映画・テレビ

2019年9月25日 (水)

「漢語角」600回の動画ニュース

 今日のメルマガ(日本僑報社)が送られてきました。
段躍中編集長からの冒頭のメッセージの一部です。

Cctv先ごろ600回を迎えた中国語交流サロン「漢語角」が、
中国中央テレビ(CCTV)「華人頻道」(チャンネル)に大きく取り上げられました
草の根交流「漢語角」へのご理解とご支援、本当にありがとうございます!

この600回イベントはたくさんのメディアが取り上げたので、ここでも何度か紹介しましたが、この動画にも私はほんのちょっと映ってます。今までよりは良いかな?(笑)
上の写真、600回の「6」の数字を持ってるのが私。

Cctvs左の写真、宮本元大使、その向う隣が私、あと、私が日本僑報社内で仕事をしている(胴体だけ写ってる)ところも出ますが、以前に取材された時のでうまく編集されてます。

中盤は段さんの紹介ですが、全部中国語なので画像だけ見るしかない。
それでも、ちょっぴり楽しめたもので…(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

「第17回・よもやま話」ゲストは「はらだたけひで」さん。

『暮しの手帖』元副編集長の二井康雄さん主催「編集よもやま話」は17回目となりました。
私は前回(16回)は、5月にしでかした大けがが完治していなく、不参加でしたが、毎度多くの参加者が集まり、たいしたものです。

Photo_20190914183801 ゲストの「はらだたけひで」さんは、長く岩波ホールに勤務、優れた映画を数多く、配給、宣伝、上映され、この2月に定年退職。(写真左側)
仕事である映画の公開に携わった折に、ジョージア(当時はグルジア)という国に魅せられ、十数回の渡航を繰り返し、ジョージア映画の紹介に努め、昨年、第1回ジョージア映画祭を企画、開催されたという。

また原田さんは、絵本作家・原田健秀でもあり、産経児童出版文化賞はじめ数々の大賞を受賞され、今も活躍されている方。

Photo_20190914183901

ジョージアの話なら延々と、というだけに熱い思いを語る会が始まりました。

私はジョージアというと、栃ノ心とソ連の一部(旧名グルジア)くらいしか知らなかったが、今日は明るく個性的な民族と映画好きの世界を聞かせていただきました。

原田さんは、現役時代の映画の仕事および絵本作家としても素晴らしい経歴の持ち主でありながら非常に謙虚な話しぶりで好感がもてました。

←現在岩波ホールで上映中の映画のチラシ(宣伝)

 そして、いつものトークの後は、懇親会です。
☆会場は神田神保町の「ブックカフェ二十世紀」(1Fは古書店「@(アット)ワンダー」

Photo_20190914183802

私と主催者の二井康雄さんとの繋がりは、こちらに紹介しましたが、今日は奥様ともお会いでき、懇親会では久々に一献交え、楽しいひと時でした。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

今日は、令和最初の終戦記念日。

Photo_20190815195201 毎年武道館で行われる戦没者追悼式。
正午、テレビを前に私も例年通り1分間の黙とうを行いました。

令和最初の終戦記念日です。天皇、皇后陛下のお言葉、平和を思う気持ちもなぜか新鮮に感じました。

Photo_20190815195202 いろいろな議論はあるかと思いますが、世界各国が果たして平和に向かっているのだろうか?と感じる昨今、日本人の心は『以和為貴』。

私は以前から、この4文字を何度も揮毫してきました。「和の国ニッポンは「和を以って貴しと為す」。↓

06

故・松下幸之助が語ったという、こんな言葉も頼りに信念を貫いています。
「日本は和の国、和の心を忘れれば倒産する」

もちろん、民族間の問題は数千年の歴史を経て、少しは平和を築いたのかと考えると悲しくなることもありますが、
日本人が持つ高い理性と思いやる心を忘れてはならない、と。

今日は、大型台風10号西日本に上陸を目前に、そんな独り言の「8.15」でした。(-!-;)

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

新華社通信による「漢語角」600回の動画。

8月に入り、またまた「漢語角」600回の動画です。先日NHKが国際版で取り上げ、今日は、新華社通信が発表したという。(下の画像をクリック)
半月経ってもまだあちこちで報道されるのだから、いかに活動が素晴らしいかでしょう。

ちなみに新華社とは、中華人民共和国の国営通信社。新華社通信で知られている。

ところで、先日のNHKの動画では、私はかすかに映ってましたが、今度は参加者中心の動画なので、渡辺先生と会話しているのが確認できました。
「ウォーリーをさがせ!」ほど難しくないでしょう(笑)

Photo_20190801211601

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

NHKが国際版で報じた「漢語角」600回記念の動画。

令和元年7月14日 (日)に、600回(12年)を迎えた「日曜『漢語角』」を多くのメディアが取材し、報道されましたが、
NHKが、主催者の段躍中氏の紹介を含めて国際版として新たに編集したようです。
(下の画像をクリック) 
この記念集会には、私も参加したので、ほんのちょっぴり(わずか2か所)映ってます。
しかし、私を見つけるのは大変、「ウォーリーをさがせ!」みたいなもんで(笑)

Nhks

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

第42回・隅田川花火大会、無事スタート。

Img_20190727_185140恒例の江戸・隅田川花火大会は、毎年天候の具合で延期や中止になる心配が多い。
昨年も台風のおかげで翌日の日曜日に延びたし、ことしも台風6号の接近、あるいは雨天で中止のリスクが高かった。

それでも今朝の予報で決行することになったそうで、冷や冷やハラハラでした。

午後6時半からテレビ東京で始まりました。
番組の内容は例年通りのマンネリですが、花火のスタートは7時から。

Kimg0012 私は自宅でテレビとビール。

我が家に居ても、外から聴こえる音にたまらない臨場感がある。
それだけでなく、ヘリの音もスゴイ。そして、リアルで聞こえる音とライブ放送がぴったり合ってる。
これはまた不思議なノリがありますよ、酔ってきたので外に出ようかな?

なんて、例年通りの"日本の夏"到来でした~。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

明後日の隅田川花火大会は、台風とか?!

Photo_20190725185001 気象予報によると、台風6号が生まれ関東地方に接近?
台風が来なくても、雨の情報はどうやら間違えなさそう。
(右の絵柄は、7/5発行の台東区報より)

もし雨なら花火大会は一日延びるでしょうからさほど心配はないけど、それを決めるのは当日らしい。

Tv

毎年楽しみなのは、あの音が聞こえてくるとうずうずします。

昨年も台風接近で一日延びて日曜日になりました。
写真はその時のもので、自宅でTVを見ながら晩酌
"いいね!"

ああ、夏ですね~。
尤も台風なら気をつけねばならないし、今後の気象情報をチェックしましょう。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

今日は「日曜『漢語角』」600回の記念集会。

西池袋公園で毎週続けている「日曜『漢語角』」は、今日で600回を迎えました。
毎週日曜日、一度も怠らず何と12年を迎えたのです。

Nhk

特別ゲストに宮本元中国大使を迎えて、午後3時から始まりました(西池袋公園にて)。

Photo_20190715080102夜になって家に帰ると、「NHK7時のニュースに出てたわよ!」と。
上の写真で、数字の6を持ってるのが私だけど、良くわかったな~(笑)

NHK、7時のニュース『草の根の日中交流 600回記念の催し 東京 豊島区
東京・豊島区で10年以上にわたって毎週開かれている日本と中国の草の根の交流会が、14日、600回を迎え、記念の催しが開かれました……

Photo_20190715080101 詳しくは、NHKのニュースでよくわかると思いますが、宮本元中国大使がこの漢語角を応援、それとともに、主宰の段躍中編集長への期待が素晴らしい。驚きました。
(上の写真が、段さんと宮本元大使)

実は、この漢語角には、中国語ができない私も10年前から別の形で応援しているのです。

Photo_20190715080103 右の写真、塀の後ろに貼ってある緑の旗がその証。漢語角の題字を私が揮毫し、中国の国画大師(安先生)がそれに絵をつけて4色の旗にしてくれました。そのうちの1枚がこれです。

とにかく、この集まりは私にとっても思い出深き中国語サロンなのです。
おめでとうございました。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

NHK首都圏ネットワークに絵美さんが!!

我ら「梁祝(リャンチュウ)会」の絵美さんから、夕方4時過ぎに突然メールが。
「本日NHK首都圏ネットワークで放送されるかも」ですって!
Photo_20190627210701 今まで渋谷で撮影してたというけど、そんなすぐに放送されるかな?
半信半疑で録画予約もしておきました。

梅雨時、台風シーズンに向けて、渋谷から~災害の専門家として登場でした。
YoucubeにUP

25日には、「ひるまえほっと」に12分くらい出てたそうで、
今まで何度も紹介しましたが、今や防災士として国内、海外でも活躍してるんです。

たいしたもんです、話もしっかりできるし、引っ張りだこになるわけだ。
こういう仕事に就くとは思わなかったけど、
ここでも才女を顕わにしてる素敵な絵美さんでした。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

第16回・編集よもやま話は「映画書執筆・翻訳を編集する」

主催の二井康雄さんから、「第16回・編集よもやま話」のご案内が届きました。
二井さんは暮しの手帖社元副編集長。ここで学んだことの少しでも次の世代に伝えたいと、このようなトークイベントを開催し16回目となります。

以前も紹介したとおり、文化面で幅広い視野を持つ素晴らしい方です。

Photo_20190621103701 右の写真は昨年秋、第14回「キューバのヒップホップ音楽」トークイベントより。

写真下は一昨年夏、第6回で立川流の真打、立川キウイ師匠の落語

いずれも左側が二井さん。

今回(第16回)のゲストは、気鋭の映画評論家、南波克行さん。アメリカ映画を中心に、精力的に研究、執筆活動をなさっています。
編著書に「スティーブン・スピルバーグ論」(フィルムアート社)、「トム・クルーズ キャリア、人生、学ぶ力」(フィルムアート社)、著書に「宮崎駿 夢と呪いの創造力」(竹書房)、共訳書も多数。
南波さんは、スティーブン・スピルバーグやトム・クルーズについては、世界的なレベルの該博な知識をお持ちです。

私もスピルバーグ監督やトム・クルーズは昔から大ファンですよ。(笑)

Photo_20190621103702

当日は、1時間弱のトークですが、南波さんの著書をいくつか頒布できるようにいたします。トークの後は、いつものように懇親会となります。
☆日時 7月13日(土)18;00~20;00(開場受付は17:30から) 
☆会場 「ブックカフェ二十世紀」 千代田区神保町2-5-4開拓社ビル2F
(地下鉄・神保町駅A1出口徒歩30秒)
☆会費 2000円(1ドリンク付き)、懇親会会費は別途2000円)
☆ご予約 「ブックカフェ二十世紀」jimbo20seiki@gmail.comまで先着50名。

ところで二井さんより、「編集よもやま話」の過去の記録は、拙HP(futai-site)
「ブログ」欄に掲載されています。ここには、映画レビューや、書き文字などの記事も
載せていますので、ぜひともご笑覧ください。二井康雄

今日は二井さんからのお知らせでしたが、私もぜひ参加したいところです。(^_^)v

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧