パソコン・インターネット

2020年1月20日 (月)

Windows10への移行で思う。

 先週から某メルマガからのメッセージがしつこい。
Windows7サポート終了。このままだとPCが危険!
読者の皆さん、こんにちは
このメルマガ、まだWindows7で読んでいませんか?
Windows7のサポートは1月14日に終了していますよ
パソコン(PC)の安全のために、早急なWindows10へのアップデートをおすすめします。

Windows10

仕方ないのでWindows10に換えましたが、Windows7で使ってきたソフトやデータを全て移行。時間がかかったけど仕方がない。ただし問題は古くて10に対応しないソフトや周辺機器。
例えば昔から使っている複合機、インストールできないフォントもある。
そんなトラブルを抱えつつ、仕事に支障をきたさぬようと、Windows7も廃棄せずにオフラインで使うことに。
10とGoogle chromeとは相性が悪いと聞いたが、全く問題なくインストール。
しかも7で使っていたアカウントがそのまま使えて便利、移行作業は一切なし。
更に、クラウドを利用しているソフトは全て問題なく動きました。

Photo_20200121212401 ちなみに、左の画像はデザインソフト(adobe illustrator)の初期画面、クラウドで自動的に現れた最新バージョンの図柄です。

尤も、慣れるまで使い勝手が異なるので煩わしさが残りますが、取り急ぎ仕事が動くことが最優先なので、一応の環境は整えました。

これは便利と思ったのは、OneDriveというネットワークシステム。
データの共有で、PC同士はもちろんスマホとも繋がるので、今までより効率的。

ただし悲しいのは、我々ユーザーが企業側の意図通りに使われる時代。
今後さらに拍車がかかって来るようで、日本としては非常に残念です…(; ;)

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

「書」のホームページを更新

Top_20200113183401

新年早々に、自分の「書」のサイトを表紙だけ新しくしましたが、せっかくだから他のページにも手を加えました。

ただし、このホームページは18年も前から作っていたものなので、直し出したらきりがありません。
しかも、仕事ではないのでついつい手抜きになってしまいます。(笑)

今日はこの辺で止めましたが、それぞれの写真の説明は、クリックするとブログにつながるようにもしたので、前よりは整理されたかな。

今後も思いついたら更新していこうと思いますので、「書」のホームページもよろしくお願いいたします。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

早起きしたら、テレビで作文コンクールの表彰式が!

Photo_20191227181801 今朝は早く目が覚めてしまったので、(5時頃だったろうか?)テレビをつけると、何と、日テレニュースが、第15回「中国人の日本語作文コンクール」の表彰式を報道していました。

去る12月12日、北京の在中国日本大使館で催されたもので、私はその前日に、『明日は、いよいよ日本語作文コンクールの表彰式』と題したブログを書きました。

一昨日、その詳細を写真付きで主催の日本僑報社のサイトにアップしてきたところ。
3shot_20191227182001上の写真は日テレニュースの一コマで、最優秀賞(日本大使賞)に輝いた上海理工大学大学院の潘呈(はん・てい)さんに横井裕特命全権大使が表彰状を手渡し。
左は段躍中主宰も入っての3ショット。
この私のブログにも書こうと思っていたのでちょうど良かった。(笑)

「学習者は100万人超!中国の最新日本語教育」というWorld Reportの中で紹介されたのですが、中国と日本との最新情報を良く伝えたニュースでした。

Photo_20191227181902

藩さんの作品は、来日時に見かけたおかしな中国語訳をなくすために、ネットを通じて正確な翻訳を提供するサービスを行いたいという、日本語を学ぶ若者らしい熱意とユニークな発想にあふれた一編。数次にわたる審査の中では、「東京五輪への夢」をテーマに選んだことも日中未来志向の1つの形として好感が持てたという評価が多かった。

という記事と下の写真はサイトからですが、"早起きは三文の徳"というだけに、今朝は目覚めの良いスタートとなりました。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

子(ね)年の年賀状が出来た。

2020_20191226172401 「庚子」や「子」の字をいくつも書いたので、その中から一つ選んで完了。
わりと単純(イージーかな?)ですが、令和二年の年賀状が出来ました。→

これは会社用(弊社ネクストアドプランニング用)です。枚数は以前ほど多くないからパソコンでカンタン印刷。最近はあまり凝るのをやめました。

個人用は、これと殆んど同じのと、ネット用に全然別のもう一種類作りましたが、こちらは後日発表予定。

宛名書きも済ませ、先ほどポストに入れてきちゃいました。例年より5日早い。

ネズミがちょこっと乗ってるのがいいでしょ?これは私です。(笑)

※右下のQRコードを読み取るには、クリックで拡大してからが良さそうです。

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

今年の日本語作文コンクール「日本大使賞」は、上海理工大学の潘呈さんがGet!

Photo_20191126191201 第15回「中国人の日本語作文コンクール」(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の、最優秀賞(日本大使賞)は、上海理工大学大学院の潘呈(はん・てい)さんに決定。
と同時に、1等賞~3等賞までの受賞者をウェブサイトに発表しました。→

私はこのコンクールの第二次審査を受け持ち、上位21本を採点したわけですが、その際、応募者名は伏せてあり、誰の作文かわかりません。
最終審査(日本大使賞)を横井裕大使自らが審査されるので、結果が出るまで楽しみでもありました。

そこで、この発表を知るや否や、私の採点と照らし合わせてみました。
なんと嬉しいことに、最優秀賞の作文には私も最高点をつけていたのです。

292_1 潘さんの作品は、「東京五輪で誤訳をなくすため、私にできること」。
以前、来日した時に気になった、日本で見かけた間違った中国語訳。
これをなくすためネットを通じて正しい翻訳を提供するサービスを行いたいという。確かに私も思い当たる、おかしな翻訳は大変困る。

大いに共感し、実現すべきと賛同。
結果も含め審査員としてもホッとしました。

なお同コンクールの表彰式及び日本語スピーチ大会は12月12日(木)、北京の日本大使館で開催されます。
私は行けませんが報告は今年もさせていただきます。(^_^)v
受賞作品集もこの日に合わせて発売予定のようです。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

スマホまた失くす。

日曜日に書道展で書の実演をやった後、石神井公園から池袋経由で上野へ。
中学時代の同期会に出席という駆け足スケジュールでした。

Photo_20191113162601 会場は『薩摩魚鮮』という店。
その後、酒酔いの勢いか?
二次会で行ったカラオケ店で「スマホがない!」
皆んな心配してくれて、幹事さんは同期会場の店に電話を。

しかし、どこからも出てこない。

翌日、自宅のPCでGoogleのサービスを利用、これは便利!
GPS情報で、私のスマホがある現在地がわかった。間違えなくあの店ではないか!
先ずは近くの交番に紛失届を出し、夜になってお店に行ってみた。

Photo_20191113162701 すると、レジの女性が「昨日幹事の方から電話があった」という。電話してくれていたのですね、幹事君ありがとう。

私は、過去に携帯電話を4回も失くしていて、見つかった確率は50%。

Photo_20191113162901

今やpaypayなどキャッシュレス化を政府も推進しているが、スマホ紛失は怖い!
流行に乗らずプリペイドカードにしようかと。(笑)

さて、同期会の話が後回しになりましたが、会場は上野駅前ビル3階『薩摩魚鮮』。
この店は、数年前に高校の同期会で行ったことがある。

部屋に案内されると、西郷隆盛自運の扁額「敬天愛人・南洲書」が堂々と。複写を貼ってあるのでしょうが、文字を額いっぱいに拡大し過ぎでは?

各テーブルには西郷隆盛の似顔絵のコースター。(写真は以前に撮ったものですが)
Tsukaworkほぼ時間通りに到着すると、高齢でも元気な国語の先生を真っ先に見つけました。
あとは、幹事さんと女性はほぼ全員わかったけど、男性の方は数名を除いて
誰が誰だわからない。そのうち思い出すだろうと適当な話をしたけど、思い出せない、困った。

もちろん気を遣わないので知らなくても楽しいもの、二次会のカラオケもノリノリだったし。
因みに、左の写真はずっと前に書いた私の「敬天愛人」を載せました。
西郷さんの書とは似ても似つかないでしょう。
"書は人なり"ですか。なんて…。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

気が付いたらクラウドにどっぷり!

今や、画像も動画もデータファイルもクラウドを利用(雲の上に預けるようなイメージ)。

Photo_20191030200901一昨年からクリエイティブクラウドと呼ぶアドビの製品(ソフト)を利用して早2年、また1年が経ち、更新の時期が来た。
(写真は「illustrator」のスタート画面)→

わが社では、20年以上前からコンピュータとソフトが仕事に欠かせない道具となっている訳で、
当時は、新機能を搭載したニューバージョンが出ると、アップグレード版を買ってインストールするのが楽しみでした。

Photo_20191030201001 しかし、今ではコンピュータ本体がインターネットに繋がり、ソフトは年々アップグレードされ、手持ちのソフトはすぐに旧製品となってしまう。

そこで、ソフトをいちいち購入することはやめて、クラウドを利用した方が面倒がないと。

マイクロソフト「Office」もクラウドにしました(Office 365)。おなじみのワード、エクセル、アウトルック、アクセス、パワーポイント、パブリッシャーなどが自由に使え、常に最も新しいバージョンのOfficeが使えるのです。

Office

これは非常に気分が良い。
悩みといえば、機能がどんどん高度になっているので、使い方が複雑になりわからないことが生じます。でも「スマホ」を思えば同じことで、使ううちにわかってくるでしょう。
もちろんチュートリアルで教えてくれるし、問題なし。

ああ、便利なのか、アドビやマイクロソフトの合理的な契約ビジネスは、アメリカ的ビジネスモデルの勝利で悔しいけど、全世界がこの動きになってくるのでしょう。

インターネットの時代、やっぱり仕事を合理的にこなすことが得策なのか?
なんて考えつつ、更新を再吟味してみる今日でした。(笑)

 

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

作文、最優秀賞(日本大使賞)受賞者の訪日記録。

中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞(日本大使賞)をGetした受賞者には、副賞として一週間の日本招待があります。
S_20190824182101
その歴代受賞者の訪日記録を、作文コンクールのHPに毎回掲載していますが、今日は第14回の受賞者、黄安琪さん(復旦大学)の「訪日記録」をアップしました。

右の画像が歴代受賞者一覧で、クリックすると各々の日本訪問が見れます。→

そもそも私がwebサイト構築に携わり、一週間訪日のスケジュールはどんなものか知った時、政治家や学者、外交官など主に日本の著名人たちを表敬訪問する時間が多く、若い受賞者には緊張の一週間だったろうと感じました。

しかし、サイトを見るとわかるでしょうが、表敬訪問された相手は、この作文コンクールを応援してくださっている個人や団体であり、「日本と中国の架け橋となる」を唱える、主催者の段躍中さんの一貫した願いが感じられて、私も共鳴するようになりました。

267_s←「第14回・受賞作品集」の表紙。写真は最優秀賞の黄安琪さんで、今日「訪日記録」をアップしました

営利目的でないこのイベントに、当初はスポンサー企業がなかなか見つからず苦労したと聞きますが、現在はドンキホーテさんのおかげで副賞の日本一週間招待も毎年できるのです。
さらには、各メディア含め様々な分野から評価をいただき、応援されるようになりました。
私も陰ながらですが、応援をさせていただいているのです。(^_^)v

※ドンキホーテホールディングスは、株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスに社名変更されました。

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

『漢語角』のHPを更新。

先月14日で600回を迎えた『漢語角』(正式には「星期日漢語角」)は、日本と中国の多くのメディアに取り上げられ、このブログにもたくさん記事を書きました

Hp02_20190810192401 今日、主催の段躍中(日本僑報社編集長)さんの事務所で運営しているホームページを刷新、600回の記念写真をメインに作り替えました。

ところで、左上のロゴ「漢語角」は、私が10年前に揮毫したものですが、ずっと使ってくれて光栄です。
さらに、集合写真の真ん中で「6」の数字を持っているのが私、でしゃばったつもりはありません、自然にこの位置になり恐縮しています。(笑)

それにしても、西池袋公園で12年も続いている、いわば"中国語サロン"。
私もいろいろな思い出があります。このホームページを下にスクロールすればメディアで話題にもなった記事が出てきます、これでもほんの一部ですがぜひご覧ください(^_^)v

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

今日は「日曜『漢語角』」600回の記念集会。

西池袋公園で毎週続けている「日曜『漢語角』」は、今日で600回を迎えました。
毎週日曜日、一度も怠らず何と12年を迎えたのです。

Nhk

特別ゲストに宮本元中国大使を迎えて、午後3時から始まりました(西池袋公園にて)。

Photo_20190715080102夜になって家に帰ると、「NHK7時のニュースに出てたわよ!」と。
上の写真で、数字の6を持ってるのが私だけど、良くわかったな~(笑)

NHK、7時のニュース『草の根の日中交流 600回記念の催し 東京 豊島区
東京・豊島区で10年以上にわたって毎週開かれている日本と中国の草の根の交流会が、14日、600回を迎え、記念の催しが開かれました……

Photo_20190715080101 詳しくは、NHKのニュースでよくわかると思いますが、宮本元中国大使がこの漢語角を応援、それとともに、主宰の段躍中編集長への期待が素晴らしい。驚きました。
(上の写真が、段さんと宮本元大使)

実は、この漢語角には、中国語ができない私も10年前から別の形で応援しているのです。

Photo_20190715080103 右の写真、塀の後ろに貼ってある緑の旗がその証。漢語角の題字を私が揮毫し、中国の国画大師(安先生)がそれに絵をつけて4色の旗にしてくれました。そのうちの1枚がこれです。

とにかく、この集まりは私にとっても思い出深き中国語サロンなのです。
おめでとうございました。(^_^)v

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧