カテゴリー「芸能・アイドル」の274件の記事

2019年6月19日 (水)

第16回・編集よもやま話は「映画書執筆・翻訳を編集する」

主催の二井康雄さんから、「第16回・編集よもやま話」のご案内が届きました。
二井さんは暮しの手帖社元副編集長。ここで学んだことの少しでも次の世代に伝えたいと、このようなトークイベントを開催し16回目となります。

以前も紹介したとおり、文化面で幅広い視野を持つ素晴らしい方です。

Photo_20190621103701 右の写真は昨年秋、第14回「キューバのヒップホップ音楽」トークイベントより。

写真下は一昨年夏、第6回で立川流の真打、立川キウイ師匠の落語

いずれも左側が二井さん。

今回(第16回)のゲストは、気鋭の映画評論家、南波克行さん。アメリカ映画を中心に、精力的に研究、執筆活動をなさっています。
編著書に「スティーブン・スピルバーグ論」(フィルムアート社)、「トム・クルーズ キャリア、人生、学ぶ力」(フィルムアート社)、著書に「宮崎駿 夢と呪いの創造力」(竹書房)、共訳書も多数。
南波さんは、スティーブン・スピルバーグやトム・クルーズについては、世界的なレベルの該博な知識をお持ちです。

私もスピルバーグ監督やトム・クルーズは昔から大ファンですよ。(笑)

Photo_20190621103702

当日は、1時間弱のトークですが、南波さんの著書をいくつか頒布できるようにいたします。トークの後は、いつものように懇親会となります。
☆日時 7月13日(土)18;00~20;00(開場受付は17:30から) 
☆会場 「ブックカフェ二十世紀」 千代田区神保町2-5-4開拓社ビル2F
(地下鉄・神保町駅A1出口徒歩30秒)
☆会費 2000円(1ドリンク付き)、懇親会会費は別途2000円)
☆ご予約 「ブックカフェ二十世紀」jimbo20seiki@gmail.comまで先着50名。

ところで二井さんより、「編集よもやま話」の過去の記録は、拙HP(futai-site)
「ブログ」欄に掲載されています。ここには、映画レビューや、書き文字などの記事も
載せていますので、ぜひともご笑覧ください。二井康雄

今日は二井さんからのお知らせでしたが、私もぜひ参加したいところです。(^_^)v

 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

8月31日「駱駝祥子」朗読会のチラシが完成

A 先ほど、戯曲『梁祝』の作者で、「鎌倉演劇人の会」を率いる古野浩昭さんから、
「8.31「駱駝祥子」朗読会チラシ完成!」との連絡がありました。
裏表のチラシをPDFで送られてきたので、2枚の画像に変換したものです。

5月15日の記事で紹介しましたが、
「老舎の原作 小説「駱駝祥子」朗読会が「かながわプラザ」で上演!

この記事も掲載しました。
「日中文化交流」紙に紹介された、「駱駝祥子」の研究家で翻訳家の大山潔先生

B_1 以下は古野さんからのメールの転載です。
公演の目玉は何と言っても大山先生が演目最後で「梁祝」の旋律と並んで中国で最も美しい曲(民歌)のひとつ「在那遥远的地方」(草原情歌)をステージで独唱することです。
大山先生は知る人ぞ知る名うての’ヴォーカリスト’(昔、あの透き通るような声で北京で開かれた中国全土の歌謡コンクール青少年の部で全国一の栄冠を勝ちとった人)只者ではありません。それを、舞台の最後でピアノの伴奏で歌うのです。そして観客と一緒に合唱も。というわけで、「梁祝会」の皆様方にも是非またお越しいただければ、とご案内しました。

Photo_60

なんと素晴らしいことでしょう、そして我々「梁祝会」とは切っても切れない縁なのです。

そういえば、梁祝のヒロイン青井聡子さんは「駱駝」のスタッフではないのですが、この際、お目にかかりたいです!

なんて、古野さんにおまかせしますが、私も期待をしております。(笑)

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

この夏、老舎の原作 小説「駱駝祥子」朗読会が「かながわプラザ」で上演!

4_1 今年3月に、茗荷谷の東京文京学習センターで開催された第3回「駱駝祥子(らくだのシアンザ)」朗読発表会に、我ら梁祝(リャンチュウ)"応援団"が観劇してきました

  応援団と言っても渡辺明次先生(梁祝会会長)以下、わずか3名でしたが(笑)

5_1 この時の記事が、神奈川県日中友好協会の機関誌「友好の輪」5月号で詳しく掲載されました。(画像右)
この朗読会を主催された大山潔先生(放送大学・明治大学非常勤講師)へのインタビュー記事も大きく取り上げられています。(画像左)

そして、この夏(8月31日)に、神奈川県日中友好協会との協力で(地球市民かながわプラザでの)上演が決まったそうです。
鎌倉演劇人の会の皆さんは、この"ラクダ公演"に向けて練習が始まります。

Photo_47 右の写真は一昨年の忘年会の一コマで、左上から大山潔先生、青井聡子(戯曲・梁祝のヒロイン祝英台)、古野浩昭・鎌倉演劇人の会代表、下段は浦野紘一(梁祝会)先生。その隣の書は私が揮毫した「一衣滞水」。
※機関誌の大山先生紹介写真の横の「一衣滞水
」は私の書ではないので、あえてこちらに載せました(笑)

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

江戸吉原の「おいらん道中」を見物!

Photo_30 午後1時から「おいらん道中」が始まると知り、40分も前にスタート地点寄りの歩道に到着。
既に、カメラを何台も並べてスタンバイしている人も。

おいらんが歩くこの道は、一葉桜・小松橋通りという浅草観音うらの普段は静かな通り。
『第17回・一葉桜まつり』という催しで、この一帯に模擬店やフリーマーケットが賑わいます。

さて、沿道はぎっしり、後から来た人も写真を撮るのに必死で押し寄せ、立ってるだけでも大変な状態!まあ、それでも良く撮れたほうでしょう。(笑)

001 おいらんが行きつく先にはステージができていてその前まで、30分足らず。
この往路を「見世→引手茶屋 道中」といい、催し物がすべて終わったら、ステージ前から出発し
スタート地点まで帰る「引手茶屋→見世 道中」が帰路となります。

002なんて、解説しちゃいましたが、実は今日は仕事の帰りに浅草に寄る用事が前々から決まっていたのです。本当はステージでの催しにも参加し、ゆっくりしたかったけど、"おいらん道中"の往路を見物しただけで帰ることに。

 Photo_31ところで、あの高い下駄の八文字の歩き方には2種類あるそうで、江戸吉原は外八文字。京都の内八文字に比べて動きも大きく、色気があり、おしとやかさよりも花魁の持つ華やかさを表現するのに適した歩き方だという。

 ※右の写真は、沿道で配られた4ページのチラシ→
  中ページも良くできてます。

しかし残念ながら、私が見物した場所では八文字を見ることはできませんでした。ステージ近くでやったのでしょうかね?
というわけで、短時間でしたが、"おいらん"を目の前にそこそこ楽しめました。(^_^)v

001_1

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

今週末(土曜日)は、地元吉原の「一葉桜まつり・江戸吉原おいらん道中」

Photo_27 絵柄は、台東区のHPからですが、今週土曜日(2019年4月13日)、「第17回・一葉桜まつり 江戸吉原おいらん道中」が開催します。

 歴史ある花魁(おいらん)道中と所作を残そうと、地元吉原の人々が中心となって2003年より行っているイベント。

だそうで、実は毎年やってるのも知らなかった。(笑)

Photo_28で、やっぱり見たいのは写真のような「おいらん道中」。
一葉桜・小松橋通りは自宅から歩いて行けるので、お昼どきには行く予定。 詳しくは、ポスターPDF
  ポスターに、13日のタイムスケジュールが(雨天の場合、4月14日(日)に順延)載ってます。

おいらん道中は、13:00~と14:45~のようですね。その後、和太鼓ショーがあったりで、楽しそう、ポスター左上にその他の催し物も。

台東区のイベントの中でも、美しく派手な賑わいはさすが吉原でしょう~
道端から見るだけの単なる野次馬的観客ですが、それでも目いっぱいの楽しみです。 (^_^)v

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

『「駱駝祥子」朗読発表会』の大山潔先生、「日中文化交流」紙に紹介されました。

先月「梁祝(リャンチュウ)会」として、『「駱駝祥子(らくだのシアンザ)」朗読発表会』の応援に行ってきましたが、本日、戯曲『梁祝』の作者であり、現在は「鎌倉演劇人の会」を率いる古野浩昭さんからの速報です。

Photo_25 「日本中国文化交流協会」の会報『日中文化交流』(4/10発行)に、訳注者・大山潔先生(放送大学・明治大学非常勤講師)が顔写真付きで取り上げられました!
(カラー写真は発表会で撮ったもの)→

さらに、古野さんが付け加えるに
「日本中国文化交流協会」とは、1956年に井上靖(作家)、千田是也(演出家)、団伊玖磨(作家)、中島健蔵(仏文学)らが日中相互理解を進めるため結成した民間団体で、ここに紹介されたことは大変なことです。

とのこと、私もこの会報は知っていたし、ほかにもいろいろ記事を読んだことはありますが、すごい会なのですね!

今日はちょっとしたニュースですが~
大山潔先生のミニ講義で始まった、第3回「駱駝祥子」朗読発表会(3月10日)の様子はこちらに書いてあります。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

本日、豊島図書館内に梁祝(リャンチュウ)をはじめ中国四大民間愛情伝説の品々が展示

Photo_9今日、渡辺明次(梁祝)先生あてに、豊島区文化商工部図書館課企画調整担当の方から連絡が。
先日送った品々が豊島区中央図書館に展示されたそうで、その陳列写真が送られてきました。
(展示期間は3月23日(土)~5月23日(木)(第2月曜と第4金曜日は休館)

写真下段が渡辺先生から送られた「梁祝」「白蛇伝」「孟姜女」「牛郎織女」関連などのグッズ。これは、先日の梁祝みんなのブログで紹介したとおり。

Photo_82月から開催されている『東アジア文化都市:2019豊島』。
2019の担当都市は日本は豊島区、中国は西安市。ということで豊島図書館では「中国西安展示」として、四大民間愛情伝説をメインに、他には、現在の西安の動画とジェトロの紹介誌なども飾ったそうです。

ちなみに上の写真は、我々が「東アジア文化都市:2016寧波」の開会式に参加した時の1シーン。下の写真は左から「梁祝」、「白蛇伝」、「孟姜女」のDVDカバー。

Dvd_2Img_0548Img_0578
まあみんなを集めるほどの規模ではないので、渡辺先生と見学に行こうと思いますが、何かついでの用事がある日にしようかと。(^_^)v

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

「駱駝の祥子」朗読発表会と「梁祝会」!

Photo今日は第3回「駱駝祥子(らくだのシアンザ)」朗読発表会です。
←14:30、茗荷谷・放送大学(旧東京教育大学)東京文京学習センターB1会場に、我ら梁祝"応援団"が集合。
と言っても渡辺明次先生以下3名ですが(笑)

大山潔先生(放送大学・明治大学非常勤講師)のミニ講義:『駱駝祥子』の結末について《日中の戯曲を中心に》で始まりました。
Photo_2老舎の古典的名作『駱駝の祥子』、果たしてその結末はいかに。
今回は北京人民芸術劇院の戯曲『駱駝祥子』(1957年)だけでなく、日本で生まれた連続ラジオドラマ『駱駝祥子 ― 駱駝といわれた男』(1954年ラジオ東京<現TBSラジオ>制作)と、『若い世代へ 連続朗読 老舎作 駱駝祥子』(1958年NHK製作)も朗読し、駱駝の祥子の全く異なる結末に焦点を当てます。
Nhk011954年当時、ラジオ東京版の出演者は森繁久弥、杉村春子そして東野英治郎といったそうそうたる顔ぶれでした…(
以下略)
←左の写真、背後のスクリーンに、当時の森繁久彌、杉村春子、東野英治郎の顔写真が映し出されています。

01鎌倉演劇人の会、明治大学生、放送大学生が各場面を順に朗読しますが、
やはり目玉は、1954年にラジオ東京が有名俳優を起用して大人気を博した連続放送劇の最終回(第37回)で使用した台本を手に、鎌倉演劇人の会が"演読"するものでしょう。

Photo_3背後のスクリーンといえば、朗読に合わせてそのシーンが現れるので、演出的になかなか良いのでは?と。

この話は私がまだ消化不足で、あらすじを書いても趣旨を正しく伝えられず省いていますが
第1回第2回と見学しているうちに少しずつですが楽しめるようになりました。

Photo_5左の写真は、放送大学生によるNHKラジオ第二放送の連続ドラマ(第15回<最終回>)の中国語朗読シーン。背後のスクリーンに日本語の訳文が出ました!ほんの一部ですが、物語の結末へと近づいています。

夕方5時、終了後は、計画通り茗荷谷駅裏の居酒屋(王将)へ。
我々3人と思ったら、出演者の皆さんも追いかけてきてくれました。
しかし、このお店は大繁盛で席は満タン。テーブルが離れて残念だけど仕方ない。
でも、記念写真は私が揮毫した「梁祝会」を広げていただき二か所で乾杯!

Photo_4
結局おしまいまで、有意義かつ楽しい「梁祝会」となりました。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

「編集よもやま話」というトークイベント(第14回目)へ

Ce_2毎度お誘いくださる主催者の二井さん(「暮しの手帖」元副編集長)は、「編集」にまつわるよもやま話として素敵な方を紹介くださいます。

1今回のゲストは、イラストレーター高松啓二さん。、「日刊ゲンダイ」の映画コラムイラストなどが有名で、今日から1週間、高松さん制作のクリント・イーストウッドのイラストやペーパークラフト(右の写真)、さらに新作もたくさん展示されています。

01_4ちょうど3月8日(金)から、クリント・イーストウッド主演・監督作「運び屋」。
同時に、「続・夕陽のガンマン」の舞台になったサッドヒルの再生をめぐってのドキュメンタリー「サッドヒルを掘り返せ」が公開されます。

非常にタイムリーで、映画の内容もトークで披露、興味津々でした。

さて、高松さんの個展に加え、還暦のお祝いを兼ねたトークショー&パーティーです。

03ここは神保町の「ブックカフェ二十世紀」、狭い会場にぎっしりの参加者。

出版社関係や映画関係も大勢が挨拶して乾杯。大変な盛り上がりでした。

過去に落語家までも呼ぶ幅広さ、とても文化的なイベントで、主催者の二井さんさすがです。次回も楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

来月10日は「駱駝祥子(らくだのシアンザ)第3回・朗読発表会」。

Photo昨年の今日、【戯曲】駱駝祥子「第2回・朗読発表会」~訳注者大山潔先生をお迎えして~
を見に行きましたが、来月の3月10日には第3弾をやるそうで、その案内が古野氏から届きました。

←写真は、ちょうど一年前の今日の発表会

古野浩昭氏率いる鎌倉演劇人の会(下の写真)の数名は、戯曲・梁祝(リャンチュウ)の役者も兼ねているので、我ら「梁祝会」としても応援がてら観劇しているのです。

Photoそもそも、老舎の名作「駱駝祥子」は長い話なので何幕にも分かれますが、
案内状によると、大山潔先生(明治大学非常勤講師)のミニ講義で始まり、
Photo_2鎌倉演劇人の会、明治大学学生、翻訳者グループ、放送大学学生が順に入れ替わり「駱駝祥子」を朗読。

プログラム的には第2回と同様ですが、今年は目玉があるそうで、
昭和29年(1954年)にラジオ東京(現TBSラジオ)が森繁久彌、杉村春子、東野英治郎を起用して大人気を博した連続放送劇の最終回(第37回)で使用した台本を手に、
鎌倉演劇人の会が"演読"されるとのこと。

東京・茗荷谷の放送大学(旧東京教育大学跡地)で開催される老舎の名作、「駱駝祥子」朗読会、大山潔先生にもお会いできるし楽しみです。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧