カテゴリー「芸能・アイドル」の264件の記事

2019年1月12日 (土)

いよいよ来週土曜日、梁祝(リャンチュウ)伝説の真実に迫る講演

昨年末にお知らせしましたが、いよいよです!(1月19日土曜、午後2:00~)

渡辺明次先生(日本梁祝会会長)は、中国・四大愛情伝説の一つ「梁山伯と祝英台(梁祝伝説)」を日本に初めて紹介した研究者。(写真は横浜講演での渡辺先生)

02_2その渡辺先生曰く「実はこの梁祝愛情故事は単なる伝説ではなく、4世紀の時代に起きた真実であった」
という発見!そこまで突き止めたからこそ、人民日報が"梁祝研究の第一人者"と格付けたのです。

この物語は中国人の殆んどが知っているというが、真実は誰も知らなかったそうで。

Photo_4今回の講演は、中国・寧波にある1100年代の石碑を読み解いたことで、梁祝伝説が真実である根拠となり、謎を解明することができた、というもの。

←左は寧波で撮って来たその石碑。

二行文は、石碑文中の重要な一節をパソコンで切り取って拡大したものですが、中国・寧波での講演で、私が揮毫した同文(上の写真の壁に貼ってある)を渡辺先生が手にし熱弁されました。

Photo_3これは、梁山伯が農民とともに役人として働く壁画→
寧波でこんな壁画まで見つけた渡辺先生は大興奮したという!
1500年も昔の出来事を今に明かす夢のような話です。

講演会後の新年会には、福島から福島県日中友好協会の山田明生会長、また、別の用事と掛け持ちで駆けつけてくれる人や、興味を持った方の初参加希望者など、こちらもまた楽しみです。

いよいよです。(^_^)v

主催者より-------------------------------------------------
[主催]日中翻訳学院
[日時]2019年1月19日(土)午後2時~4時(1時半~受付)
[会場]IKE・Bizとしま産業振興プラザ(旧勤労福祉会館)第三会議室:
東京都豊島区西池袋2-37-4 
(アクセス)http://www.toshima-plaza.jp/access/ 
[参加費]1000円
[申込方法]メールで日中翻訳学院事務局( fanyi@duan.jp )宛に、
お名前、職業、連絡先(住所・電話番号)をご記入の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

梁祝(リャンチュウ)講演と新年会のお知らせ

1月19日(土)は、池袋(講演会場)で「梁祝会」渡辺明次会長の『特別発表』があります。研究発表のテーマは「碑文から梁祝愛情伝説の真実を読み解く」。

20190119_3日中翻訳学院創立10周年記念イベント「第2回翻訳フォーラム」の一環で、
中国・四大愛情伝説の一つ「梁山伯と祝英台」を日本に初めて紹介した渡辺明次先生をお呼びし特別発表!
右の画像は案内チラシです→
小さくて読みにくければダウンロードできます

講演会の後、恒例の「梁祝会」新年会を行います。(近隣の飲食店を予定)
初参加歓迎、どなたでもOKです。

新年会の幹事は私が務めさせていただきますので、氏名、職業(所属)、連絡先を明記の上、tsuka@next-ad.jp宛にお申し込みください。

Photoまた、講演会主催者あて(fanyi@duan.jp)に直接申込みもOKですがその場合、新年会の参加有無は私宛にお伝えください。

写真は昨年夏の横浜での講演会、台風接近にもかかわらず熱心にご参観くださいました。

来年も日中友好を兼ねて「梁祝会」を盛り上げましょう。参加申込みをお待ちしております。(^_^)v
主催者より-------------------------------------------------
[主催]日中翻訳学院
[日時]2019年1月19日(土)午後2時~4時(1時半~受付)
[会場]IKE・Bizとしま産業振興プラザ(旧勤労福祉会館)第三会議室:
東京都豊島区西池袋2-37-4 
(アクセス)http://www.toshima-plaza.jp/access/ 
[参加費]1000円
[申込方法]メールで日中翻訳学院事務局( fanyi@duan.jp )宛に、
お名前、職業、連絡先(住所・電話番号)をご記入の上、お申し込みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

"梁祝(りゃんちゅう)サイト"のトップ頁に「第四回梁祝演劇祭」時のスライドショーを追加更新。

数日前に、渡辺明次(梁祝会長)からメールがあり、
「中国・宜興から音楽入りの写真が3点送られてきたのですが、webのアドレスだけなので、これらをコピーしてUSBかSDカードに入れられるファイルに変換してはいただけないでしょうか、自分でも試みましたができませんでした。」

Topとの事、
私はmp4ファイルに変換して渡辺先生に送りました(データ容量が重いので"宅ふぁいる便"で)、内容的にはなかなか感じの良い物でした。
そこで(もったいないので)、梁祝HPにも載せようと→

先ほど、トップ頁のイベント告知(今年の春の「第四回梁祝演劇祭」)のすぐ下に『番外編』として3つの画像を載せ、クリックすれば動画が出るように追加掲載しました
音楽が素晴らしいです、ご視聴ください。

まあ、部分的な更新ですが渡辺先生も喜んでくれるでしょう。

ところで近年は、HPの制作を頼まれることが多く、webデザイナーみたいになってますが、私の場合、共鳴できる状況であればボランティア、正規の仕事なら相互理解が欠かせません。なんて、今更ではありますが…。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

梁祝(リャンチュウ)愛情故事のヒロイン(祝英台)役を演じる青井聡子さん、本業でも受賞を!?

悲劇のヒロイン祝英台(チュウインタイ)さんは、「鎌倉しふぉん」の社長さん。
素晴らしいニュースです!

Photo_3我ら「梁祝会」の交流の中にいると、青井聡子さんはつい女優というイメージですが、本業は鎌倉でしふぉんケーキ店のオーナーなのです。

その本業で、「優良小売店舗表彰」を授与されたという知らせ。一文を引用させていただきます。
「11月7日、平成30年度 鎌倉商工会議所全員大会にて表彰式が行われ、鎌倉しふぉんは、優良小売店舗表彰を受けました。15周年を迎えた今年、このような表彰を受けられましたことは、鎌倉しふぉんを長年ご愛顧いただいておりますお客様のご支援のたまものと心より感謝申し上げます。
Photo_4これからもおいしいシフォンケーキをみなさまにお届けできますよう精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

自ら興した事業が評価され表彰されるなんて嬉しいことですよね。

ところで下の写真は、以前彼女からシフォンケーキを贈ってくださったときのブログ に載せたものですが、ここで少し紹介しました。

Chiffonset_2そしてまた気配りが素晴らしい、「梁祝会」の時や、舞台公演の後などに、みなさんにお土産として提供してくださることも度々ありました。
素晴らしいの一言です、本当におめでとうございました。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

我が地元、都電(荒川線)三ノ輪橋駅の商店街。

晩酌していて、ふとTVを見ると、あの御三方が我が町の商店街を紹介してます。

103001s日テレの生番組「良純&一茂&DAIGOの自由な下町旅」。毎週各地を廻っているらしい。

サブタイトル「三ノ輪の魅力を伝えよ!」なんて難しいのでは?と思ったけど、さすが皆さん楽しく上手に演出。

都電荒川線の三ノ輪橋駅周りではドラマのロケなどしょっちゅうあるし、この商店街も良くTVで紹介されますが、
正直言って、地元の私にはどこが良いのかわからないところが多い。

103002s大きくもないこの商店街の名は「ジョイフル三ノ輪」、昔は「三ノ輪銀座」と云いました。

近隣に出来た大型店を横目に、地元と楽しく営む姿が、下町情緒を感じさせるのでしょうか?
など言いつつも紹介くだされば嬉しいものです。(^_^)v

Sところで、この記事をSNSに載せたら、読んだ友人が、「三ノ輪のとんかつ屋さんが好きすぎて定期的に通わせていただいてます。古いお店なのでご存知と思いますが駅前の「大八」。何を食べても美味しいです。

地元のくせに知らなかったので、そんなに良いならと、早速下見気分でお店の前まで行って来ました。→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

素晴らしき先輩高齢者~その3

何回続くかわかりませんシリーズ「その3」は、
一昨年、このブログの記事『今日のランチ、話題はNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」』で紹介しましたが、『暮しの手帖』元・副編集長の二井康雄さん。↓

2018071513約40年間、暮しの手帖の編集現場で学んだ事を少しでも次の世代に伝えたい。
との願いで、トークイベントを不定期で開催しています。
今回は第12回「キューバ音楽のいまを編集する」。ゲストは、写真家、音楽ライター、映像作家の高橋慎一さんで音楽評論や著書多数、キューバへの渡航歴は20回以上。

於:10/21(日)3:00~、神保町の「ブックカフェ二十世紀」。今日さっそく申し込むと、即座にあたたかいご返事。

Photo

上の写真は二井さんとの2ショット、今年7月の演劇集団「いたわさ」第13回公演『すてきなあなたに』の劇場にて。

下の写真は、二年前の週刊朝日(9/30号)連載「平成夫婦善哉」に登場されたもの。若くてステキな奥様です。

舞台公演などにもかかわり、多彩なアイデアで企画をされ、己の意思を伝える情熱は年齢を感じさせません。

今回もまた楽しみです。(^_^)v
バックナンバー「素晴らしき先輩高齢者~その1」と「その2」はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

世界的中国女優、范冰冰(ファン・ビンビン)失踪ニュース!

このブログの右サイドに、「人気記事ランキング」というのを設定してあるのですが、最近になってベストテン入りし、日々上位に上がってくるので気になっていました。

Photo_2范冰冰(ファン・ビンビン)の楊貴妃がステキ!』という記事がそれ。

范冰冰、ホントに素敵でした。(笑)

恐らく失踪のニュースで「范冰冰」と検索して、私のブログを閲覧されたと思いますが、
あの記事は、昨年3月に中国大使館内の映画会で見てきた感想を書いたもので、
失踪される前の話ですから残念ながらお役に立てず申し訳ありません。

私も昨今のニュースで気になったのですが、未だ行方不明のままらしい。
とはいえ、殆んどの日本人は范冰冰という名前すら知らなかったのでは?

既に中国政府に拘束されているとか、N.Y.にいるなど、憶測やガセネタが飛び交っている状態のようで、全くわかりませんが、何らかの解決がなされれば、このブログの「人気記事ランキング」からも消えることでしょう。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

本家・中国「梁祝(リャンチュウ)」の舞台は、世界最大規模のARシアター!

Photo月刊誌『人民中国』を発行している大手出版社、東方書店の情報配信サイト(Facebookページ)から転載、梁祝ニュースです。
安徽省蕪湖市にあるハイテクテーマパーク、方特東方神画。このテーマパークは、中国人なら誰もが知っている神話や民間伝承、おとぎ話などのテーマに分かれています。

中国の四大民間説話のうちの一つ、「梁山伯と祝英台」をテーマにしたアトラクション「千古蝶恋」は世界最大規模のARシアターとなっており、美しい中国民族楽器の音楽と共に、幻想的な映像が感動を誘います。
国内で初めて舞台の四方を囲む大型透明スクリーンが導入され、透明なスクリーン内部では俳優陣が演技をします。
最新のAR映像技術と、役者たちの演技が相まって、「梁山伯と祝英台」の長年語り継がれてきた、美しくも切ない物語が眼の前に色鮮やかに再現されます。

「梁山伯と祝英台」のあらすじ…(以下、長文なので省略します)

下の動画は、ほんの30秒足らずですが、雰囲気だけでもわかるでしょう。(^_^)v
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

Jazz38(サンパチ)の店、土曜ライブの魅力は!

今日は9月の最初の土曜ライブ「星野由美子ジャズナイト」が午後7時から。

Photo_2今回は、友人画家の中西祥司さんを誘いました。

本人は前々から「Jazzは大好きだが、家が大森方面なので亀有まではちょっと…」とためらってましたが、
誘ってみたら一発OKでした。

ボーカルとピアノの星野由美子さん自ら、我々の席まで挨拶とお話に来てくれるので、彼を紹介するのも容易かったし(下の写真、中央が星野さん、左が中西さん)、

3shotゆみママを紹介するや、来月やる展覧会のDMハガキをお店に置かせてもらっていました。すごい積極的!(笑)

ミュージックチャージ+1フード+1ドリンク=\4,000
私はビールとロースとビーフ、その後二人でワイン一本を注文。ワインの種類はマスターにおまかせが良い、
値段も味も間違いないでしょう。尤も、マスターは料理を作ったりで大忙し、顔を出すヒマはなし!

2shot星野さんのライブは他の店も含め、私は5回目になるけど、やはりJazz38(サンパチ)の店が楽しい。

今年20周年を迎えたというから素晴らしい、そして皆様へのお礼の言葉のなかで、ここはデビューからの店で、当時は隣の駅(金町)にあったという、私の全然知らない話。

あたりを見回すと、お客に紛れて、顔見知りのミュージシャンの方々も来ている。
これが後半になると飛び入で歌ったり踊ったりの参加をするので、お客様も総立ち、ノリノリで踊り出す。

特に2ステージ目の後半は、お店全体が盛り上がり、本当に楽しい時間が続きました。
中西さんも満足したようで、「また行きましょう」と。(^_^)v
02s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

Jazz38の店、9月のライブをアップ。

20180901イタリア料理とジャズの店、9月のライブとセッションデーのスケジュールをアップしました。

Jazzのスケジュールは毎月アップしていますが、今月は、あるライブのミュージシャンが変更になったりして遅くなりましたが、今日ようやく本公開。

先月の末にピアノ+ボーカルの星野由美子さんから突然のメールがあり、「急にライブが決まりました。9月1日(土)亀有JAZZ38」 とのこと。

私のもとへはまだスケジュール表が届いていない時でしたが、「予定します」と返事をしちゃいました。
写真が今回作った「星野由美子ジャズナイト」のフライヤー。

2018051901彼女は主に水戸方面が本拠地のようで連日ステージという売れっ子です。
もちろん東京でのライブも多いけど、ジャズ38の店なら行きやすい。

←写真は5月のライブでマスターと3ショット。
彼女も私の「書」を大事にしてくれるので、この日は「日々好日」をお花の代わりに贈呈。(笑)

渋いJazz演奏からポピュラーな曲まで和気藹々と。この雰囲気がいい感じ。
マスターとママもジャズに詳しく、一緒にノリノリで楽しむ明るさ。

しんみり聴くお店も良いけど、私にはこっちの方が合ってるのかも。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧