旅行・地域

2020年7月20日 (月)

コロナ自粛の合間に?さらなる梁祝(リャンチュウ)研究を続ける渡辺明次先生。

今日はコロナ感染者数の報告ではなく、先週木曜日の私のブログに(梁祝先生こと)渡辺明次先生からコメントが入っていました。
渡辺先生とは今年2月の「続三義教授の退職慰労会」以来で、次はいつお会い出来るか分かりませんが、現在、上海からの翻訳関連の仕事をテレワークでこなし、コロナ禍でも充実した毎日だそうです。
それだけでなく、梁祝ブログを久しぶりに更新したというので、早速拝見しました。

Photo_20200720184701

梁祝ブログ、記事は「山東省微山県馬坡の梁祝伝説、もう一つの石碑…

渡辺明次の著書:『梁山伯(リャンシャンボ)祝英台(チュウインタイ)伝説の真実性を追う』(下の写真右端の書籍)で執筆された内容に加えさらなる研究を重ねているわけです。

Photo_20200720184702

「梁祝伝説の全文字記録を日本語で誰でもが読めるように」という作業をしているということで、当時発見された石碑や新聞記事を、日本語に翻訳してブログに発表しています。すごいことです。

私も返事を書きました。
「渡辺先生、コメントありがとうございます。
梁祝ブログへ新規投稿されたとのこと、ただいま拝読しました。
「梁祝愛情故事」の研究では、日本の第一人者といっても過言でない渡辺明次先生のブログ、広く紹介します。」
投稿: 塚越 誠 | 2020年7月18日 (土) (^_^)v

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

今日の東京コロナ感染者数が290人、連日300人に迫る!

0718 感染が東京から広がったのか、日本中が大騒ぎとなってしまいました。この先どうなるか私にわかるわけありませんが、気になったのは「Go To トラベルキャンペーン」。

都も政府も疲れちゃったのか?東京を除外するとか言い出し、子供じみた諍いが続いてます。どうであれ、民意を聞かず強引に決めて、上手く行った試しは無い。

実は過去の話、私は観光経済新聞社主催の「全国の人気温泉旅館ホテル、認定式&パーティ」に数回出席しているので、観光業界の一体感に同情したい気はします。

2014

写真は、2014年1月:全国の人気温泉旅館ホテル、認定式&パーティへ

ジャーナリストは、観光業界を応援する二階俊博(現・自民党幹事長)の名を掲げ、利権の憶測までしています。(写真中央が二階幹事長)

Photo_20200719183601

右の女性は日本観光経済新聞社の積田社長:2017年1月:人気温泉旅館ホテル「認定証授与式」に参列
隣は2014年のパーティで、久保(元・観光庁長官)と。

私は、今やるのは止めて(延期して)ほしい。観光業界に限らず多くの人々は失業・廃業・借金苦等々に陥っている。助かりたい気持ちはみんな一緒。だからこそ政府のリードが必須だと総攻撃されているが、現時点でこのウイルスは難しすぎるようだ。

そこで「頑張ろうニッポン!」、政府も野党もマスコミも皆も、足並み揃えて未知のコロナに立ち向かおう。人間同士が争っていてどうする?
毎日の自粛ストレスからか?ちょっとつぶやかせていただきました。(^^ゞ

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

今年の隅田川花火は中止で、今夜はスカイツリー「花火」ライティング?

Photo_20200711182201 コロナの影響で、本日予定の「隅田川花火大会」が中止、予定されていた開始時刻の午後7時からは、東京スカイツリーで特別ライティング「花火」を実施というニュース。

名付ければ、コロナ退散願いスカイツリー花火(アマビエ大会?)ですね!(笑)
スカイツリーなら我が家からも見えるけど、時間が来たら大通りに出て見ます。
昨年は雨で開催が危うかったので、TVで観ました。「第42回・隅田川花火大会、無事スタート」

写真は18:45~19:00の光の演出「花火と幟(のぼり)」だそうで。(ITmedia NEWSより)→

「隅田川花火大会は、江戸時代に大飢饉や疫病の犠牲になった人々の鎮魂を祈って花火を打ち上げたことが始まりということで、当時の様子を描いた浮世絵がたくさんありますね。
02_20200711182201

Photo_20200711182202 代表的な浮世絵は歌川広重(左)、歌川国貞 歌川広重 合作(右)。日本文化がにじみ出ています、写真よりも素晴らしいかな!?

主催側は、「来年は感染症が収まり、また花火を楽しむことができますように」という願いを込めて、開催予定日だった11日(今夜)から8月31日までの毎晩花火ライティングを始めるそうです。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

懐かしき、中国の書道界トップ(中国書法家協会主席)蘇士澍先生。

Photo_20200707172101 People's China(人民中国)によると、新型コロナウイルス肺炎に対し、「助け合い、共にコロナと闘う」、「世代友好、共に未来を作る」をテーマに「中日韓著名書家オンライン書道展」の開会式が、3日、北京で開催された。(写真左端)→
詳しくは「人民網」に

Photo_20200707172102 中国人民対外友好協会が、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議及び中国国家画院、ソウル書芸博物館と協力。
つまり日中韓の"コロナイベント"でしょうが、その後の100人の揮毫式で驚いたのは、日本の書家・杭迫柏樹先生が参加、さらには中国書法家協会主席・蘇士澍先生の写真が多数。

日展の杭迫柏樹氏とは直接話したことはありませんが、中国の蘇士澍さんには大変お世話になりっぱなしでした。

Photo_20200707172201これは最も懐かしい写真です→
13年前(2007年10月15日) 初めての北京。この時に蘇先生を紹介していただき、料理店で現代中国の画家も交えての交流会した。「北京旅行記ー四日目」

ところで、「蘇士澍」を画像検索すると、私の写真も出てくるのでビックリ!↓

Photo_20200707172202

左の写真の説明はこちら:(2008年6月15日)中国書道界のトップ、蘇士澍先生がお祝いの詩を揮毫

とにかく、蘇先生は書道界の最高峰でありながら、偉ぶらない優しい心と、気張らないその「書」がいい、人間味と品格を感じます。
年齢は(学年は)私と同じなのですが、全然負けてます。(笑)

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

今朝のニュース、わが台東区にもコロナ!!

今朝(明け方に)、SNSが知らせてくれた一報にビックリ!
台東区のホームページを見ると
令和2年3月23日、区内の医療機関である永寿総合病院に入院中の患者2名について、新型コロナウイルス検査の陽性が判明しました。
また、3月24日(火曜日)、同病院の医療従事者1名及び入院患者1名について陽性が判明しました。現在、医療従事者及び複数の入院患者から陽性が確認されたことから、感染経路について調査中です。

S_20200325185701 テレビはずいぶん遅く報道されましたが、最新情報では、これから東京都全体に感染者が増えるとも聞きました、やはり油断できません!
海外ニュースなどを見る限りですが、日本が一番のんびりしているような気がして、大丈夫かな?と思っていた矢先ですから。

Photo_20200325185701

大変なことが起きるかもと心配の中、今朝は私的な用事があってちょっとだけ外出。上の写真はその時、私が見た今年初めての桜です。(笑)

帰りは自宅近くに停留所があるのでバスにしました。それが、がら空きで、なんと、自宅に近づくころ、乗客は私一人!
でも、その理由はコロナのせいではなさそう、この先の"車庫止まり"のバスだったからでしょう。

マスクはしていたし、まあ、おかげさまでというか、心配なく帰れました。
実はこんな乗り心地(VIP気分?)は、ちょうど一年前にもあったのですよ。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

「魏晋遺風」:『壁に書かれていた王羲之の「書」』の番外編

先日書いた『壁に書かれていた王羲之の「書」』~<その2>の番外編です。

中国・浙江省上虞市「英台文化研究会」の陳秋強会長から、更なる情報を頂いておりました。今日は「新型コロナウイルス」で仕事はお休みにして、"お勉強"です。

Photo_20200301195701

陳会長曰く、梁祝(リャンチュウ)後に、唐代の詩人・劉禹錫が詠んだ詩『烏衣巷(ういこう)』から、東晋時代の王羲之と謝安の関係を読み解くことができます。

今の南京市は「建康」という名でした。ここに烏衣巷という町があり、南朝を代表する名門貴族で王導、謝安の一族が住んでいたのです。

※書聖・王羲之は王導の従甥に当たります。謝安は東晋の名宰相で、会稽(浙江省)上虞(じようぐ)に寓居、大人物と期待されながらも王羲之らと風流韻事の生活を楽しみ,"風流宰相"と慕われたとか。

現在、この地(南京)には「王導謝安記念館」があり、この詩を、篆書、楷書、隷書、草書体で書かれ「魏晋遺風」として展示されています。(上の写真)

02_20200302070601 烏衣巷 劉禹錫

朱雀橋辺野草花、烏衣巷口夕陽斜。  
旧時王謝堂前燕、飛入尋常百姓家。  

読み下し文:
朱雀橋の辺りは野草が咲き乱れ、烏衣巷の入り口はまさに夕陽が沈むところ。
旧時(かつて)王導と謝安の邸宅に棲みついていた燕たちは、民家を飛び交っている。

←左の書は、私も感化されて書いたもの、読みやすく行書体で書いてみました。

きらびやかな六朝時代の王家と謝家を懐古したものでしょうが、この詩のタイトルでもある「烏衣巷」も、記念館として?現地にあるようです。

Photo_20200301195702右の写真は「烏衣巷」の入り口で、右側の碑文は毛沢東の「書」だと!→
驚きです。一度行ってみたいですね。

暇つぶしであろうが、調べるといろいろな知識が付くもので、今日は充実の一日でした、と言えるでしょう?(笑)

 

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

『壁に書かれていた王羲之の「書」』~<その2>

「新型コロナウィルス(covid 19)」、世界各国は大変なことになってるようで、情報錯乱状態か?天皇誕生日の連休を前にして、外出するのも控え気味になってしまいます。

そんな今日は家にいて自分のブログを開くと、右(サイドバー)の「人気記事ランキング」2位に上がってきたのが、2017年10月8日に書いた『壁に書かれていた王羲之の「姨母帖」と「初月帖」』の記事。

Photo_20200223143001 もう一度繰り返すと、「梁祝(リャンチュウ)愛情故事」のヒロイン祝英台の生家で、中国(浙江省)上虞市にある「祝家テーマパーク」資料館の展示物の一つに文字の間違えを発見したのです。

「王羲之の作品を模写した壁の文字で、3行目の"姨母"がなぜ"姨女"と書いてあるのか?」という疑問です。渡辺明次(梁祝会長)先生を通じて、上虞市英台文化研究会の陳秋強会長に聞いてもらいました。

上虞からの返信(要約):
 写真の書は間違いなく王羲之の作品です。左右2種類あり右側は「姨母帖」(いぼじよう)、左側は「初月帖」(しょげつじよう)というものです。
 また写真の前にある人物は王羲之で、この場の芸術的厳粛なムードを演出するために置かれています。王羲之と、時の宰相・謝安の両家は名望ある家柄であるばかりでなく、その上とても親しい間柄でした。
Photo_20200223152401  そして謝安の家は上虞の東山にあり、ここは祝英台(チュンインタイ)伝説の発祥地である祝家庄(祝家村)からさほど遠くない距離にあります。
 また、祝英台は聡明でこよなく詩書を愛読する人物でした。
 王羲之、謝安、その子孫、親類縁者はしばしば祝家庄に招かれ客となり祝家の内情に通じた深い付き合いがありました。
 そして後に、あの祝英台が梁山伯への愛情のために命を絶つという事件が発生。
 祝英台という女性の死について驚き感心し時の皇帝(孝武帝こうぶてい)に上奏し“義婦”という称号を賜り(梁山伯の墓のある寧波に義婦塚の石碑が添えられ)ました。

 地元の上虞の研究者からすれば、王羲之、謝安、祝英台の深い関係を見て取ることができます。
 以上からして「祝家庄祝府」に関係のないように思える王羲之の書が祝府に展示されていても、地元の感覚からすればなんら怪しむに足りないのです。

という丁寧なご返事ですが、その後、こちらが指摘した先ほどの疑問は、やはり間違えだったようで、それを認めて、(日本人が見つけたという)驚きと感謝の念をこめたご返事もいただいております。

Photo_20200223143002 左に、その真偽をわかり易く切り取って並べました。
左側が王羲之の「姨母帖」の3行部分、右側は壁に模写されていた同じ部分ですが、真ん中の「母」の字が、当時に押された印鑑で隠れてしまっているので、「女」と読んでしまったのでしょうか。

ところで、ところで、今気がついたのですが、その上の「姨」の模写も間違えですよ!

記事を書くのが遅くなったおかげで?間違えをもう一つ見つけちゃいました。(^_^;)

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

「新型肺炎と闘う」

今年に入って、新型コロナウイルスによる肺炎拡大のニュースが絶え間なく報道されますが、そのわりには確かな情報がよく見えず、不安は隠しきれません。

16thposter

そんな中、本日、日本僑報社からメルマガ(電子週刊 第1407号)が届きました。
メインは「第16回・中国人の日本語作文コンクール」の募集課題(テーマ)を"急遽変更"した。とのこと。

コンセプトは「新型肺炎と闘う」、これに沿ったテーマは以下の3つ!詳しくはこちら

(1)新型肺炎と闘った中国人たち―苦難をいかに乗り越えたか 
(2)新型肺炎から得られた教訓や学んだこと 
(3)ありがとうと伝えたい―日本や世界の支援に対して

153shot それまでのテーマは「日本観光」だったのですが、素早い機転と決断です。

←写真は前回(第15回)の作文コンクール表彰式、北京の中国大使館にて。

同時に、渡航経験のある日本人対象の「第3回・中国滞在エピソード」募集原稿も急遽テーマを変更されたようです。

そのほか、日本僑報社主宰の日曜中国語交流サロン「漢語角」は"暫定休日"!
Top_20200205175501「今後、新型肺炎への義援金活動を取りまとめ、開始したいと考えている」とのこと。→

とにかく、新型コロナウイルスのこと、今後がどうなるのかも全く予測がつかない環境下で、
いち早く前に向かって具体的な行動を執るとは、とても勇気あることと感じました。

私もできる範疇で応援してゆきたいと思います。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

例年通り、元旦に感謝の祈り。

 2020年、新年おめでとうございます。
夜が明けるにつれ、雲間から次第に漏れる陽射しに、一年の始まりを感じました。

02_20200101134801

夜更かしより早寝早起きが慣れてきたせいもあって?何年かぶりに「朝まで生テレビ」を見ちゃいました。(笑)

例年通りお雑煮と我が家流のお屠蘇をいただき、ほろ酔いと寝不足が相まって居眠り気分が抜けない中…初詣に。
氏神様は自宅から徒歩10分の素盞雄(スサノオ)大神。→

2020_20200101134801←これはプライベート用の年賀状です。
絵柄は篆書の「子」。「子」は赤ん坊が両手を広げた象形文字で、もともとネズミとは関係なし。

S_20200101134801 仏壇側の壁には、色紙に揮毫しておいた隷書の「子」を額に入れて飾りました。→

落款は、庚子(かのえ・ね)初春月(はつはるづき)※初春月は旧暦正月の異名

ついでに、TOPページだけですが、弊社(ネクストアドプランニング)を正月向けに更新しました。
本年もよろしくお願い申し上げます。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

昨日の続き>>"文化交流ひろば"で夢の共演?

Photo_20191222180201 02_20191222180201 昨日行われた、友好区である北京市海淀区と東京都練馬区の書家・画家交流会は大変な盛り上がりようで、満足のいく文化交流会となりました。
今日は「書」の紹介ばかりでなく画家の作品をいただいたので、続きです。

右の絵は北京市海淀老齢大学、李鳳璽先生の作品。繊細な風景画などもあったけど、私が気に入ったのはこれ。→
カレンダーの上半分が余白の紙をこちらで用意したそうで、そこに各々の画風で描かれたもの。

03_20191222180201 私を含め日本側が揮毫したものは、中国側が全て持ち帰られたのでありません。
←私が揮毫したのは、来年の干支「庚子」。
それともう一枚は昨日のブログに載せた「比翼の鳥、連理の枝」。
この『比翼・連理』は白居易の長恨歌の一節で、夫婦の仲のむつまじいことのたとえです。
「梁祝会」で覚えました(笑)

Photo_20191222180202 さて、素晴らしかったのは北京市海淀区対外友好協会の名誉会長、谷揚豊先生の書。→
写真は『真善美』。それぞれ学問・道徳・芸術の追求目標といえる三つの価値概念のようで、他に何枚も揮毫していましたが、独自の書法は勉強になりました。

最後の挨拶では、中国側も大変勉強になったと述べられ、ちょっぴりホッとしたところです。(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧