趣味

2020年7月22日 (水)

見境なくコロナ感染者数が増え続ける中、書道展への影響も?

友人画家の中西さんから「(毎回出品している10月の)『秋の汎美展』も残念ながら開催中止となりました」と。
となると、私の方の(11月の「練馬書道展」も)かなり危なそうですねぇ!
そんな中でも、主催の練馬区書道連盟は準備を着々と進めてくださっています。

もちろん私も、作品創りの予定は変更しません、当然のことですが。

Photo_20200723185701 今まで何を書こうかといろいろ試してきましたが、そろそろ決めて本番の画仙紙に、という状況。

←写真は『独坐大雄峰』
読み下し:独り大雄峰に座す(百丈禅師曰く)

カンタンな説明は「11月の書道展の作品準備-その1」に書きました。

これを本命にして、実際に2×8尺(約60cm×240cm)の画仙紙に、一行で書く予定。
実寸で書くと、最初のイメージとはかなり違ってきますが、そこからが新作本番です。
あるいは、途中でまた詩句を変えるかも知れません。(笑)
因みに私のホームページはこちら⇒ http://www.next-ad.jp/tsuka/

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

「練馬区書道連盟」のオフィシャルサイトが出来た!

会長の綱花水氏からメールが届き、「練馬区書道連盟のホームページを作りましたのでお知らせします」と。
URLを開くと、(下の写真がトップページですが、)とても綺麗じゃないですか!

Hp_20200712181101 文言も粋だし、どなたが作られたか知りませんが、素早い進行に感心しました。
内容的には今のところ基本的な要素だけですが、更新するたびに蓄積されていくでしょうから楽しみです。

スタートのメッセージは、
第38回練馬書道展の作品募集のお知らせ
第38回練馬書道展 日時:11月11日(水)~11月15日(日)午前10時~午後5時半(15日は午後3時まで) 場所:石神井公園ふるさと文化館 内容:書、篆刻、刻字…

沿革のページを見てみると、第一回練馬書道展の開催は昭和55年!
私の出品歴を逆算すると、第10回展くらいから出品していたのかな~?覚えていませんが、当時、練馬の教室で「みんな出しなさい」といわれて、毎年出品するようになりました。今考えると、今日まで30年近く出品してきたのかもしれない。
とにかくこの会との付き合いは長いので、こんなことを思い出し、懐古に浸りました。(^^ゞ

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

孫への誕生日プレゼント。

東京のコロナ感染者数、今日は過去最多の224人と発表!気を引き締めねば。
来週は中学3年生の孫(娘の息子)の誕生日なのだが、そんなこんなで今年は会うことができません。プレゼントは送りますが、何が良いか悩んだ末、書籍にしました。

Photo_20200709153101 一冊目は、『えんとつ町のプペル
にしの あきひろ (著)、 幻冬舎刊
お笑いタレントで絵本作家のキンコン西野が制作した大ヒット中の絵本だそうで。

[話のさわり]:煙突だらけで黒い煙に覆われた『えんとつ町』の住人は青い空も輝く星を知らない。 そんな町にハロウィンの夜に現れたゴミ人間プペルのもとに起こる奇跡の物語…全ページ無料公開のサイトがありました

もう一冊は、『量子コンピュータが変える未来』 寺部 雅能,大関 真之 (共著)、オーム社刊 
どちらかというと私が興味ある分野ですが…(笑)、この本は、量子コンピュータの難しい解説書ではなく、変わる未来を語ったものだから優しい筈。が、今の中学生、かなりの事は知っていたりするかも?

Photo_20200709153201 米グーグルなどの研究チームの発表によると、同社のスーパーコンピュータで1万年かかる計算を、量子コンピュータなら、わずか3分20秒で。というから凄まじいもの。

ところで量子とは、原子を構成する電子・中性子・陽子などや、光子・ニュートリノ・クォークなどの微粒子も量子に含まれます。
で、このような微小の世界では、固体である筈のものが波でもあることを発見。
つまり粒子性(物質)と波動性(状態)を併せ持ち、常に入れ替わって存在するのです。
従来のコンピューターが0と1で情報を表すのに対し、量子コンピューターは上記の性質を利用し、0と1のほかに、両方を同時に表せる特殊な単位「量子ビット」を使うことで、2進法に比べ、膨大な情報を高速処理できる。

大雑把で乱暴な?説明でしたが、私の知識はこの程度。(笑)尤も、量子コンピュータを学ぶわけじゃないし、未来社会に興味を向けるきっかけとなれば良いかなと。
実はこれら2冊の本、アマゾンで注文する時に希望日時を指定するの忘れて(誕生日前に)、もう届いてしまったようでした。まあ、喜んでくれてホッとしましたが。(^^ゞ

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

11月の書道展の作品準備-その1

11月に「第38回・練馬書道展」が開催されるに伴い、今月末に練馬区書道連盟の役員会議があります。実は、コロナの自粛要請が解除されつつあるなか、私はその会議の出欠を躊躇しているところなのです。

03_20200622095901 また、展覧会場が閉館となるリスクもありますが、今日から出品作品の準備です。

先ずは禅語で『独坐大雄峰』→
読み:独り大雄峰に座す(『碧巌録』二十六則)大雄峰とは、唐の百丈懐海(ひゃくじょうえかい)禅師が住む、江西省南昌府の大雄山(別名百丈山)のこと。

ある時、弟子が百丈禅師に尋ねました。「この世で最もありがたいことは何ですか?」
百丈禅師が答えるに「独坐大雄峰」と。
意味:今このお山(大雄峰)にどっしりと坐っておることじゃ!自分が今こうして生きていることが何よりも尊いことだ。喝!
※禅問答の解説は長くなるので省きます。

01_20200619192301 ところで、独坐で始まる漢詩はたくさんあり、李白の『独坐敬亭山』を思い出しました。これも後日にトライしましょう。
衆鳥高飛尽、孤雲独去閑。
相看両不厭、只有敬亭山。(五言絶句)

←また、思いつきで、
デカルトの有名な『我思故我在』(われおもうゆえにわれあり)も面白いので、書いてみました。
これも出品候補に挙げても良いかと。西洋の哲学者の言葉なんて書く人はいるかな?
まあ、何を書こうが自由でしょう。(笑)

これらを基に、締切りまで頑張ります。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

科学も宗教も究極のワードは「無」と「無限」。

だいぶ前に買って読んだ本『ZERO』ですが、いま読み直しています。「ゼロは数学・物理学が恐れる最も危険な数値」だそうだ。さらには「"無"と"無限"はいかに人類の知的営為を揺るがしてきたのか」。

02_20200612174401仏語や禅語に凝っている私としては、その共通点を見出したく再度読み始めたわけ。

同時に、仏語『常楽我浄(じょうらくがじょう)』を揮毫してみました。→
この常・楽・我・浄の四字は、仏の境地で、それぞれの意味は、:永遠不変であり、:無上の安楽。:何からも拘束されない、:清浄な境地。を言う。

しかしこの逆で、『苦・空・無常・無我(くくうむじょうむが)』という、仏教の最も基本的な、この世の迷いの四つの姿もある。「この世のすべてのものは、であり、(くう)であり、に固定したものはなく、自も実体がない」ということ。

Photo_20200612174501

こうやって対比してみると、わかったような気がしますね。「なんだそういうことか」などと。(笑)

宗教家からは笑われるでしょうが、それでよいと思う。なんでも難しそうだと近寄り難くなるし。

←そこでこの本、『異端の数 ゼロ』というタイトル。難しそうだけど、読むほどに引き込まれていきます。

ゼロという数値?は東洋で成長したもので、西洋科学では近代まで認めることをしなかった。
読み終えたらまた書きますが、科学も宗教も"ヘソ"は「無」と「無限」。

こんな角度から探求するのは面白い、自分の「書」の楽しみが一つ増えました。
因みに、「般若心境」256文字の中に「無」の字が21回も出てくるのです。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

今年は、地元のお祭りも中止。何かしたくてコロナ収束を願う「書」を。(笑)

Photo_20200606184201 新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解除されましたが、東京の感染者は、減るどころか毎日増え続け得ていますね~、今日は26人だと?

みんな5月の連休中でも頑張ったと思いますが、その自粛疲れというか、「解除」の声で一気に気持ちが晴れちゃった方は多いかと?

Photo_20200607084901 我が町のお祭りは、毎年6月に入った土日に「天王祭」があるのですが、やっぱり中止。
上の写真は、昨年(6月8日土曜日)の一コマです。手前の男性の半被には「東三ノ輪」と。

そこで今日は「書」でお祈りというか、願いをこめて、揮毫しました。

←1枚目は「共生・共存」。コロナと共生、ゆえに共存、という願いです。
都知事が宣言した、コロナとの共存「ウイズ コロナ宣言」を応援する意味で。

02_20200608154001 2枚目は「収束・終息」。コロナを収束させた後、完全に終息へ、との祈り。→

私は、以前もブログに書きましたが、喘息もちで肺が弱いので、収束あるいは終息までは、大きな動きは自粛します。

正直、感染したら怖いので、コロナと共存の気持ちで頑張ります。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

ジャズライブにはまだ行けないけど、CDが届いた!

もう6月?、先ほどジャズピアニストでボーカルの星野由美子さんのCDが届きました。

Kimg0003_20200601183101三カ月前のブログに書いた
「新型コロナで仕事の中止や延期が続々と」で触れたけど、彼女のライブも全てが中止になってしまい、自粛の毎日だったようです。

あれから三カ月も経ったのですね!
そこで、何か出来ないかと、このバージョンのCDを購入することにしました。既に出ているCDですが金曜日にお願いしておいたのです。(4th album『Blue Moon』税込2700円(送料無料)サイン付き)
あ、丁寧なお手紙と、マスクが何枚も入ってる、嬉しい!

タイトルのBlue moon、Moon river、Summer timeなど18曲、これから聴きますが、ライブに行けなかったぶん、たっぷりと癒されます。(笑)

201912 今日の時点で、ようやくライブの予定が続々と入ってきたようで良かった。
右の写真は、昨年暮れに池袋のジャズバーで、干支の文字を差し上げた時。

コロナが収束すれば、売れっ子なので仕事は心配してませんでしたが、新型コロナウイルス「第2波」が来るとか。まだまだ安心はできません。いづれ私もライブに行ける時を楽しみにしています。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

「席上揮毫」の時の写真をつなげて「動画」にしてみた。

首都圏も"コロナ"の緊急事態宣言がそろそろ解除になりそうだ。
でも、私はあわてて出かける用事など今はないので、不要不急の自粛モードです。

今日はこんな動画(本当は静止画)を作りました。
昨年の暮れに、練馬区光が丘の「文化交流ひろば」で、北京市(海淀区)と東京都(練馬区)で「書」の共演が行われた時に、中国の書家たちの前で私が披露した一幅は「庚子(かのえね)」。この時、練馬区の係の女性が写真をたくさん撮ってくれたので、それらをつなげて動画にしてみました。BGM入りです(笑)

一コマ一コマがもっと自然につながるといいな、と思ったのだけど、動画はあまり得意でないのでイマイチでした。ヒマに任せて動画編集の勉強でもしようかな?と。
まあ、出来は中途半端でしたが、そのうち良いのができるでしょう。(笑)

今日はそんな一日でしたが、陽気がとっても良い日曜日なので、本当は家にこもっていては身体に良いわけがない。そう、確かにだいぶ鈍ってきた気がします。
明日から久々の早朝ウォーキングといきますか!?(^_^;)

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

書道展の役員会議もキャンセル(悲、、)

「練馬区書道連盟」の役員会議が来週(5月21日)と迫ったところで、私は事務局長に電話で欠席の意志を伝えました。(コロナの緊急事態宣言、東京は継続とのことで)

それと、今日まで事務局から何の通知もないので、それについても尋ねたのですが、

02_20200517061501 どうやら、来週の役員会議どころか、秋の「第38回・練馬書道展」も中止すべきという声もあるようで。
となると、今年は11月11日からの予定で会場もとってあるわけで、主催の練馬区との相談も必要だろうし、会長&名誉会長さんたちは苦慮しているところなのでしょうか。

私はあまり出しゃばりたくないので、静観しているつもりですが、
私の周囲では、友人の絵画展やイベントは全て中止になっているし、ジャズライブの方々は死活問題だし、書道展の中止も例外でない訳だが、半年後(11月)のことだから判断が難しいのかも。

←写真は第35回・練馬書道展にて 王維の詩より「花間笑語声」。

先月(4/2)のブログに、『今年こそはと、自分との戦いに挑みます』なんて書いちゃいましたが、急にモチベーションが下がりそうになっています。

しかし、それではいけない!
レベルは違うにせよオリンピック選手たちと気持ちは同じでしょう。展覧会があろうがなかろうが、"我が道を行く""平静を保つ"の精神で、「書」に気を入れ直します。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

久々の「般若心経」。

Photo_20200503220602 緊急事態宣言、明日、政府は一か月延期を正式発表されるそうで。
連休の最中、自粛解除はまだかとしびれを切らしている方が増えていると思いますが、私はおとなしく、読書に耽ってます。
先日購入した書籍『愛語』を抱え、感銘を受けた一節を拾い読みして深掘りを。

Photo_20200503220501

その成果か?加齢のせいか?仏語とか禅語とかに馴染み、自然と親しむ毎日となってます。まだまだ中途半端ですが。

そこで今日は久々に「般若心経 (三蔵法師玄奘訳)」を自分のタッチで謹書(敬写)しました。写経は時間がかかるだけに、その間ずっと集中するわけですが、書き上げると気持ちが落着き、スッキリとします。書の勉強というかストレス解消には大変良いので、たまにやります。上の「書」は、その中の「遠離一切顛倒夢想」8文字を半紙に。

Photo_20200503220601

 般若心経は、観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空 …と続きますが、上に載せた、遠離一切顛倒夢想(おんりいっさいてんどうむそう)の8文字が私は好きなのです。
難しそうな漢字が並んでいるけど、意味はわかり易い。瀬戸内寂聴さんの訳では:ものごとを逆さにみる誤った考え方から遠ざかる
つまり、現実をまっすぐ見ずに自分に都合よく、或いは、悪く解釈することが、不安や恐怖、恨みや怒りの原因だということ。
尤も、ここだけわかっても仕方がないですが、好きな言葉は持っていたいので…(笑)
 
左の写真は、一昨年秋に展覧会に出品した作品(般若心経256文字)です。(^_^)v

まあ、ヒマでストレス溜めているよりは良いでしょう(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧