カテゴリー「携帯・デジカメ」の79件の記事

2018年7月10日 (火)

世界最速(2ギガbps)の「NURO光」を導入-その2

先月「最大2ギガbps」の光回線、「NURO光」への切り替えを申し込みましたが、
工事が屋内と屋外で2回あり、今日はNTTの業者が屋外の配線工事に来ました。

Photo実はもっと早く来てもらえたのですが、私が在宅していなきゃならなく、
しかも午前中というので予定日が決まらず、ずっとずれてしまいました。

まあ、今使っているのも「光」だし、特に支障はないので急ぐことも無し。

下の写真はSo-netのチラシ。
メリットはいろいろあるので接続されるのが楽しみです。

Nuros実は、今の契約業者はソフトバンクなのだけど、機器を送ってきただけで出張サービスは無し、接続は全て自分でやりました。

今度はSo-netが来て全部やってくれるというのでお任せしました。
特に面倒そうなのはソフトバンクとの解約手続き。それも全てやってくれるというので、OK。

では、いつ来てくれるのか?
となると、やはり日時調整がお互い上手くいかず、再来週の日曜日の午前中となりました。

まあ、楽しみは急がず慌てずです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

世界最速(2Gbps)の「NURO光」を導入。

Photo「NURO光」とは「下り最大2ギガbps」という最高速度の光回線。
無線LAN(Wi-Fi)と、セキュリティオプションが無料(もちろんスマホにも共有)ということで導入することに。

これは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する世界最速の光ファイバーサービスで、プロバイダのSo-netがセットになった「一体型」のインターネット。月額料金もずっと下がります。

Photo_2そのため、2回の工事があるのが面倒、今日は室内工事とルーターなどが持ち込まれ、郵便では契約書と説明書一式が封書で届きました。

我が家はもともとNTTの光回線で繋がっているから難しくはないが、スマホを修理した時にソフトバンク経由にしてしまったので、解約金処理や接続機器を返すなど色々面倒。

その手続き一切をSo-netの代理会社がやってくれるというので、決断しました。
しかもキャンペーン期間中ということで、解約金はポイントで充分賄えそう。
ソフトバンクとの契約は、後々不愉快なことが多いので縁を切りたかったし。(笑)

Photo_3来月早々に二回目の工事。これはNTTが屋外配線をやってくれる。
そしてようやくTV機器も電話も繋がり、インターネットの回線速度は2ギガbps(現在の10倍)となります。

ただしお宅筋?では、ネットワーク機器の影響で実際は最大1ギガbpsに速度が制限されてしまうという。
しかし、「そのデメリットより2ギガbpsの速度の恩恵を受けられるメリットのほうが大きい」という声が多いそうだ。

まあ、新しいものにはすぐその気になってしまうもので…
こうなったら、早く繋がってくれるのが楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

中国からまたまた最新画像の速報。何と、私の「書」が出演中!(笑)

中国・宣興市から戯曲「梁祝(リャンチュウ)」スタッフ7名が招待され、先週に訪中。

Photo_3今頃は舞台公演をやっているのかな?と。

中国のSNS(WeChat)を使っているスタッフは、他の方々とも情報交換しているのです。先週土曜日に羽田を発った時もそうで、日本にいる私にも届くから常に新情報がもらえます。

さっそく第一回目の舞台公演の画像が送られてきました。
上の写真、私が最終リハーサルの日に届けた「詩経の書」が使われているところ!
書を掲げている二人は、あの時のお面をかぶって黒子をやってるのですね、作者で演出家の古野氏は発想がなかなか大胆でさすがです。

Photo_4「塚さんの書、大活躍です」とか、「塚越さんの書、最高!」なんてメッセージもいただき、本当に大丈夫かな?と。(笑)

←あ、中央で絵美さんが演技している写真もある。彼女は今回が役者デビュー、私は本衣装とメイクを見るのはこの写真が初めて。

Photo_5熱演中が素晴らしい!

詳しい事は、渡辺先生がたくさんの写真と情報を持って帰国されるでしょうから、その後で
HPやブログなどにも公開しますが、今日は「現地速報その1」でした。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

超アナログ人間からのお手紙。(笑)

なんて題してしまいましたが、先日、山野愛子邸でやった同期会の幹事さんのこと。
手書きの会計報告書と記念写真をカラーコピーしたものが封書で届きました。

Photoワード、エクセルなどどこ吹く風かと?PCを使わない彼はごく自然の振る舞い。
私にはなぜか忘れていた日本人的人間臭さを感じます。

当のご本人は反デジタルでもないし、偏った持論があるとも思えない。正にマイペースの生き方か。

だから会場探しも、現代では"ネット検索"で探して予約するのが普通になってしまったけど、彼はちゃんと下見に行きます。

Photo_2我々は知らず知らずに欧米合理主義にはまり、経済効率最優先の傾向に陥ったと見る。
私の場合は、そこに出くわすであろう矛盾点を見つけることで別の(真の)価値を発見する。

そんなこと言って「お前こそ仕事はすべてデジタル人間ではないか!」と言われそうですが、私にとって「書道」がその救いなのかも。

今日は、律儀な幹事さんからの手書きの封書を郵便屋さんから受け取ったことで、その温かみと感謝の気持ちが湧き上がり、つい、つぶやきたくなりました。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

現地速報~梁祝(リャンチュウ)文化園も寒波襲来!

02梁祝ゆかりの地「中国・寧波」発、中国人記者、龔国栄さんからの現地情報です。
渡辺明次先生(日本梁祝研究所長)の翻訳を基に、解説を加えました。

雪景色の風雅な趣:
「梁祝文化園、銀色の晴れ着をまとう」

“雪の降ることなどめったにない”この寧波に、1月27日、2018年の豊年の瑞兆となる一回目の降雪があった。

01一夜の風雪が舞い、夜が明けると寧波梁祝文化園内の各建築物は白銀の装いに覆われた。
辺りはとりわけ艶やかで、この際立つ美しさに勝るものはない。

参拝に訪れた人々の眼前には“この世のものとは思えぬ”水墨画の絵巻が展開。
まさに、比類なき美しき一幅。

03“梅は空いっぱいの雪を仰ぎ見て、花ほころぶ”
一面銀世界の梁祝文化園の梅の花が美しく艶めかしい。

この他にもたくさんの雪化粧を撮ってくださいました。

00中国・寧波は日本から見て上海より南だし、雪が降るとは知りませんでした。
と言うか、現地の人々も驚いているようで。

私も、雪化粧を撮った様々な写真を見て、あの時のあの建物が、こんなに見事に変身!

などとつぶやくばかりでした。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

今日から画家・満田博久さんの個展、吉祥寺第一ホテルにて

満田さんとは、何年も前から上野や六本木の美術館でお会いしてお酒を飲んで…の
付き合いをしてきましたが、彼の個展に行くのは初めてなのです。

Kimg0160日仏現代国際美術展、武蔵野美術家協会、その他国際芸術文化連盟などでも
活躍されているので、作品にはお目にかかっているのですが、個展となると
いつも地元でやるので、遠出が苦手の私としては不義理をしていました。

でも、GWの今日がオープンとは都合が良く、遥か吉祥寺まで足を運んだ次第です。

Kimg0162会場は、吉祥寺第一ホテル1Fにある「ギャラリーK」、
午後3時からの「ささやかなオープニングパーティ」に合わせて隣の東急百貨店で日本酒(八海山の生酒)を買い込んで行きました。

満田さんの絵は以前から好きで、優しいトーンの色合いの中にたくさんのお話がある。

Kimg0163_2単なるメルヘンタッチの絵でなく、独自の世界を創り出しています。

さて一番上の写真が、満田さんとの2ショット(気に入った作品の前で)。
さらに、会場の雰囲気もスマホカメラに収め、その場でFacebookに投稿しました。

すると、ホンの数分後、それを見た中西(画伯さん)からコメントが入り、
「40分ぐらいで着きます」と、
え?大井町の自宅から吉祥寺まで今すぐ来るんだとビックリ。何とも素早い決断と行動力!

Kimg0165それは待っていないわけにはいかないでしょう。着いたと同時に彼とも2ショット(写真)↓

Kimg0166結局、画廊が終わった後、有志も交えてみんなで居酒屋へ、
結局何時間飲んだだろう、かなり酔ったようで、
帰路もどうしたことか?記憶にございません?
久々の深酒でした。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

名前入りの「ORコード」ができた。

以前から我が社と個人サイトのQRコードを作って、名刺や書の作品の裏などに載せていましたが、大変便利。

Qr_codeただし、どちらも似ているので携帯カメラで撮ってみないと区別がつかず面倒なときがありました。

そこで、それぞれ名前をつけることに。

こちらが簡単に作れるサイト(無料)ですが、ありがたいですね。
有料でスタンプを作るのも良いかも。

Qr_code_2このサイト、しばらく使っていなかったので、中央に文字やイラスト、マークも入れられるとは知らなかったのです。

今更ですがこれは便利、会社用は「Next-ad」、書道サイトは私の雅号「梦羲」を早速作りました。(右の二つ)
印鑑を作ったような気分で…(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

超混雑の「二の酉」で二度疲れ!

お酉さまの日は毎年熊手を納めに行きますが、祝日と重なるのは珍しい。
しかも今年は三の酉がないから、きっとスゴイ混むでしょう。

Photoなんてつぶやきつつも、休日のおかげで自宅で昼食を済ませ、夫婦で出発。

我が家の場合、浅草・鷲(おおとり)神社へは、三ノ輪駅の方から歩くのだけど、しばらく進むとメガホンを持った警察官が「四列に並んでください」と。

Photo_2え~っ、鷲神社はまだまだずっと先ではないですか!

予想通りでした。なんと、1時間半もかかってようやく"提灯群"が目前に、これは疲れる~(笑)
しかも、夜だったらこんなもんじゃない、今夜中に帰って来れないでしょう。

Photo_3←入り口でお払いをしてもらい、流れにまかせてだらだらと前進。
祈願をして、(小さな)熊手を買ったり…、
そんな押し競饅頭(おしくらまんじゅう)の中、二人ははぐれてしまうのです!

アチコチで大きな熊手に景気づけのシャンシャンをやってる大賑わいの中、携帯電話は繋がらないし、メールも返答なし。

心配になったけど仕方がない、一人歩いて帰ることに。

S←するとその途中、思い出したのが、一葉記念館リニューアル10周年記念としてあの最高傑作文学『にごりえ』特別展をやってるそうだ。しかも入場無料とのこと。

これは是非観たかったので、もう気にしてられない、と館内に入って鑑賞。

すると携帯に電話が、「自宅に着いた」と!
どうやら携帯を家に置いてきたらしい、これまた疲れました~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

渋谷スクランブル交差点にUFO出現か?!(笑)

先月60歳を迎えたという、仕事絡みで長い付き合いの友人男性。
誕生日を兼ねた「還暦祝賀会?」に私が出席できず、今日、渋谷で会うことに。

目指すはライオン「渋谷マークシティ店」、2年ぶりかな?
午後4時から飲むのだから、昼間もやっているビヤホールがよいでしょう。

Photoその途中、スクランブル交差点を見下ろせるこの場所から、シャッターを押すと、何と!UFOのような光が。→

これは何でしょう、ガラスに光が反射したのでしょうが何とも不思議、美しい!
なんて、考えてると"還暦時間"に遅れてしまう。

お互い時間は正確でした。ちょっと会わないだけで話がはずむ、還暦すぎると昔話ばかりになりがちだけど、そうではなく有意義な時間となりました。

先ずは中ジョッキー一杯だけ、その後はワインにしようと。
しかしボトル一本があっという間になくなり、
もう一本頼むほど飲むつもりはないから、デカンタにしようと。

しかし、そのデカンタをおかわり、さっきボトル一本を追加したほうが安かった!
で、まだ終わらない。最後にグラスワインを一杯で終わりましょうと。

もう若くないんだから…
なんて、UFOに頭をやられたか?支離滅裂なブログになりました。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

WeChatの「微信公衆号」が、今、最も熱い!?

Wechatlogoアッという間に世界最大規模のスマホSNSアプリは、WeChat(微信)。
中国版LINEと言えばわかり易いのかな?既にユーザー数6.5億人を突破だそうで。

WeChatは私も使っているけど、とても便利。この春に中国へ行った時には必要不可欠でした。

さらに、WeChatの公式アカウント版「微信公衆号」が、今や最も熱い中国ネット集客方法。企業のマーケティングツールには必須で、保有企業は現在300万社を上回ると!このサイトがわかり易いかも

Photo←写真は私が作った日本僑報社のフリーペーパー最新号、右上に説明付きでQRコードを載せました。

段躍中編集長が数週間前に「微信公衆号」を開設し、取得したQRコードをホームページやシールなどにも載せると、その効果はてき面。

14070WeChatのユーザーは微信アプリでこのQRコードを読み取るだけ。→
いつでも企業情報を無料で受取れるというわけ。今やってみては?(笑)
ただし普通のQRコード読み取りスキャナーではダメ。

政府観光局や大使館なども取り入れているそうで。中国版twitterのウェイボー(微博)なんてもう古い?というより、リツイートのような拡散機能が全然優れてる!

スマホユーザーを集めるのに、今、最も効果的なツールなのです。
中国ライフには欠かせなくなるなど、日本はネット環境で負けちゃってるようで。(^^;ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧