ニュース

2019年11月11日 (月)

書道展二日目は、席上揮毫(せきじょうきごう)。

01_20191112050101 第37回「練馬書道展」の二日目(昨日の午前中)は、席上揮毫(大衆の前で揮毫を披露する事)が行われました。

会場とは別フロアで行われますが、朝10時半になると今までガラガラだった部屋にお客様が続々と。
皆さま熱心というか、驚き、感激です。

02_20191112050101

私も昨年同様書かせていただきましたが、前回ほどパフォーマンスっぽいのはやめて、普段の調子で、2×8尺サイズを2枚(『美意延年』と『常楽我浄』)書きました。
※右下の写真は、書き上げた2点を説明しているところ。

実はこの日、二井さんご夫妻が突然見えたのです。
2s でもちょうど良かった、私は12時前にここを出なきゃならないので、大した案内もできず、気にしていたのですが、この席上揮毫を見ていただけるとは嬉しい。

下の写真は二井康雄さんと2ショット、中央の書が私の作品。

Photo_20191112050201 さらには、このことを奥様がご自身のブログに取り上げてくださったのです。
今朝、連絡をいただきました。もったいないほどに、丁寧にわかり易く解説も加えてくださりありがとうございました。感謝感激です。ニックネームは「しゃおりん」さん、有名人気ブロガーでもあります。
ご夫妻の事は以前にこちらで紹介しました

ところで、「練馬書道展」を主催する「練馬区書道連盟」は、練馬区公式ホームページに開設されました。

練馬区のご理解、ご協力には大変感謝、この場を以て御礼申し上げます。m(__)m

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

今度の日曜日は、過密スケジュール?(笑)

年に一度の発表会、「第37回・練馬書道展」は今週土曜日から。
翌日の日曜日は朝から別ルームで「席上揮毫(皆んなの前で書く)」が行われます。

二週間前に、昨年の模様(私が揮毫している写真を掲載)を書きましたが、今年は何を題材にするかまだ決めていません。

Photo_20191105063702

Photo_20191105063701画仙紙のサイズは大きいほうが良いだろうと、出品作品と同じ2×8尺にして、文字も大きくするため4文字熟語に決めました。(写真)
タテに長いサイズなので、写真を撮ると下に行くほど大きくなってしまいますが、
『美意延年』と『常楽我浄』を筆を変えて書いてみた。

←筆の太さでこんなに違う→

当日の私の予定は、昼の12時に会場を出て石神井公園から池袋経由で上野へ急ぎます。さて、両方書けるかどうか?

まあ、慌ただしい日となりそうですが、緊張をほぐしてトライします。楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

中国からのお客様の歓迎会をセッティング。

一週間前に、『我ら「梁祝会」と本場中国との架け橋、周女史が訪日。』と題し、事の経緯を書きましたが、さきほど、渡辺明次先生・梁祝(リャンチュウ)会長から連絡が入り、歓迎会の日時が確定したとの事。

Photo_20191028193701私は、頼まれている『歓迎・周友文さん』を揮毫中でした。→
(写真は準備中のものですが…)

実は、周さんご本人の滞在中の予定に変動があり、歓迎会の日時を、11/15(金)から、11/13(水)18:00~に変更となったのです。

となると「11/13は都合が悪い」という方々が出てしまい、残念ながら『ささやかな歓迎会』となりそうですが仕方ない、私はこちらの日時の方が良かったのです(笑)スミマセン。

会場は、最近よく利用する神田の居酒屋『清龍』を予約してくれたようで、楽しみです。

Photo_20191028193702 ところで、この写真は渡辺先生が(中国の大学で)日本語教師時代の教え子たち。
一番右が、今回来日の「周友文」(しゅうゆうぶん)さん、寧波で青井聡子さんの講演を即席で通訳、
次が、中国到着後の携帯電話を上海から手配してくれた(上海で働く)趙凱芳(ちょうかいほう)さん、
寧波の石碑の文章解読のために協力してくれた「田萌(てんほう)」さん、

これらは『梁祝ブログ』に掲載されています⇒http://blog.liangzhu.jp/?eid=80

この時の写真は私が撮りましたが、皆さん渡辺先生を慕う明るい女性たちでした。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

我ら「梁祝会」と本場中国との架け橋、周女史が訪日。

梁祝(リャンチュウ)先生こと渡辺明次(梁祝会)会長から、「来月、中国の周友文さんが東京に来る」というニュース。

周友文さんは、渡辺先生が中国・湖南省の湘潭(シャンタン)大学で日本語教師をしていた時の生徒(教え子)ですが、それ以来今日まで、通訳として我々と中国を結ぶ大事な役目を果たしてくれているのです。渡辺先生が最も信頼されている方で、彼女なくして"日本梁祝会"の活動はないといっても過言ではないでしょう。

 

※中央が周友文さん、左側は祝英台(青井さん)と梁山伯(伊藤君)、

渡辺先生からのメールの要旨は、
「『梁祝2017年3月の寧波・上虞表敬訪問』の際、同行通訳を引き受けてくれた周友文さん(上海の日系企業で働く)が本社研修のため東京に来るので、挨拶したいとの旨を受け、夕食を兼ね「ささやかな歓迎会」をしてあげたい」との事。

Partynameその他、彼女は中国側とのメールや、やり取りまで全ての間をつないでくれています。

私の予定としては、11月は書道展開催中だし、同期会あり、仕事がらみも含めいろいろ詰まっていますが、渡辺先生の彼女への感謝の意を表するためにも、なんとか参加したいと調整中です。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

「席上揮毫(せきじょうきごう)」とは、大勢の前で「書」を書くこと。

今月の頭に、来月9日から始まる「練馬書道展」の作品を表装に出しました。
その時のブログ記事の終わりに書いた"悩み"で、二日目に予定されている「席上揮毫」に、私は不参加を決めました。

04_20191018080901 ところが本日、理事長さんから電話があり「参加しないのか?」と。

そんな電話があるような気がしてはいましたが…(笑)
←(写真は昨年の「席上揮毫」風景)

実はその日は私の中学時代の同期会と重なっている旨を伝えましたが、つい「12時までにそちらを出なければならないのです」と付け足してしまった結果、私の意に副うようにしてくれるとなった。

実は正直なところ、私の本音は"やりたい"のでしょう。だから悩んだわけで、かえってスッキリしました。理事長さんお心遣いありがとうございます。

さあ、それより「席上揮毫」をやるとなれば、気持ちの入れ替えです。
何を書くか?サイズはどうするか?などなど…やはり緊張するものです。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

「練馬書道展」は11月9日から。

S_20191005135101 今日、表装を依頼する作品を送り、ホッと一息。
あとは表具屋さんが、裏打ちをして額に入れて会場に届けてくれるので安心。

Photo_20191005135101「第37回練馬書道展」に出品した作品は2×8尺(約60cm×240cm)を1点だけ、作品の説明はこちらです。

右の写真は、出品作品を送ってしまったので、候補に選んだ別のものですが、狭い我が家ではこんな風にしか撮れない。

下の方が切れてしまいました。(笑)

Photo_20191005135103

傍から見れば候補作もたいした違いはないと思われるでしょうが、実際に会場に展示されて見るとずいぶん違うものです。
(右の写真は昨年暮れの第36回展にて)

まあ、自己満足的なことですが…

ポスターとハガキ表面の地図を載せました。
会期は11月9日~14日まで。

Photo_20191005135102 そういえば、中学の同期会と重なって悩んでいた11月10日の席上揮毫(皆の前で書くこと)は辞めて、12日の午後、受付を2時間半だけ手伝うことにしました。

さて、これで練馬書道展の準備は終了、次の予定が色々あるのでそちらに専念します。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

「2019汎美秋季展」が今日から。

01_20190929175601 友人画家の中西祥司さんが事務局長も務める「2019汎美秋季展」が今日から始まったようです。

私の予定も結構つまっているので、いつ観に行こうかと迷っているところなのですが、それより中西さんの行動がスゴイ!

以前に「素晴らしき先輩高齢者」として記事を書きましたが、8月13日にロンドンに入り、イタリア、フランスなどヨーロッパの美術館を巡り、一か月の長旅から帰国したという。
娘さんご夫妻がイタリアに住んでいることもあるけど余裕の旅だったようです。

Photo_20190929175601

そして今日から「2019汎美秋季展」9月28日~10月5日、東京都美術館で開催。
と言うわけで、新作を2点出品したということですが、いったいいつ描いたのか?(笑)

この若き?バイタリティには頭が下がります。

Photo_20190929175602 中西さんからのメッセージ:
「今年は昨年に比べ、出品作家が12名増えました。
9月29日 PM 2:00~ ギャラリートーク。
10月4日は多摩美絵画科名誉教授の堀浩哉先生の講評。講評を受ける作家本人は勿論、参加者からも大変好評です。

堀先生の講評は昨年も参加したので、是非聴きたいところ。
しかしこの日は私が仕事でムリ、来週水曜日(10/2)夕方という感じになりそうです。

いずれにせよ、彼の新作は見たいので楽しみにしております。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

ワールドカップバレー2019、世界一に軌跡の勝利か?

Photo_20190928182301

女子バレーを観るのは好きです、強いリーダーがいなくてちょっと不安のニッポン。
今のところの成績は芳しくないけど、明るいチームプレイを見ていると心底応援したくなるのです。
そんな中、今日の相手は世界ランク1位のセルビア。
とても勝てる見込みがない、チャンネルを変えようかと。それでも応援をし続けました。

それが、どうなってしまったのか、相手のミスも続き、勝ち始めたのです。
そんなことがあるのか、「うそでしょ~」をテレビの前で連発。うれし泣きです(笑)

Photo_20190928182302 そして、世界一に勝った!!中田ジャパン、奇跡を呼ぶ逆転勝ちでした。

頑張れワールドカップ女子バレー2019、このまま続くとは思えないけど、あのゴーグルで戦う鍋谷が「いいね!」でした。上の写真 (^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

「漢語角」600回の動画ニュース

 今日のメルマガ(日本僑報社)が送られてきました。
段躍中編集長からの冒頭のメッセージの一部です。

Cctv先ごろ600回を迎えた中国語交流サロン「漢語角」が、
中国中央テレビ(CCTV)「華人頻道」(チャンネル)に大きく取り上げられました
草の根交流「漢語角」へのご理解とご支援、本当にありがとうございます!

この600回イベントはたくさんのメディアが取り上げたので、ここでも何度か紹介しましたが、この動画にも私はほんのちょっと映ってます。今までよりは良いかな?(笑)
上の写真、600回の「6」の数字を持ってるのが私。

Cctvs左の写真、宮本元大使、その向う隣が私、あと、私が日本僑報社内で仕事をしている(胴体だけ写ってる)ところも出ますが、以前に取材された時のでうまく編集されてます。

中盤は段さんの紹介ですが、全部中国語なので画像だけ見るしかない。
それでも、ちょっぴり楽しめたもので…(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

「練馬書道展」への思い

昨日、中学校時代の同期会の通知がきて、悩んでいるところに追い打ちをかけるように?「練馬書道展」会期中のきめ細かいスケジュール表が届いた。

Photo_20190921215701 単なるローカル書道展と思ったら大違いで、練馬区在籍者の「書」のレベルは高い。
だから今回で37回展ということはおよそ37年の歴史ある書道展で、主催は練馬区書道連盟。

しかし、どこにもあるような高齢化の波を抑止したのが三年前。新会長はじめ執行部は殆んどが女性で若返り。

それが功を奏してか、今までも書きましたが、練馬区に理解と協力を求め、主催となってもらえたおかげで、この展覧会は、練馬区文化祭の一環となり、当日は生涯学習センターの方々がお見えになり、朝10時には所長が挨拶。

Photo_20190921215702
それらを支えたのは、長年会長を務められた伊東牧龍名誉会長です。
今回、区から表彰されるらしい、そのお祝いもしようということです。
写真は昨年の区の担当所長に説明している伊東名誉会長(右

開会日の翌日は、やはり朝から「席上揮毫」と「体験コーナー」という催しが続く。
そんな具合で、理事の私も昔のように初日と最終日の宴会だけ顔を出す、というわけにはいかないでしょう。

Photo_20190921215703 たいしたお手伝いもできない私ですが、この書道展を大事にしています。
「書」といえば、日展、毎日、読売、産経、などなどヒエラルキー的マンモス書道会には私はおさらばで、中国の書道界を見たことで書に関する研究心が変化しました。

それより問題は、中学の同期会とのダブルブッキング。
なんとかします。ああ忙しくなりそう。(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧