語を聴いて、お酒を飲んで」でした。

今のところ私の予定は調整中ですが、どちらも楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

続三義教授の最終講義を聴講。

 東洋大学経済学部教授の続三義先生が3月で定年退職となります。
今日は先生の最終講義を聴きに、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」のメンバーが集まりました。

Photo_20200107164101

続先生との関係は「続三義先生、定年退職最終講義のご案内」に書きましたが、「梁祝会」の渡辺明次会長が梁祝ブログに書かれた、「梁祝会の顧問として会の活動を全面的にバックアップいただいている続三義先生、最終講義」にも詳しくかかれています。

新年早々の講義なので予定がとれたのは6名でしたが、祝英台役を演じた青井聡子さんが鎌倉から和服で駆けつけてくださったのは素晴らしい!(写真は、続三義教授を囲んで)

Photo_20200107164102

1時間半の講義は
『日本語、中国語と私』。
先生は「日本人に対する中国語教育のレベルをもっと高めたい」との願いから、大学で中国語を教えながら、日中言語対照研究を続けています。

広い教室は現役学生でしっかり埋まり、講義後も記念写真や花束贈呈など続き、やっぱり大変な人気教授だったのですね。
上の写真では、たまたま高齢者が目立ってますが…(笑)

その後、我々は東洋大学正門からバスで池袋の居酒屋『清龍』へ。
ミニ新年会となりましたが、続先生は参加できなかったので、後日改めて「続先生をお招きして退職を祝う会」を設定する予定です。

続三義先生、お疲れ様でした。今日は大変有意義な時間を有難うございました。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

早起きしたら、テレビで作文コンクールの表彰式が!

Photo_20191227181801 今朝は早く目が覚めてしまったので、(5時頃だったろうか?)テレビをつけると、何と、日テレニュースが、第15回「中国人の日本語作文コンクール」の表彰式を報道していました。

去る12月12日、北京の在中国日本大使館で催されたもので、私はその前日に、『明日は、いよいよ日本語作文コンクールの表彰式』と題したブログを書きました。

一昨日、その詳細を写真付きで主催の日本僑報社のサイトにアップしてきたところ。
3shot_20191227182001上の写真は日テレニュースの一コマで、最優秀賞(日本大使賞)に輝いた上海理工大学大学院の潘呈(はん・てい)さんに横井裕特命全権大使が表彰状を手渡し。
左は段躍中主宰も入っての3ショット。
この私のブログにも書こうと思っていたのでちょうど良かった。(笑)

「学習者は100万人超!中国の最新日本語教育」というWorld Reportの中で紹介されたのですが、中国と日本との最新情報を良く伝えたニュースでした。

Photo_20191227181902

藩さんの作品は、来日時に見かけたおかしな中国語訳をなくすために、ネットを通じて正確な翻訳を提供するサービスを行いたいという、日本語を学ぶ若者らしい熱意とユニークな発想にあふれた一編。数次にわたる審査の中では、「東京五輪への夢」をテーマに選んだことも日中未来志向の1つの形として好感が持てたという評価が多かった。

という記事と下の写真はサイトからですが、"早起きは三文の徳"というだけに、今朝は目覚めの良いスタートとなりました。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

続三義先生、定年退職最終講義のご案内

Photo_20191226194401 東洋大学経済学部教授の続三義先生(元・北京外国語大学教授)から、渡辺明次先生宛に届いたメール文の一部ですが、

「私も早くも今年で東洋大学を定年退職となります。添付ファイルのように、2020年1月6日に最終講義を行います。有志の皆さんに応援していただければ心強くなります。」

ということですが、渡辺先生の翻訳書は全てと言えるほど中国語翻訳監修を続先生にお願いし、快く引き受けていただいている。
という信頼関係。渡辺先生の著書・訳書は日本僑報出版社のサイトにまとめてあります

2015

続先生は、我々「梁祝(リャンチュウ)会」にも幾度となくご参加くださり、この10年があっという間でした。

さらに、我ら「梁祝会」のメンバー殆んどが続先生の教え子とは、すごい!
それだけでなく、続先生の偉大さはここでカンタンにはまとめられません。
過去に私が書いたブログをランダムに挙げてみました。
それぞれ詳しく書かれていますが、懐かしく楽しかった思い出ばかり(笑)

2010

2015年11月 7日 (土)
続三義先生の講演会「日中翻訳による文脈-『天声人語』の中国語訳から」へ。

2010年7月21日 (水)
北京外国語大学・同窓会/親睦会

2016年12月10日 (土)
昨夜は、梁祝(リャンチュウ)忘年会。

2018年11月11日 (日)
今日の「梁祝(リャンチュウ)会」は、日中翻訳フォーラムに参加。

2016_20191226194501 この定年退職最終講義は、新年早々(1月6日)ということで、講義のあとの新年会も考えているのですが、続先生ご本人のスケジュールがまだつかめないようで、連絡待ちの状態です。

我々だけのミニ新年会となるにしても、続先生にお会いできること楽しみにしております。(^_^)v

| | コメント (1)

2019年12月14日 (土)

かな書道の名門、第46回「現代書道院展」へ。

2shot01_20191214183601 第46回「現代書道院展」が昨日から始まりました。
毎回出品している須藤惶香さんからのお誘いで、上野・東京都美術館へ。

昨年は奨励賞を取られ、その時のブログに詳しく書きましたが、"かな書道"に打ち込んでいる方で、夏は毎日書道展に毎年入選という頑張りよう。

「現代書道院」は昭和21年、東京都台東区に"仮名の書家"竹田悦堂が創設した書道教室で、展覧会は第46回というから、古典の"かな書道界"では名門といえるでしょう。↓

Photo_20191214183702 別部屋には、小中学生の作品が並んでいますが、その部屋に入ると力強い作品群に圧倒されます。元気が出る気がしてきます。(笑)
こういうのも良いもんですね!
親御さんも上野の東京都美術館に展示されるのだから誇らしくおられるのでしょう。(下の写真)

Photo_20191214183701 書道文化は、廃れるようで廃れない。

二玄社社長の言葉から:
「書は人なりと申しますが、書は筆者の心裡を鏡のように映します。断簡零墨※、たとえそれが一字であってもそこに筆者の心境や感性を如実に読みとることができます。千年、二千年の時空をも超えて、それが今そこで書かれたごとくに息づき、観る人の心をとらえます。」(^_^)v
※断簡零墨(だんかんれいぼく)とは、
ちょっとした書き物や、きれぎれになった書き物。文書の断片。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

明日は、いよいよ日本語作文コンクールの表彰式

日本僑報社・日中交流研究所主催の第15回「中国人の日本語作文コンクール」の結果については先日書きましたが、「日本大使賞」は上海理工大学の潘呈さんが受賞。

29215 明日、北京の日本大使館で表彰式が行われます。
毎年12月12日(曜日にかかわらず)と決めてあり、受賞作品集もこの日に発売開始。

主催側の一大行事であり、一昨日池袋の日本僑報社に行くと、スタッフ一同準備でおおわらわ。
私は段躍中編集長から、出来立てほやほやの受賞作品集をいただきました。(写真)→

すでに皆さん北京入りしたようですが、当日は表彰式と同時に日本語スピーチ大会、そして日本語指導教師への表彰式もあります。昨年(第14回)の様子はこちら
私は東京でお留守番、ではなく、明日の表彰式が無事催行されることをお祈りしています。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

席上揮毫(せきじょうきごう)のお誘い

練馬区書道連盟の会長さんから電話とメールが何度も入っていたのに気付かなかった。

Photo_20191207183101 何だろうとメールを読むと、中国・北京市の海淀区(かいでんく)が練馬区と友好区になっているそうで、一行が再来週に訪日されるという。
練馬区としておもてなしのイベントを行い、その一環で席上揮毫をなさって頂くかもしれません。とのこと。
詳しい資料が送られるまでわかりませんが、取り急ぎ私の都合を聞かれたわけです。

ところで席上揮毫とは、皆んなの前で書を披露すること。大きさは自由です。
上の写真は、先月行われた席上揮毫に参加した時の写真

私も一理事として、「練馬書道展」は昨年から練馬区が主催に加わってくれたおかげで、このような催しに参加する機会が持てるのは喜ばしいことと思います。

先日も少し書きましたが、日本の書道界から見れば小さな会ですが、大手には出来にくい新しい書道活動に向かって動き出す気配を感じました。

※北京市海淀区との交流、詳しくはこちら:練馬区公式ホームページへ

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

今年の日本語作文コンクール「日本大使賞」は、上海理工大学の潘呈さんがGet!

Photo_20191126191201 第15回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の、最優秀賞(日本大使賞)は、上海理工大学大学院の潘呈(はん・てい)さんに決定。
と同時に、1等賞~3等賞までの受賞者をウェブサイトに発表しました。→

私はこのコンクールの第二次審査を受け持ち、上位21本を採点したわけですが、その際、応募者名は伏せてあり、誰の作文かわかりません。
最終審査(日本大使賞)を横井裕大使自らが審査されるので、結果が出るまで楽しみでもありました。

そこで、この発表を知るや否や、私の採点と照らし合わせてみました。
なんと嬉しいことに、最優秀賞の作文には私も最高点をつけていたのです。

292_1 潘さんの作品は、「東京五輪で誤訳をなくすため、私にできること」。
以前、来日した時に気になった、日本で見かけた間違った中国語訳。
これをなくすためネットを通じて正しい翻訳を提供するサービスを行いたいという。確かに私も思い当たる、おかしな翻訳は大変困る。

大いに共感し、実現すべきと賛同。
結果も含め審査員としてもホッとしました。

なお同コンクールの表彰式及び日本語スピーチ大会は12月12日(木)、北京の日本大使館で開催されます。
私は行けませんが報告は今年もさせていただきます。(^_^)v
受賞作品集もこの日に合わせて発売予定のようです。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

「第2回 忘れられない中国滞在エピソード」、授賞式&交流会へ

Photo_20191116170401 『忘れられない中国滞在エピソード』とは、日本僑報社が主催する一般公募の作文コンテストです。
後援は中華人民共和国駐日本国大使館、読売新聞社ほか多数。

この作文コンテストは、年齢を問わず中国に滞在経験のある方なら応募できます。来年は応募してはいかがでしょう。

2_20191116165701今回の受賞者(最優秀賞~3等賞)はこちらで確認出来ますが、
今日は午後4時から麻布の中国大使館で授賞式&交流会です。

たくさんのメディアが会場を囲む中、段躍中(日本僑報社)編集長の司会で始まり、孔鉉佑大使が挨拶。

大使が出られるのはスゴイことです。

Photo_20191116170201

昨年(第1回)の表彰式の様子は日本テレビが動画で取り上げてくれたのでこちらを見ればよりわかるでしょう

来賓の挨拶の後、一等賞以上の受賞者がひとことづつスピーチをしますが、実体験をもとにお話しされる内容には、心を打つものばかりを感じました。

Photo_20191116170101 その後、別室で立食パーティです。

私は知っている方以外に、顔見知りの方も結構いるので、気楽にお話をしたり、改めて紹介し合ったり。
尤も、今週は日、水、木、金と毎晩パーティ続きなのです。体調は悪くないけど、あんまり元気を出し過ぎると怖いので、自制しつつ、お酒もお料理も美味しくいただきました。

286 左の写真は今回の受賞作品集。参加者全員に配られましたが、戻ったらじっくり読んでみます。
無事成功裏に終わったわけですが、何といっても段躍中さんの、日中友好のための日々の活動とたゆまぬ努力が、大勢かつ多方面の方々から評価を得ているのでしょう。ご本人は感謝の念を決して忘れていません。

ところで私は、日本僑報社でウェブの更新などを週一で手伝っているのですが、これも段さんの活動に微力ながらも応援したいと願ってのことです。

今日はご招待ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (0)

より以前の記事一覧