カテゴリー「書籍・雑誌」の432件の記事

2018年12月14日 (金)

"梁祝(りゃんちゅう)サイト"のトップ頁に「第四回梁祝演劇祭」時のスライドショーを追加更新。

数日前に、渡辺明次(梁祝会長)からメールがあり、
「中国・宜興から音楽入りの写真が3点送られてきたのですが、webのアドレスだけなので、これらをコピーしてUSBかSDカードに入れられるファイルに変換してはいただけないでしょうか、自分でも試みましたができませんでした。」

Topとの事、
私はmp4ファイルに変換して渡辺先生に送りました(データ容量が重いので"宅ふぁいる便"で)、内容的にはなかなか感じの良い物でした。
そこで(もったいないので)、梁祝HPにも載せようと→

先ほど、トップ頁のイベント告知(今年の春の「第四回梁祝演劇祭」)のすぐ下に『番外編』として3つの画像を載せ、クリックすれば動画が出るように追加掲載しました
音楽が素晴らしいです、ご視聴ください。

まあ、部分的な更新ですが渡辺先生も喜んでくれるでしょう。

ところで近年は、HPの制作を頼まれることが多く、webデザイナーみたいになってますが、私の場合、共鳴できる状況であればボランティア、正規の仕事なら相互理解が欠かせません。なんて、今更ではありますが…。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

ネットは素早い!第14回「日本語作文コンクール」授賞式の動画報道。

昨日、北京の日本大使館にて開催された、第14回「中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会の記事。

Photo2日前にこのブログで予告しましたが、昨日の夜には早くもWebに報道されました。→

「朝日新聞デジタル」記事と動画」
メインは。最優秀賞・日本大使賞を受賞された、復旦大学の黄安琪(こう・あんき)さんのスピーチ動画と作文全文も掲載されました。

無事滞りなく終了されたようで、私もホッとしました。
その他のメディアでも既に報道が流れていることでしょう。

来週からは開催報告と、メディアに取り上げられた記事などを主催者のサイトに掲載します。
年末に、昨年と同様に忙しくなることでしょう。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

明日(12日)は第14回「日本語作文コンクール」授賞式。

明日は北京の日本大使館にて、第14回「中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会が催されます。
日本僑報社(日中交流研究所)のスタッフは、昨日から中国入りしました。

14今回のテーマ(コンクールの課題の一つ)は、中国の若者が見つけた「日本の新しい魅力」。受賞作品集の題名にもなっています。
※写真は作品集と明日配られる4頁チラシ→
最優秀賞・日本大使賞は、復旦大学の黄安琪(こう・あんき)さんに決定!作品は「車椅子で、東京オリンピックに行く!」詳しくはこちらを

Photo←黄さんは、来年早々に副賞の「日本1週間招待」で訪日されます。
こちらは、昨年の授賞式とスピーチ大会。

これらのサイトをみると、すごい内容で驚きます。
いずれも多くのメディアに取り上げられるでしょう。

毎年思うのは、中国の若者が日本の良さを知り日本に行きたいと思う一方、多くの日本人はまだまだ中国への理解が乏しく残念な限り。

このコンクールには毎年私も審査員を依頼されているおかげで「中国若者の生の声」を知ることが出来、日本人としてどうあるべきかを問い続けるようになりました。

※受賞作品集は「中国若者たちの生の声」シリーズとして、第1回からの書籍が刊行されています。
因みに、HPは全て私が担当、明日はスタッフの皆さん、頑張ってください!(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

今週は二つの作文コンクールイベント。

一つは、先日紹介した「第1回・忘れられない中国滞在エピソード」入賞者の表彰式&懇親会が、明日(11月22日)、駐日中国大使館で行われます。

Photo私も直接招待されたのですが、残念ながら東大病院予約の日でお断りせざるを得ませんでした。
ところが今朝、主催の段躍中(日本僑報社)編集長から慌てたような電話があり、最優秀賞の賞状は他のものより大サイズにすることになり、私に筆で書いてもらえないかと遠慮がちに。
他の方法も考えるそうだが、お昼前に出社すると、何と拡大カラーコピーで美しく仕上がり、無事解決。
私も全力を尽くすつもりでいましたが、逆にホッとしました。

当日参加できなくて残念ですが、これも「忘れられないエピソード」でしょ。(笑)

2018_11_24sakubunもう一つは、今週の土曜日(11月24日)。
第14回になる「中国人の日本語作文コンクール」受賞者たちとの交流イベント。
これは過去に受賞し、現在日本に滞在中の6名の受賞者たちを囲む交流会です。こちらの会場は西池袋第二区民集会室。

日本僑報社は、出版事業だけでなく日中交流の架け橋として毎月交流イベントを企画しているのが好感出来ます。
私も予定が合えば出来るだけ参加したいと思っています。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

今日の「梁祝(リャンチュウ)会」は、日中翻訳フォーラムに参加。

日中翻訳学院は創立10周年記念イベントとして翻訳フォーラムを開催、テーマは「小説」です。私は主催者側(日本僑報社)からの依頼で、こんなチラシを作りました

02そこで、「梁祝会」代表の渡辺明次先生に誘いをかけると、すぐに3名の先生方からも参加OK。続先生も!嬉しい。

右の写真はフォーラムの後の飲み会、皆さんこれが楽しみだったのでは?(笑)

・渡辺先生(右側奥)は翻訳家であり、中国の大学で日本語の先生。
・続三義東洋大学教授(左側奥)は渡辺先生の小説『梁祝』の中国語翻訳の監修者。今回も新仕事の翻訳監修を頼んでいました、まさに先生の先生です。
・左手前の浦野紘一先生はNIPPON語学院長、右向いの阿久津先生は上海で日本語教師の経験あり。みんな先生だらけですが、書道で良いなら私も先生かな?

Photoさて、フォーラム会場は「大東文化会館ホール(東上線東武練馬駅徒歩4分)」。

中国大使館や大東文化大学学長等々の挨拶で始まり、

翻訳学院の武吉次郎・前院長から受講生への表彰式となりました。(上の写真)

Photo_3さらに段躍中氏から新院長の高橋弥守彦先生に聘書(辞令書)の授与。→

その後、両先生の講演会がスタート。
鈴木康之・大東文化大学名誉教授は、「短編小説『はこにわ』の構造と分析」。
高橋弥守彦・翻訳学院新院長は、「小説に見られる中日両言語の特徴」。

それぞれ「小説」をテーマにしたので、いっそう興味を惹く内容でした。

02_3実は私は以前からこの類の講演や書籍などにふれ、中文日訳などはできなくも、漢詩を読むことは多く、その訳文に時折疑問を感じます。

渡辺先生は自分で日訳をした後で、続先生に監訳をお願いしているのですが、この必要性についても大変良くわかりました。

私にとって、今日の講演会も飲み会と同時に有意義なものとなりました。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

素晴らしき先輩高齢者~その3

何回続くかわかりませんシリーズ「その3」は、
一昨年、このブログの記事『今日のランチ、話題はNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」』で紹介しましたが、『暮しの手帖』元・副編集長の二井康雄さん。↓

2018071513約40年間、暮しの手帖の編集現場で学んだ事を少しでも次の世代に伝えたい。
との願いで、トークイベントを不定期で開催しています。
今回は第12回「キューバ音楽のいまを編集する」。ゲストは、写真家、音楽ライター、映像作家の高橋慎一さんで音楽評論や著書多数、キューバへの渡航歴は20回以上。

於:10/21(日)3:00~、神保町の「ブックカフェ二十世紀」。今日さっそく申し込むと、即座にあたたかいご返事。

Photo

上の写真は二井さんとの2ショット、今年7月の演劇集団「いたわさ」第13回公演『すてきなあなたに』の劇場にて。

下の写真は、二年前の週刊朝日(9/30号)連載「平成夫婦善哉」に登場されたもの。若くてステキな奥様です。

舞台公演などにもかかわり、多彩なアイデアで企画をされ、己の意思を伝える情熱は年齢を感じさせません。

今回もまた楽しみです。(^_^)v
バックナンバー「素晴らしき先輩高齢者~その1」と「その2」はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

日本語作文コンクール、1等賞および上位優秀賞を発表!

昨日は、日本僑報社内(事務局)は私も含め大忙し。

14第14回中国人の日本語作文コンクール、3等賞以上の優秀賞81人と佳作賞を発表しました。※カッコ内および右欄は優秀指導教師賞受賞者。

私は第二次審査員として上位21名の作文を採点。審査員たちの得点が高かった学生に、国際電話で口述審査を行う「三次審査」を経たのち1等賞、2等賞が決定したわけです。

さらに1等賞6名の中から、最終審査で1名が最優秀賞(日本大使賞)を獲得。12月12日に北京・日本大使館で表彰式が開催されるという予定です。

同時に事務局では、3等賞以上の優秀作品を掲載した受賞作品集を作成中。
過去の作品集と、メディアが取り上げた書評をまとめたサイトも作ってあります。

最優秀賞の副賞は日本1週間招待、6名のうちどなたがGetするか?
皆さん素晴らしい作品です、いよいよ大詰めの中、これも楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

本家・中国「梁祝(リャンチュウ)」の舞台は、世界最大規模のARシアター!

Photo月刊誌『人民中国』を発行している大手出版社、東方書店の情報配信サイト(Facebookページ)から転載、梁祝ニュースです。
安徽省蕪湖市にあるハイテクテーマパーク、方特東方神画。このテーマパークは、中国人なら誰もが知っている神話や民間伝承、おとぎ話などのテーマに分かれています。

中国の四大民間説話のうちの一つ、「梁山伯と祝英台」をテーマにしたアトラクション「千古蝶恋」は世界最大規模のARシアターとなっており、美しい中国民族楽器の音楽と共に、幻想的な映像が感動を誘います。
国内で初めて舞台の四方を囲む大型透明スクリーンが導入され、透明なスクリーン内部では俳優陣が演技をします。
最新のAR映像技術と、役者たちの演技が相まって、「梁山伯と祝英台」の長年語り継がれてきた、美しくも切ない物語が眼の前に色鮮やかに再現されます。

「梁山伯と祝英台」のあらすじ…(以下、長文なので省略します)

下の動画は、ほんの30秒足らずですが、雰囲気だけでもわかるでしょう。(^_^)v
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

素晴らしき先輩高齢者~その1

私より年上の友人たちを紹介するシリーズを始めました。
といっても、何回続くかわかりませんが(笑)

Photo_6第一回目は、このブログでは一番の登場人物、梁祝先生こと渡辺明次先生。

翻訳家でもあり、仕事ぶりは日本僑報社のサイトにも紹介されています。

昨日、久々にメールがありました。

中国から大学生の日本語文を添削する仕事を頼まれたそうで、一日1~2時間、在宅でOK。良いアルバイトだと喜んでいました。

高齢者が今の能力を生かして副収入を得たいと思っても、向こうからやってくる仕事は少ないと思います。

早速返事を出しました。
渡辺先生、素晴らしいではないですか!
先生の今までの活動が本物だったということ。謙虚で着実な歩みがいつか人の幅をつくる。「焦らず、慌てず、諦めず」…ですかね?私の書道の境地も正にこれですが、何とも未熟で、まだまだ足りていません。とにかくおめでとうございます。
塚越

Photo_4なんてえらそうに返事をしちゃいました。
たまの多額報酬より、毎月定額の方が堅実で良いし。

渡辺先生は現在、500ページ位になる翻訳の仕事を2年がかりで?手がけているのですが、当面お金の事は考えないという自分に誠実な姿がみんなを呼ぶのでしょう。(上の写真は一昨年の梁祝シンポジウム、中国・寧波にて)

何でもテキパキ合理的にこなせば良いのではなく、これからは仕事を楽しみわが道を足ることが必要なのでは。なんて、思いました。(^_^)v

PS.次回は、60歳過ぎてから作品作りに燃えた友人画家、10年後に何がやってきたか?です。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

友人の講演会~なぜメディアはウソをつくのか~!?

これは私の古き友人(西村幸祐君)の講演会。
昨日だったのですが、結局私は行けませんでした。

Photo宣伝文句は、「西村幸祐氏は、報道の裏側を読み取る達人です。メディアの魂胆を見抜き、嘘を見破るコツなどをご教授いただきます。」

彼とは30年前に同じ会社で広告を作っていました。
アートディレクターとコピーライターの関係で、プレゼンテーションにおける彼の説得力は見事です。

マスコミ批判では第一人者(だからテレビからの出演依頼などないでしょう)。(笑)

そのかわり、講演会、シンポジウム、著書はもちろん、独自の放送局やSNSでは常に世界的な問題や斬新なニュース発信しています。作家・批評家、西村幸祐放送局

結構右よりなので私も誤解されるかもしれませんが、そこは違う。
彼の全てを共鳴しているわけではないけど、テレビの左傾化と反日には日ごろから眉をひそめることが多いので、著書(下の写真)を5月に購入し読んでみました。

025/16のブログ「フェイクニュース大賞」とは面白い。ではなく深刻だ!を書いた時で、メディアが『報道しない自由』などと言うのは、あきれます。

それにしても地上波のテレビは、どのチャンネルも新聞社系の臭いがぷんぷんし、コメンテーターやゲストは、皆シナリオどおりの方向で語る?

新聞や雑誌は購入する人の好き勝手で良いでしょうけど、テレビは公共の電波を数局が独占している。まして、他局と横並びで歩調を合わせるこの日本の現状は何とかならないのか、衛星放送も今のあのコンテンツではどうにもならないし…。

スポンサーの顔色伺いつつ視聴者を煽る報道が、懐疑的で悲しい!
あー、西村君の勢いに乗って?つい、つい、つぶやいちゃいました。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧