カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の1149件の記事

2018年1月18日 (木)

サロン・ブラン美術協会主催「日仏現代国際美術展」へのお誘い。

Dm_2友人画家・満田博久さんから「第22回・日仏現代国際美術展」の案内状が届いた。

来週水曜日からですね、会場は六本木の国立新美術館。
DMには満田さんから「土日の午後にいます」との手書きメッセージが。
では、次の土曜日に誰か誘って行きますか。

主催のサロン・ブラン美術協会は、1997年、
国際文化交流の意図を持つ日本の作家(少人数)でスタートしたとのことですが、
後援に外務省、文化庁、東京都と、都内の3つの区が名を連ねているのはスゴイ。

下の写真は、去年5月に吉祥寺の第一ホテルで開催した個展に行った時のもの。

Photo満田さんの作品の前で2ショット、彼の優しい色使いが好きです。

あの時は、レセプションで結構飲み、その後も近くの居酒屋へ皆んなで行ったので、かなりの深酒だったようでした。
さて今回は、六本木なので行きつけの飲み屋へ行くのかな?楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

先日のブログ『梁祝ゆかりの地「寧波」から元旦のイベント』の日本語訳版

Photo中国人記者、龔国栄さんが書かれた中国語文が私には全く読めないのでHelpを求めると、我ら日本梁祝(リャンチュウ)文化研究所の渡辺明次所長が、日本語に翻訳して「梁祝ブログ」に転載してくれました。

まず、原文題は:【英台招亲、山伯题金榜 新年梁祝文化园又火了一把】
訳:《祝英台の婿とり》と《梁山伯が難関の試験に合格》の二つの場面が、新年を祝して梁祝文化園で演じられ、梁祝伝説の灯火がまたも燃えさかる。

Photo_6ただし訳文そのままでは「梁祝愛情故事」を知っている人にしかわかりません。
なので、渡辺先生の翻訳は「梁祝ブログ」を見ていただくとして、こちらは写真説明付きで。

2018年元旦、梁祝文化園は人の山、人の海となり辺り一面熱気にあふれた賑やかな情景が繰り広げられた。

Photo_7①悲劇のヒロイン(祝英台)の婿とり。↑
これは、物語にはないイベント用のアイデアで、観客に向けて、"刺繍を施した紅い毬を投げる祝英台"、その毬をゲットした方がお婿さんになれるのでしょうか?そこまではわかりませんが…(笑)

←②十八相送:帰郷する英台を山伯が途中まで見送る場面

③梁山伯が役人に登用の難関試験に合格、の時空を超えた場面が演じられた。↓

Photo_4などなど、梁祝文化園参拝の人々はユーモアを介し楽しんだ。

なかでも特に笑いを誘ったのは≪祝英台の婿取り≫の場面で、馬文才(両親が勝手に決めた英台のいいなずけ)が、“携帯電話”を手にして登場した場面では観客が抱腹絶倒。↓

Photo_5そして参拝に訪れた旅行客は英台が投げる“刺繍を施した紅い毬”を競ってとろうとし、演者の舞台も、笑い転げ見入る観客も劇に思わず引き込まれ拍手と歓声が絶えることがなかった。

ということでした。

やっぱり解らないままをブログにしても、中身のない軽い内容になってしまいます。渡辺先生が翻訳くださったおかげでよ~くわかりました。
大変ユニークで活気に満ちた新年イベントだったのですね!(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

孫を挟んで、新年よもやま話。

2018nenga娘の長男つまり私の孫ですが、4月から中学生だと。
我が夫婦は、孫可愛さに溢れるも、なぜか?お正月に会うくらいで、普段は殆んど会うことがありません。

というわけで今日は近くのファミリーレストランで新年会。

会うや否や飛びついてきて、「ブラックホールの話しよう!」、そして続けざまにいろんな話が飛び出る。

まるで機関銃のように質問やら、自分の近況やら、将棋の話も出た。
たまにしか会わない分、話すことをたくさん溜めているのでしょうか。

まあ、可愛いいけど、疲れます。(笑)

01年に一度だから、まあいっか。

娘は専業主婦だから、大事に育てているのでしょう。
食事が終わると、徒歩で彼らの住居へ。

ところで父親が、私からの新年の「書」を待っていたそうで、それは申し訳ない。今日は手ブラでした。
今年中学生ということは…12歳、「戌年」!
やはり「戌」の書を贈りましょう。

とりとめもないけど楽しい、親・子・孫、水入らずの新年でした。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

年始参りのお年賀は「戌(いぬ)」の書。

今日の新年ご挨拶は、仕事を通じて楽しませていただいている「イタリア料理とジャズの店『Jazz38』」へ。

Photo今日から営業開始で、夜7時から始まる少し前に伺うとマスターとママが準備で忙しい中、笑顔で迎えてくれました。

軽い仕事の打ち合わせ、そして持参した今年の干支「戊戌(つちのえ・いぬ)」の「戌(いぬ)」を色紙に2種類を手渡すと、早速壁面に。→

そもそも私の「書」をマスターが気に入ってくれて、昨年の干支「丁酉」を一年間通して壁に飾ってくださっているので(下の写真、女性の方々はお客様)、今年はそれを取り替えていただきたいとの思いもあったのです。

Photo_2いつも、お茶代わりに出してくれる生ビールが嬉しい。
でものんびりしてはいられない、ミュージシャンとお客様が来る前に私はさっさと退散。(笑)

この店は場所を提供するだけのライブハウスと違い、人気ママとマスターが一体となって盛り上げる楽しさ。

今年もよろしくお願い申し上げます。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

親子と共に、ミニ新年会。

Photo_8暮れの忘年会で会ったばかりの絵美さんからのお誘いで浅草で食事、というか、"もんじゃ屋"へ(笑)
お子さんたちも一緒だからで、何年ぶりだろう?是非会いたいなと約束しました。

夕方5時、浅草駅に着くとさすがに外国人が多く、仲見世などは大変な混みよう!

Photo_3"もんじゃ屋「六文銭」"にたどり着くと、まだお店の前で並んでました。
初対面の女性2名も一緒、総勢6名のミニ新年会ですね。
息子さんたちと最後に会ったのはいつかな?
(家に帰ってから)古い写真を見つけ出しました、6年前です。↓

Kaimakaisei_2現在、上の海馬君は高校3年生、下の海齊君は5年生、大きくなって別人のようでビックリ!

実はこの子たちとはたくさんの想い出があるのです。
海馬君がお好み焼き、焼きそば、もんじゃをプロ並みの?手さばきでどんどん焼いてくれる。

私は見て飲んで食べてるだけ。(笑)

Photo_7感動したのは、下の海齊君。当時は小さくて話をした記憶がないので、
きっと生意気だろうと話しかけてみると、なんと礼儀正しい素直な子に成長しているのです。

お兄ちゃんの影響もあるのでしょう。今どき素晴らしい子育てで感心させられました。

Photo_6さらに、母親の絵美さんが、学校でのお習字を見せてくれた「空」の字にも凄いものがある。(左の写真)
彼は小さい頃、絵の才能が卓越していたのを思い出しました。

嬉しくなった私は、ビールからホッピーへと切り替えノリノリ。
大人の話はほんの少し出たくらいで、正に"ミニ新年会"でした。(^_^)v
※下の写真は6年前の梁祝(リャンチュウ)新年会にて、手前が絵美さんとお子さんたち。一番奥にいるのが私です。

Img_0136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

2018年-明けましておめでとうございます。

2018newyear
下掲の書、「以和為貴」を座右の銘に。↓本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
Photo※和を以って、貴しと為す:(聖徳太子)十七条憲法第一条より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

昨日の「梁祝忘年会」のつづき(続編)

渡辺明次「日本梁祝会」会長から、さらに良い情報をいただきました。

Photo_7梁祝みんなのブログにも紹介されていますが、
本日、上虞(祝英台のふる里)の陳剣峰氏から新年の挨拶を兼ねて以下のメールが届いた。
その内容は、昨夜の古野先生宅で開かれた「梁祝会」忘年会への祝意。
もう一つは、
その父君の陳秋強先生(写真右側)が梁祝伝説研究の権威として国家文化部(中華人民共和国国務院に属する行政部門(日本の文化庁にあたる)から「無形文化遺産梁祝伝説正式伝承者」という称号が授けられました。
Photo_8←これは梁祝伝説の研究に十数年を捧げた功績が認められたわけで、
日本の梁祝会の皆さんに伝え、一緒に喜んで欲しいと。
(因みに上の写真左は寧波の中国梁祝文化研究会会長周静書先生)

ところで、「梁祝伝説」そのものは、ずっと以前(7,8年前)に、ユネスコの無形文化遺産に認定されているということですが、
私にとっては、これも素晴らしき朗報でした。
(^_^)v

Photo_9右端が書を送ってくださった万国通氏、中央が陳秋強会長(昨年春の訪中にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

梁祝(リャンチュウ)忘年会、2017年版は横浜で。

今年の梁祝会の忘年会は、「『戯曲・梁祝』の作者・古野浩昭氏のお宅にて」。

Photo2ヶ月前からのお誘いですが、副題は「ラクダ・梁祝 キックオフパーティー」。
ラクダとは?、その時のブログに詳しく書きましたが、

以下は古野さんからのお誘い文、
参加者:老舎の「駱駝祥子」朗読会(2018/2/11 放送大学)出演者、および、中国江蘇省・宜興「梁祝祭」(4/20~22)出演者ら約15人。
Photo_2役者たちは、パーティーの始まる前、午後1時過ぎから拙宅で脚本の読み合わせをします。
パーティーでは、各参加者に食べ物又は飲み物を一品ずつ持ち寄っていただき、
恒例のメニュー(北京っ子の
大山潔先生(東京大学文学博士)は、手造りの北京餃子、丹沢で仕留めた鹿刺し、ベトナムフォーなどをご賞味していただく予定です。ご来場お待ちしています。

Photo_3そうです、つまり
来年の2月は、
放送大学(茗荷谷)で「駱駝祥子」朗読会、(今年の2月の発表会に続く第2幕だそうで)。右はそのポスター→
4月には、
戯曲「梁祝」スタッフが、中国江蘇省・宜興に招かれ舞台公演の一段を披露。
と、大イベントが続くのです。

01我々「梁祝会」組4名は17:20に大船駅で待ち合わせ、根岸線で一駅の「本郷台駅」へ。
その後、徒歩で古野邸まで(少し迷いましたが)予定の18時に到着。

Photo_4役者のみなさんは最後の読み合わせの最中、大山先生は手造りの北京餃子を調理中でした。↓

家庭的で何とも良い雰囲気。

梁祝会側の渡辺先生も早速、梁祝タイトルなどを飾りつけ始め、
4月の中国江蘇省・宜興での段取りや最新情報を報告されました。

Photo_5いつもの池袋や新橋での飲み会とは違い、中身の濃い忘年会です。

↓正谷絵美さんは両方の舞台に出演、と聞き、スゴイ。

Photo_8さらに驚いたのは、上虞の万国通先生(梁祝伝説研究者)から、梁祝を演じる役者と渡辺、古野氏の4名に、別々の書を送ってきたそうです。

下の写真はその一幅で、(祝英台役の)青井聡子さんへは、「玉水蝶舞」。
意味は、「玉水河の辺りに蝶が舞う」ですか?中国人らしい、きちっとした正統派の篆書(てんしょ)です。

考えてみると、祝英台の郷(上虞)の陳秋強会長もこの春に、自筆の書を梁祝会にくださったし、今まで私の書を中国でちらつかせているせいか?自然と書の交流になっているような…?

Photo_4世界で中国と日本だけの漢字文化交流とは!こんなことにも感動の私でした。(笑)

おいしい手作り料理をいただいて、持ち込みのお酒もたっぷり飲んで、今年最後の締めにふさわしい小宴会でした。
さあ、来年は、多岐多様にわたる展開を見せることでしょう。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

忘年会にて日中関係を想う。

今日の忘年会は、日本僑報(きょうほう)社。(読めない人がいるのでルビをふりましたが)主に日中関連の書籍を刊行する出版社です。

Photo何度も紹介していますが、私は週二回こちらに席を置いて早6年となります。

今夜の予定は約一ヶ月前から聞かれていました、個室を予約してくださっていたのですね。
料理も上級コースで嬉しい限り、こちらこそ感謝です。

会社の実績が良くなっていくことはお手伝いしていてどんなに嬉しいことか。今回は5名のゲストを呼んで計10名の忘年会です。

Photo_2個人名は控えますので、料理の写真ばかりを並べましたが、
全体構成として、社長夫妻を含めたご夫婦が3組、中国人のお客様は男女2名、そして私ともう1名の男性スタッフ。というわけで、何と20代から70歳代の集まりとなりました。

そんなメンバーの中でどんな会話が弾むのか、なぜ盛り上がるのか、不思議なもんです。私は珍しく飲み過ぎちゃったかも?ちょっとだけ寝かせてもらいました。(笑)

Photo_3
編集長の段躍中さんは、1989年の天安門事件で中国政府に嫌気が差し、当時日本に留学中の奥様からの誘いで1991年に来日、自由社会の日本に驚き、両国の長短両面を知り、「日本と中国の架け橋に」を決意。

こちらのサイトに「段躍中編集長のあゆみ」としてメディア報道を年度順に整理してあります。(膨大な数です)
日本と中国との相互理解に役立つ出版事業と社会活動に取り組み、日中の架け橋となるべくご夫婦で出版社を開業、既に21年目を迎え現在約350冊の書籍を刊行。

というわけで、ますますのご健闘をお祈りし、「良いお年をお迎えください」。
今日は本当にありがとうございました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

「日本語作文コンクール」の『受賞作品集』を入手

今年で13回目を迎えた「中国人の日本語作文コンクール」の表彰式も済み、受賞作品集『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』が刊行されました。

13最優秀賞(日本大使賞)1名と一等賞5名、二等賞15名、3等賞60名の作文(全文)が掲載されています。
※写真は最優秀賞を獲得された宋研さんの作文紹介ページ(表紙カバーの女性も宋さん)。→

毎回作文テーマ(課題)がいくつか与えられ
宋さんはその中の一つ『中国の「日本語の日」に私ができること』を選び、
『「日本語の日」に花を咲かせよう』と題し、見事に最高賞をゲットされたのです。
内容は、東日本大震災に絡んだNHKの「100万人の花は咲く」をヒントにしたものですが、文末の締めの言葉が爽やかでいい感じです。
「今、私の大学の人々は「花が咲く」を歌っている。今はまだ小さな活動だが、これが中国全土に広がり、いつか国境を越え、山を通り抜け、日本人の心に届くと信じている。」

02実は私も審査でこの作品に最高点をつけていたので、気持ちは同じ"ゲットの気分"(笑)です。

で、「日本語の日」とは?

このコンクールの主催者が、中国では初めて創設したもので、2017年の日中国交正常化45周年を記念して、毎年北京で開催の同作文コンクール表彰式と合わせて12月12日とする予定だそうです。

←ところで、この12月12日(先週)には、予定通り北京の在中国日本大使館で表彰式が行われましたが、その開催報告(特集ページ)をウェブサイトに構築しました

すでにNHKや大手新聞社などが取り上げた記事も掲載しました。この後も入手次第追加していきますので、是非ご覧ください。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧