経済・政治・国際

2020年7月25日 (土)

東京コロナ、感染者数は17日間連続100人以上!?

今日のコロナ感染者数、東京は295人。毎日すごいのでまたグラフを載せちゃいました。7月に入って100人を越えた時、みんなビックリしましたが、今や4倍近くに。
先月28日は「最多を更新、60人。」だったから、6倍近くになってるわけですね。

0725

気になるのは、感染経路不明者が毎度半数を占めていること。各自に詳しく聞けないのでしょうし、感染者の方も知っていて言えない事情があるのかもしれない?それにしても多いので、原因解明の障害の一つになっているのでは。

とにかく、コロナの実態は未だ何もわかっていないというから、政府の対策は手詰まり。専門家の言うこともバラバラになってきた、国民は疑心暗鬼にならざるを得ない。

3月17日に書いた記事で、孫子の兵法に『敵を知り、己を知れば、百戦危う(殆う)からず』があるが、あの時から何も変わっていないのでは?
敵を知らず己を知らねば、百戦全敗でしょう。ナポレオンが「孫子」を座右の書にしたことは有名だそうだ。

しかし、世界中が右往左往している状況を知ると、民族ごとの大きな違いが見える!
そこを何とか足並み揃えてコロナに立ち向かわねば世界はバラバラに?!
難しいことだけど、科学の力を慢心し頼りきっていると、さらなる難問が待ち構えているような気がしたもので…(^^ゞ

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

今日の東京コロナ感染者数が290人、連日300人に迫る!

0718 感染が東京から広がったのか、日本中が大騒ぎとなってしまいました。この先どうなるか私にわかるわけありませんが、気になったのは「Go To トラベルキャンペーン」。

都も政府も疲れちゃったのか?東京を除外するとか言い出し、子供じみた諍いが続いてます。どうであれ、民意を聞かず強引に決めて、上手く行った試しは無い。

実は過去の話、私は観光経済新聞社主催の「全国の人気温泉旅館ホテル、認定式&パーティ」に数回出席しているので、観光業界の一体感に同情したい気はします。

2014

写真は、2014年1月:全国の人気温泉旅館ホテル、認定式&パーティへ

ジャーナリストは、観光業界を応援する二階俊博(現・自民党幹事長)の名を掲げ、利権の憶測までしています。(写真中央が二階幹事長)

Photo_20200719183601

右の女性は日本観光経済新聞社の積田社長:2017年1月:人気温泉旅館ホテル「認定証授与式」に参列
隣は2014年のパーティで、久保(元・観光庁長官)と。

私は、今やるのは止めて(延期して)ほしい。観光業界に限らず多くの人々は失業・廃業・借金苦等々に陥っている。助かりたい気持ちはみんな一緒。だからこそ政府のリードが必須だと総攻撃されているが、現時点でこのウイルスは難しすぎるようだ。

そこで「頑張ろうニッポン!」、政府も野党もマスコミも皆も、足並み揃えて未知のコロナに立ち向かおう。人間同士が争っていてどうする?
毎日の自粛ストレスからか?ちょっとつぶやかせていただきました。(^^ゞ

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

「持続化給付金」事務局の謎めいた正体と、(一社)サービスデザイン推進協議会とは何者か?

Photo_20200604190902いうまでもなく、「持続化給付金」という巨額の国費が民間団体に委託されるという。
つまり、(アベノ)マスク配布事業の2倍近いお金が、この団体に流れ込むわけ。
因みに、今行われている10万円の定額給付金は市区町村を介しての給付だから、民間委託ではありません。

問題なのは、野党が追及している20億円の使途だけでなく本元から全てが怪しい。
悲しいかな、国会が荒れて給付金が遅れるでしょう。事業者さんのことは後回し?

Photo_20200604190901 正体は電通でしょう。電通は日本トップの広告代理店で、政府や政界への人脈とコネが大きな武器。
私の昔の事ですが、電通(築地時代)からクリエイティブを直接依頼されて大手メーカーの仕事をした時代があるので非常に気になっていました。
電通の悪いところはたくさん聞いていますが、今や広告代理店の時代ではなくなり、あらゆるビジネスに取り組んでいるとは思っていたけど、こんな商売もやるとは。

Photo_20200604191001

ただし、私は深く調べるつもりはないので、詳細はツイッターさんからで、こちらにリンクしました。すごい話だから長いけどぜひ読んでみて欲しいとのこと。事の発端から現在に至るまで公開情報だけで全てを暴いている、すさまじい調査力!

ところで、あの人気グループ「嵐」の桜井翔さんの父親(写真)が、電通グループの副社長に就任したそうで。
もちろんご本人が関与しているなどと思ってはいませんが、知ってビックリしたもので…(笑)

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

新型コロナウイルス蔓延を聞きつつ、東大病院へ!

東京都知事が大規模な自粛の呼びかけをしたばかりの今日、私は東大病院で検査の日だったのです。
午後2時、地下鉄・本郷三丁目駅から徒歩で東大病院の門をくぐり外来棟へ。

Photo_20200327094702構内の道に沿って連なる、ソメイヨシノが美しい。

そっと(恐々?)外来棟に入ると普段と何も変わっていない。
外来患者は待合室に大勢いるし、看護士や院内の雰囲気はいつもと同じに感じました。

病院の方々の仕事ぶりは平常通り。私も知事の呼びかけを気にしつつ、行かねばならない。一方、街のスーパーなどでは食料品などの買い占めが始まっているという。

Photo_20200327094703 海外から見れば、こんな日本が異様なようで。

原因はやはり、このウイルスの正体が今だにつかめず、治療薬もワクチンもできていない不安からでしょう。
専門家も素人も勝手なことを言い出して、次第に募る庶民の精神的なイラつきが怖い。

先日も書きましたが、このウイルスをエイリアンとして捉えると、人間社会を病原菌感染だけでなく、精神面をも狂わせる作戦ではないだろうか。(笑)

科学技術を得た人類の思い上がりが、ここで試練の時を迎えるのかもしれない。
なんて、このド素人の考えは奇想天外過ぎるかな?(>_<)ヽ

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

今年も「e-Tax(電子申告)」で確定申告。

昨年は大ケガしたりで、2回も入院。お医者様や看護師さんには大変お世話になりました。さらに薬漬けで医療費は結構かかりましたよ。
確定申告しなければと、今年も「e-Tax」で。データを入力して「送信」、これでOK。

S_20200310182701 先ほど完了、今年の個人申告は済ませました。でもデジタル環境が変わったので間違えはなかったかとちょっと心配も。
右の画面は、国税庁からのお知らせの一部
・新型コロナウイルスで納付期限が約一か月延びた。
・e-Tax対応のOS、ブラウザ、PDFそしてエクセルなど全てニューバージョンが必須。
・PCはWindows10(7以下は不可)。これは1月にPCを新規購入したので大丈夫。
でも、ブラウザはマイクロソフトエッジ(Microsoft Edge)を推奨。だと!

え?と思ったけど、それを使ったほうが心配なさそうなのでPC環境を合わせました。

さて、肝心な医療費の入力です。
医療費集計用のエクセルフォームをダウンロードして使えばよい。ただしこれも古いエクセルはNG(拡張子がxlsx)、私の場合クラウドでOffice 365 サブスクリプションを更新してあるので問題なし。

Photo_20200310182701 左の画像は、環境チェック結果でOKという表示。まあ、このシステムは良くできていると思います。入力するだけで最終的には見慣れた「令和1年分の申告書」となって出来上るのはさすがです。(笑)

来年はスマホでやってみようかと、使い方を読んでみました。簡単そうだし面白そう。
マイナンバーは以前から登録してあるのでOK、スマホはアンドロイドが対応OSのようで、これも大丈夫でしょう 。

コロナで外出を控えているおかげか?早くもやり終えてしまった確定申告でした。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

「新型肺炎と闘う」

今年に入って、新型コロナウイルスによる肺炎拡大のニュースが絶え間なく報道されますが、そのわりには確かな情報がよく見えず、不安は隠しきれません。

16thposter

そんな中、本日、日本僑報社からメルマガ(電子週刊 第1407号)が届きました。
メインは「第16回・中国人の日本語作文コンクール」の募集課題(テーマ)を"急遽変更"した。とのこと。

コンセプトは「新型肺炎と闘う」、これに沿ったテーマは以下の3つ!詳しくはこちら

(1)新型肺炎と闘った中国人たち―苦難をいかに乗り越えたか 
(2)新型肺炎から得られた教訓や学んだこと 
(3)ありがとうと伝えたい―日本や世界の支援に対して

153shot それまでのテーマは「日本観光」だったのですが、素早い機転と決断です。

←写真は前回(第15回)の作文コンクール表彰式、北京の中国大使館にて。

同時に、渡航経験のある日本人対象の「第3回・中国滞在エピソード」募集原稿も急遽テーマを変更されたようです。

そのほか、日本僑報社主宰の日曜中国語交流サロン「漢語角」は"暫定休日"!
Top_20200205175501「今後、新型肺炎への義援金活動を取りまとめ、開始したいと考えている」とのこと。→

とにかく、新型コロナウイルスのこと、今後がどうなるのかも全く予測がつかない環境下で、
いち早く前に向かって具体的な行動を執るとは、とても勇気あることと感じました。

私もできる範疇で応援してゆきたいと思います。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

「第17回・よもやま話」ゲストは「はらだたけひで」さん。

『暮しの手帖』元副編集長の二井康雄さん主催「編集よもやま話」は17回目となりました。
私は前回(16回)は、5月にしでかした大けがが完治していなく、不参加でしたが、毎度多くの参加者が集まり、たいしたものです。

Photo_20190914183801 ゲストの「はらだたけひで」さんは、長く岩波ホールに勤務、優れた映画を数多く、配給、宣伝、上映され、この2月に定年退職。(写真左側)
仕事である映画の公開に携わった折に、ジョージア(当時はグルジア)という国に魅せられ、十数回の渡航を繰り返し、ジョージア映画の紹介に努め、昨年、第1回ジョージア映画祭を企画、開催されたという。

また原田さんは、絵本作家・原田健秀でもあり、産経児童出版文化賞はじめ数々の大賞を受賞され、今も活躍されている方。

Photo_20190914183901

ジョージアの話なら延々と、というだけに熱い思いを語る会が始まりました。

私はジョージアというと、栃ノ心とソ連の一部(旧名グルジア)くらいしか知らなかったが、今日は明るく個性的な民族と映画好きの世界を聞かせていただきました。

原田さんは、現役時代の映画の仕事および絵本作家としても素晴らしい経歴の持ち主でありながら非常に謙虚な話しぶりで好感がもてました。

←現在岩波ホールで上映中の映画のチラシ(宣伝)

 そして、いつものトークの後は、懇親会です。
☆会場は神田神保町の「ブックカフェ二十世紀」(1Fは古書店「@(アット)ワンダー」

Photo_20190914183802

私と主催者の二井康雄さんとの繋がりは、こちらに紹介しましたが、今日は奥様ともお会いでき、懇親会では久々に一献交え、楽しいひと時でした。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

中国青年代表団の訪日

Photo_20190910195101外務省の報道発表では、対日理解促進交流プログラム(JENESYS2019)の一環
及び日中青少年交流推進年認定行事として、中国青年代表団60名が本日羽田に到着しました。

夕方6時から、東陽町のホテルイースト21にて歓迎会に出席しました。
私は日本僑報社としての参加ですが、一昨年は大学生(未成年)の団体だったので酒類は無し。
あの時と今日は違う!ビールとお寿司を主体に、ほどほどにいただきました。(笑)

Kimg0012_20190910195201横浜や千葉を襲った台風15号の影響はほぼ無かったようで、羽田で良かった。
成田空港着だったら歓迎会は中止になったかと思うと、運が良かったなと陰ながら祝福を。

来賓は、元在中国日本国大使の阿南惟茂氏はじめ、駐日本国大使館、外務省ほか。
中国日本友好協会の程副秘書長(代表団団長)の挨拶で始まりました。

2shot01_20190910195101 今日到着したばかりなので皆さん緊張していたようですが、
次第に打ち解け私も元気が出てきました。

阿南元大使とは初対面ですが、同じテーブルに来て女性たちと話し始めているのをみて
中国語が全くできない私としてはさびしい思い。でも一緒に写真を撮ろうと元大使に提案。
みんな喜んで、とうとう男性たちも大勢集まってきました。

Kimg0017 ところが残念なことに、阿南元大使との2ショットや皆で撮った写真がスマホに保存されていないのです!
焦って何度もチェックしたけど、あきらめました。

明日は周恩来首相も留学したという、静岡県掛川市へ、掛川市立大東図書館には周恩来と松本亀次郎のろう人形もあるそうだ。

日本各地を回るほどではないが、このような日本と中国の若者の友好活動はずっと続けられ、中国の将来を担う若者が日本の政治、経済、社会、歴史、先端産業、伝統産業、文化などに触れ、相互理解を築いているのです。

私も毎度参加させていただき、おかげさまで今回も有意義な時間を得ることができました。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

第15回「日本語作文コンクール」、進捗状況は?

日本僑報社・日中交流研究所が主催する、第15回「中国人の日本語作文コンクール」、応募総数は昨年を上回る4359本とのこと

3shot

毎年例年を上回る応募数とは、スゴイですね!
←写真は昨年の「表彰式・スピーチ大会」

現在、その審査が行われていますが、第一次審査は日本僑報社の編集者と外部ボランティアの方々が担当。

私は、この後の第二次審査を今年も頼まれ、ようやく終えたところです。
一次審査通過作品をさらに厳選し、上位21本を第二次審査として審査、採点したわけ。

P1 後日、この21本から最優秀賞(日本大使賞)1本、1等賞(5本)、2等賞(15本)が決定。
右は昨年の上位入賞者→

審査にあたって、4千点以上から21点に絞られた作文なので、どれも日本語はほぼ完ぺき、内容的にも優劣つけがたいものばかり。

今ここで個々の内容に触れることはできませんが、若者の作文を通して、最新の中国の生の姿などを知る喜びがあります。

応募は、中国のほぼ全土にわたる26省市自治区からで、日本語学習者が多いとされる中国東北部と沿海部が上位を占めたとのこと。

Photo_20190819190301 ここで大事なのは、学生の作文指導にあたる日本語教師たちの熱意と実績、さらに多数応募の学校を表彰する「園丁賞」が設置されていること。*「園丁賞」受賞校一覧

日本語教師といえば、我ら「梁祝(リャンチュウ)会」の渡辺会長、浦野先生も、数年前まで中国の大学で、中国人の指導にあたり、熱い信望を得ていました。
←(写真右から渡辺明次、浦野紘一先生)

今年で15回目を迎えた「中国人の日本語作文コンクール」、12月12日には、例年通り中国・北京の日本大使館で表彰式が開催される予定となっているのです。(^_^)v 
「中国人の日本語作文コンクール」総合案内

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

今日は、令和最初の終戦記念日。

Photo_20190815195201 毎年武道館で行われる戦没者追悼式。
正午、テレビを前に私も例年通り1分間の黙とうを行いました。

令和最初の終戦記念日です。天皇、皇后陛下のお言葉、平和を思う気持ちもなぜか新鮮に感じました。

Photo_20190815195202 いろいろな議論はあるかと思いますが、世界各国が果たして平和に向かっているのだろうか?と感じる昨今、日本人の心は『以和為貴』。

私は以前から、この4文字を何度も揮毫してきました。「和の国ニッポンは「和を以って貴しと為す」。↓

06

故・松下幸之助が語ったという、こんな言葉も頼りに信念を貫いています。
「日本は和の国、和の心を忘れれば倒産する」

もちろん、民族間の問題は数千年の歴史を経て、少しは平和を築いたのかと考えると悲しくなることもありますが、
日本人が持つ高い理性と思いやる心を忘れてはならない、と。

今日は、大型台風10号西日本に上陸を目前に、そんな独り言の「8.15」でした。(-!-;)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧