カテゴリー「ファッション・アクセサリ」の55件の記事

2017年7月 7日 (金)

七夕(たなばた)ライブで、ジャズに酔う

ちょうど池袋で仕事の後なので、七夕ライブに参加を申し込んでおきました

01ここはHot Pepperというライブバー。
カウンターで一人でウォッカライムなんて…「久しぶりだな~」とか、感慨に耽っていると、始まりました。

星野由美子カルテットの七夕ライブです。
そもそもは、Jazz38という亀有のお店のHP制作がきっかけ、SNSの仕事にもかかわり、それらを通してミュージシャンの方々とも知り合えています。

写真は休憩時間に星野さんと2ショット、先日書いた扇子を手に。
そう、これを持っていると、服装の格差を隠せるでしょう!(笑)

Hotpepper3ここは小さなジャズバーですが、大きなステージより親近感があってお客様と一体という感じ。
こんな風にジャズを聴くのは初めてなので、かえって新鮮でした。

星野さん(Vo,pf)はじめ、bass、dram、saxのミュージシャンの方々も、演奏を楽しんでいるのがいい。(写真がボケちゃったけど…)

Hotpepper特に星野由美子さんのピアノと歌は軽快で、プロとの距離感を感じさせない自然な魅力がありました。

今宵はほろ酔い気分で本当に楽しめました、たまには"酔い"ものですね。(笑)
あ、その気になってきた、来月はJazz38にも顔を出しましょう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

メンズ化粧品「クワトロボタニコ」のシャンプー買った。

写真は、ネットで購入したボタニカル スカルプ & ヘア シャンプー。

02宣伝ではありませんが、
最近話題のメンズ化粧品クワトロボタニコ (QUATTRO BOTANICO) は、
世界中から厳選した4種の植物エキスを配合したボタニカル化粧品ということで、
友人も使っていて、ネットでも人気商品らしい。

アマゾンで申し込んだらすぐに届きました。
私の場合、化粧品はずっと資生堂なので、今回はシャンプーだけ。
シャンプーの銘柄には無頓着だったせいか?高価な気もしましたが、試して好ければ他のも試そうかなと。

早速洗髪してみましました。香りもいいし何か良いみたい。
まあ、これからは、ちょっとお洒落しますか。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

「書」のネクタイを頂いて学んだこと?!

昨夜、中国の方からいただいたネクタイ。
今までにも「書」の勉強になるものをいろいろいただき、それも日本では手に入らないような「書」の本家中国の逸品ばかりでいつも感謝しています。

Photoしかし、今回のはさすがにビックリ→
柄が「書」です!裏のブランドタグには、Confucius Institute headquarters(孔子学院本部)とある。スゴイ!

ところで、これは誰の書か?

うっすら記憶にある筆跡だけど、思い出せなく、先ずは自分の資料を持ち出し、推理しながら調べると!

"勘"が的中、わかりました。

唐時代の能書家、張旭(ちょう・きょく)の書です、間違いない。
さらにネットで元の書を見つけました。「古四帖」の部分(下の写真)

Photo_2張旭は大酒飲みで狂草の創設者。酔うと狂走して草書を大書し、杜甫の詩『飲中八仙歌』に詠まれたことでも名高いそうだ。

狂草といえば一般的には懐素(かい そ)が有名ですが、張旭は「二王(王羲之と王献之)」の書風に異を唱え、書道界に改革の旋風を巻き起こすきっかけとなった。
というので、年上の張旭が狂草では先駆けなのかな?
まあ、張旭の書とわかってスッキリしました~

このネクタイをしていつ、どこで、どなたにお会いしましょうか?(笑)

すぐには思いつきませんが、忘年会でサプライズするのはどうでしょう?それも楽しみです。
ありがとうございました。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

舞台女優の青井さん、帰国後初の公演。

中国・寧波~上虞の旅、「梁祝(りゃんちゅう)文化学術シンポジウム」も無事終り、
ヒロイン祝英台を日本(鎌倉)で演じた青井聡子さんの講演は素晴らしかった。

Photo_3←その、青井さんから、日本での舞台公演案内(写真)が届きました。

実は三年ぶりの舞台公演。私は殆んど毎回観に行ってますが、今回は渡辺明次先生も同行してくださるとのことで行ってきます。(笑)

題名は「楽屋」とか…?有名らしいけど、どんな劇か知らないので、それはそれで楽しみ。

さて、その多才なる青井聡子さんを渡辺先生が「梁祝ブログ」の中でたくさん紹介してます。

その一部を写真と共に抜粋すると…、

寧波での「中日韓・梁祝シンポジウム」、日本側の講演は青井聡子女史。↓
Photo_5彼女は日本の古都鎌倉で渡辺明次氏が翻訳した「小説・梁祝」に触発され筆を執った、古野浩昭氏の脚本「戯曲『梁祝』」で、祝英台を演じた女優である。(2009.10.3上演)

彼女は講演の中で、
「今回梁祝故事起源の地である梁祝文化園に来られたことはとても嬉しいことで、鎌倉で戯曲「梁祝」の祝英台を演じた時に、頭の中にいつも思い浮かべた祝英台の生活の情景等について、今回の参観で、梁祝愛情故事に対するイメージをより一層豊富にいたしました。」と語った。

Photo_4←同行したもう一人の梁祝メンバー正谷絵美女史とともに和服を装い、梁祝文化園の中にある“神人共悦”の額がかかる舞台上でパフォーマンスを。

さらに、青井聡子女史は記者の求めに応じて即席で戯曲の中の一段を身振り手振り豊かに演じた。

というわけで、日本での青井さんの舞台公演は来月早々、楽しんできます。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

昨日の「講演会・シンポジウム」番外編

昨日の続きというか番外編ですが、講演会の前(13:00)に巣鴨駅で待ち合わせ、
「巣鴨地蔵通商店街(おばあちゃんの原宿?)」へ。

Photo_5私は過去に何度か来てますが、渡辺明次先生は一度行ってみたかったというので、「おじいちゃんの原宿?」となりました。(笑)

以前に来たときより、外国人や若い人が結構いますねぇ。
お年寄りが買いたくなる品揃えと、大きな価格表示は購買意欲をそそる、すごいマーケティング力と思います。

3講演会が終わった後は、東洋大学から少し歩いて見つけた居酒屋へ。
浦野さんも交えて「梁祝(リャンチュウ)会」となりました。
←(私が揮毫したタイトル文字を忘れたそうなので後で合成しました)

我々が明るいからか、お店の女の子の愛想が良いのか?彼女は少しもためらわず、一緒に写真に入って乾杯してくれてまたまた盛り上がる。↓

Photo_6それにしても、毎度の事ながら話が良く絶えないなあ、と我ながら感心。
しかも、お二人とも未来の計画で話が尽きない、全く年齢を感じさせません。

すっかり勢いづいて、最後の話題は"梁祝忘年会"の計画となりました~。(^^)v

あ、もうこんな時間だ、やばい、やばい!(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

「和」の贈り物。

昨日は父の日、私の誕生日も今月。だけど2つくれた人は未だかつて皆無。(笑)

01_2夜、帰宅すると、息子から宅配便が届いた。
そういえば、まだ何ももらっていない。
寂しいけど、まあ、今年は"何もない誕生日"だったので諦めていました。

しかし、今頃贈ってくるとは…。中にはバースデーカードが同梱されていた。

何と!「和」の贈り物。→

私に扇子は似合わないけど?なかなか上品でよろしい。(笑)
さらに気に入ったのは、桐まがいの?小箱に、扇子ケース付き。

Photo←包装紙は京都発の和雑貨『我楽屋おかめ(WarakuyaOkame)』全国に11店舗あるそうで。

説明書きには「麻の葉紋 ジャガード」

ジャガード織りとは、緞子(どんす)と同じようなもの?
わかりませんが…、すっかり気に入りました。

これからは少し上品に生きましょう。
ありがとう!大事に使います。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

北川景子さん来年のポスターカレンダー

北川景子オフィシャルカレンダー2015が出来たそうで、この写真は表紙。

Photoステキ、カッコイイ~(笑)

私は、時代劇ドラマ「みをつくし料理帖」を見て知って以来の、"にわかファン"。

ポスターカレンダーだから、部屋に貼ろうかな…、と考えたけど、我が奥様の冷たい視線が目に浮かぶ。

まあ、ファンとしての私のスタンスは、北川景子オフィシャルサイトやテレビで見たりするくらいでしょうが…

ところで昔は伊東美咲さんの大ファンだったので、しょっちゅうブログに書いてました

決して似てないけど、私にはどこか面影が残ります。

その伊東美咲さん、結婚されて芸能界を引退したのかと思ってたけどそうではないらしい。ただ、義父が芸能活動に反対だそうで。
驚いたのは、旦那様は金遣いなどそうとう派手とかで、あまり良い噂を聞かない。

この噂が本当ならかわいそう…。

なんて、ついでながら伊東美咲さんにも思いを馳せてしまいました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

アパホテルにて

午後から2箇所でweb関連の打ち合わせ。
仕事の内容はともかく、浜松町の会議室を出ようとしていると、別の会社から電話で、急遽今から来れるかと!飲み会が目的ならばと、その足で東銀座(宝町)へ。

Apa_2やはり会議よりプロジェクトスタートの飲み会でした。

とは言え、到着するや否や、仕事の論議が始まっちゃいましたが、そこそこで終了。

近くのアパホテルのバーへ。
2日前の晩酌と比べ、今宵はちょっぴりグルメでした…。

実はこの会社、障害者用のファッション商品を企画販売。
素晴らしい構想を持った女性社長の意気込みはスゴイ。

酒も強い!(笑)

先日テレビの取材を終えたところだそうで。7月4日21時Eテレ『バリバラ』が楽しみです。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

小学館 SAKURAが贈る通販サイトがオープン!

昨日オープンした、小学館 Hot Mama&Kidsのファッション誌 SAKURAが贈る通販サイト(「Hot Mama Room(ホットママルーム)」。

Cayogx3z GIFT用に、赤ちゃん用オリーブオイルペケ・オリーバのページが!
この画像は、K&オリーブ社が入手したリンクバナーです。

商品説明:(わかりやすいので転載します)
スペイン発!キッズ専用オリーブオイル
子どもの健康は発育をしっかりサポート

ニュースに敏感なホットママたちにあっという間に広まった、生後6カ月以降の乳幼児に向けて開発された世界初のエクストラバージンオイル。
脂肪酸含有比率が、理想的な栄養源である母乳に似ているので、乳幼児にとって安全。ポリフェノールやビタミンA、E、Kなどの天然微量成分が豊富に含まれています。
辛みを抑えフルーティで甘く、リンゴの香りがほのかにするのでキッズの口にもぴったりと評判の一品。

Hot Mama リーダーズ(倉田愛子さん)のおすすめコメントもGOOD!
「離乳食に必ず1スプーン使っていました。今も健康のために愛用中。」

そして、小学館 SAKURA冬号(別冊)26P~27Pにもペケ・オリーバが!
画像は通販タイトル。その下がSAKURA本誌の商品紹介記事の一部です。↓
Sakura

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

ハンギングバスケット展

Hibiya0210月28日までやってる全国都市緑化フェアTOKYO。
先週に引き続き、今日も日比谷公園へ。
(浜離宮でもやってます)

皇居に近い側の会場(第一花壇)は、ワールドコーポレートガーデン「花の楽園」という名のとおり、楽しい花々の作品がたくさん。

Bootsガーデンコンテストもやってます。

今度の土曜日(10/13)は、華道家の假屋崎さんのトークショー&デモンストレーション、他にも色々な方が出るみたい。

一人でくつろいでいると、群馬県から来たという女性が話しかけて来て「ハンギングバスケット」というアートを教えてくれました。
イギリスで始まった壁やフェンスに飾る立体的な寄せ植えで、期間中、講習会もあるらしい。

全国から出品している展覧会がこれ、というので、私も気に入ったのをいくつか撮りました。↓

Hungingbasket_2
久々に東京に来たというその女性は、
この後2時までに荻窪へ(パッチワークを習いに)行くらしい。
皆さん多趣味で良いではないですか。

美しくも"楽しい花々"に囲まれた、快適なランチタイムでした。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧