書道・お習字

2020年8月 1日 (土)

元気を見つける、おなじみの禅語をプレゼント。

一昨日の(株)カント元社長のバースデイパーティは、コロナ感染防止対策を順守して行われましたが、もう一つのお祝いは、6月に社長に就任した息子さんの紹介でした。

Photo_20200802182202 Photo_20200803121701誕生日祝いとして、元社長(現相談役)に「日々是好日」を揮毫して参上。
左の写真は色紙カバー(たとう)。
誰もが知ったつもりのおなじみ禅語で、中国・唐未の大禅匠、雲門禅師の悟りの境地。
【読み】「にちにちこれこうにち」だが、「ひびこれこうにち」でもOK。
【意味】「好日」は「良い日」ではなく生きるということ。いやなことも、辛いことも、損じたことも…その時々をありのままに受け止めて生きるということ。

Photo_20200802182203 Photo_20200803121702 新社長には就任祝いとして、「美意延年」を。
勝海舟が好んだ言葉だそうで、中国・戦国時代末の思想家、荀子の一節
【読み】「びいえんねん」
【意味】「美」は美しいでなく楽しむこと、「意」は心のこと、「延年」は長生きすること。 いつも明るく楽しい心でいれば、自然と長寿を保つことができる。

お二人の年齢に合わせると逆かな?と思いましたが、いやこれでよいのだと。(笑)
パーティ会場だったのでその場で反応は聞けませんでしたが、きっと喜んでくださることでしょう。
これらも、そのうち自分のサイトに載せておく予定です。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

見境なくコロナ感染者数が増え続ける中、書道展への影響も?

友人画家の中西さんから「(毎回出品している10月の)『秋の汎美展』も残念ながら開催中止となりました」と。
となると、私の方の(11月の「練馬書道展」も)かなり危なそうですねぇ!
そんな中でも、主催の練馬区書道連盟は準備を着々と進めてくださっています。

もちろん私も、作品創りの予定は変更しません、当然のことですが。

Photo_20200723185701 今まで何を書こうかといろいろ試してきましたが、そろそろ決めて本番の画仙紙に、という状況。

←写真は『独坐大雄峰』
読み下し:独り大雄峰に座す(百丈禅師曰く)

カンタンな説明は「11月の書道展の作品準備-その1」に書きました。

これを本命にして、実際に2×8尺(約60cm×240cm)の画仙紙に、一行で書く予定。
実寸で書くと、最初のイメージとはかなり違ってきますが、そこからが新作本番です。
あるいは、途中でまた詩句を変えるかも知れません。(笑)
因みに私のホームページはこちら⇒ http://www.next-ad.jp/tsuka/

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

「練馬区書道連盟」のオフィシャルサイトが出来た!

会長の綱花水氏からメールが届き、「練馬区書道連盟のホームページを作りましたのでお知らせします」と。
URLを開くと、(下の写真がトップページですが、)とても綺麗じゃないですか!

Hp_20200712181101 文言も粋だし、どなたが作られたか知りませんが、素早い進行に感心しました。
内容的には今のところ基本的な要素だけですが、更新するたびに蓄積されていくでしょうから楽しみです。

スタートのメッセージは、
第38回練馬書道展の作品募集のお知らせ
第38回練馬書道展 日時:11月11日(水)~11月15日(日)午前10時~午後5時半(15日は午後3時まで) 場所:石神井公園ふるさと文化館 内容:書、篆刻、刻字…

沿革のページを見てみると、第一回練馬書道展の開催は昭和55年!
私の出品歴を逆算すると、第10回展くらいから出品していたのかな~?覚えていませんが、当時、練馬の教室で「みんな出しなさい」といわれて、毎年出品するようになりました。今考えると、今日まで30年近く出品してきたのかもしれない。
とにかくこの会との付き合いは長いので、こんなことを思い出し、懐古に浸りました。(^^ゞ

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

懐かしき、中国の書道界トップ(中国書法家協会主席)蘇士澍先生。

Photo_20200707172101 People's China(人民中国)によると、新型コロナウイルス肺炎に対し、「助け合い、共にコロナと闘う」、「世代友好、共に未来を作る」をテーマに「中日韓著名書家オンライン書道展」の開会式が、3日、北京で開催された。(写真左端)→
詳しくは「人民網」に

Photo_20200707172102 中国人民対外友好協会が、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議及び中国国家画院、ソウル書芸博物館と協力。
つまり日中韓の"コロナイベント"でしょうが、その後の100人の揮毫式で驚いたのは、日本の書家・杭迫柏樹先生が参加、さらには中国書法家協会主席・蘇士澍先生の写真が多数。

日展の杭迫柏樹氏とは直接話したことはありませんが、中国の蘇士澍さんには大変お世話になりっぱなしでした。

Photo_20200707172201これは最も懐かしい写真です→
13年前(2007年10月15日) 初めての北京。この時に蘇先生を紹介していただき、料理店で現代中国の画家も交えての交流会した。「北京旅行記ー四日目」

ところで、「蘇士澍」を画像検索すると、私の写真も出てくるのでビックリ!↓

Photo_20200707172202

左の写真の説明はこちら:(2008年6月15日)中国書道界のトップ、蘇士澍先生がお祝いの詩を揮毫

とにかく、蘇先生は書道界の最高峰でありながら、偉ぶらない優しい心と、気張らないその「書」がいい、人間味と品格を感じます。
年齢は(学年は)私と同じなのですが、全然負けてます。(笑)

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

コロナで開催が危ぶまれる中、書道展の準備は着々と。

東京のコロナ感染者数が、なんと今日も最多数を更新131人!と、驚いたのも束の間、
熊本・鹿児島大雨被害、球磨川が氾濫、土砂崩れ、と大変なことになってます。

Photo_20200706092601 そんな中、練馬区書道連盟の役員会議の結果報告書が会長さんから届きました。
私はコロナを気にして欠席させていただいたのですが、内容的に細部までしっかりとした計画を立てられ、頭が下がる思いです。
写真は会場のふるさと文化館)→

Photo_20200705071001第38回・練馬書道展は例年通り11月11日からで、リスクを抱えながら開催に向けて進めることになりました。もし、会場が閉館となった場合でも、オンライン練馬書道展の併設や、YouCubeによる作品解説などを予定してます。

練馬区では今月の区報に「練馬書道展・参加者募集」記事を掲載してくださる。
素晴らしい勢いで進んでいるので、私も気合が入ります。(笑)

この熱意を心に刻み、先月の作品準備-その1に引き続き、第二弾で、李白『獨坐敬亭山』の結句五文字、
←「只有敬亭山」を書いてみました。

詩の題名は、「獨坐敬亭山」<李白>
衆鳥高飛尽、孤雲独去閑。相看両不厭、只有敬亭山。

私の拙い意訳ですが、題:独り敬亭山に坐す<李白>
群をなした鳥たちは高く飛んで消え去り、
一片の雲も独り去って静か。
両者ともに相見ていとわざる、ただ敬亭山が有るのみ。
(^_^)v

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

紫陽花や 白よりいでし 浅みどり 水巴

Photo_20200625184201 渡辺水巴(わたなべ すいは)の句、写真は6年前に書いたものに白いアジサイの絵を添えたもの。

コロナ緊急事態宣言解除後の先月、東大病院へ行ったばかりですが、今日は検体検査(採血)のほかに胸部X線と心電図をとる日。毎年2回くらい検査をしてもらっています。

午後3時半の予約なので時間的にもゆったりと到着。
途中ふと見たアジサイの花、密集せずに間をあけてポツンぽつんと咲いているのに気を取られました。
↓「3密はダメよ」と、警告されてるようで、シャッターを!(笑)

01_20200625184201 まあ、今回もとりわけ問題なし。ホッとしましたが、心臓と肺のレントゲン写真を前回の写真と並べて説明してくれました。心臓の大きさが変わることがあるそうですが、全く同じで無事。肺も写真で見る限り異常なし。

まあ、私の場合、コロナで必要以上に気にしてるせいか?一応ホッとしました。

『紫陽花や 白よりいでし 浅みどり』いいですね!
朝からの雨が一息ついた瞬間で、空気は爽やか、気分はスッキリでした。(^_^)v

しかし、しかし、東京の感染者数、昨日55人、今日は48人とスゴイ数になってます。
"緊急事態宣言時"に戻ったみたいな…油断禁物で~す。(◎-◎;)

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

ウイルスとの共存・共生へ?!

Photo_20200624141001 毎日、コロナに絡んだ話題が続きますが、
今日は、来週月曜日の「書道連盟」役員会議に出席するか否か?が問題。

今朝、会長さんから出欠を問うメールが。

夕方、東京都の新型コロナウイルス感染者数をテレビで確かめると、今日は31人!

減るどころか、この一週間は増えたまま。
この先どうなるかわかりませんが、肺が弱い私としてはやはり外出が心配です。

と同時に、役員会議当日は家を出るのがラッシュ時間と重なるし、会議場までは地下鉄、JR、西武線に乗り継ぎながら1時間以上かかるので家族からは大反対。(笑)

そんなこんなで苦渋の決断?会長さんに欠席の返事を出しました。

01s 書道展に協力したくても、去年に続き今年も欠席とはスッキリしませんが。

まあ、こうなったら、焦らず慌てずコロナと共存(With corona)ですね。(^_^)v

写真は、昨年の打ち上げパーティにて、名誉会長(左端)と会長(右端)。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

11月の書道展の作品準備-その1

11月に「第38回・練馬書道展」が開催されるに伴い、今月末に練馬区書道連盟の役員会議があります。実は、コロナの自粛要請が解除されつつあるなか、私はその会議の出欠を躊躇しているところなのです。

03_20200622095901 また、展覧会場が閉館となるリスクもありますが、今日から出品作品の準備です。

先ずは禅語で『独坐大雄峰』→
読み:独り大雄峰に座す(『碧巌録』二十六則)大雄峰とは、唐の百丈懐海(ひゃくじょうえかい)禅師が住む、江西省南昌府の大雄山(別名百丈山)のこと。

ある時、弟子が百丈禅師に尋ねました。「この世で最もありがたいことは何ですか?」
百丈禅師が答えるに「独坐大雄峰」と。
意味:今このお山(大雄峰)にどっしりと坐っておることじゃ!自分が今こうして生きていることが何よりも尊いことだ。喝!
※禅問答の解説は長くなるので省きます。

01_20200619192301 ところで、独坐で始まる漢詩はたくさんあり、李白の『独坐敬亭山』を思い出しました。これも後日にトライしましょう。
衆鳥高飛尽、孤雲独去閑。
相看両不厭、只有敬亭山。(五言絶句)

←また、思いつきで、
デカルトの有名な『我思故我在』(われおもうゆえにわれあり)も面白いので、書いてみました。
これも出品候補に挙げても良いかと。西洋の哲学者の言葉なんて書く人はいるかな?
まあ、何を書こうが自由でしょう。(笑)

これらを基に、締切りまで頑張ります。(^_^)v

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

11月の書道展に向けての役員会議、再通知に悩む。

Photo_20200618183902 11月の「第38回練馬書道展」に向けて、5月に予定されていた役員会議がコロナで中止となりましたが、その後、緊急事態宣言が解除され政府は社会経済を復活させるような動きとなってきました。

そして先週の事、11月の書道展実施に向けての修正案が明記された役員会議の再通知が届き、今月の29日に役員会議を実施したいとのこと。上の写真は昨年(第37回)の席上揮毫風景

29日と言えば12日後、東京の感染者数は増えている状態だし、正直悩みます。

Photo_20200618183901

万一、展示会場が閉館になる可能性もあり、その損失を最小限にする為の諸々の提案が書かれています。

例えば、オンライン練馬書道展の実施、出品者の作品解説をYouCubeに動画で公開、ほかにも沢山のアイデアが盛り込まれていました。
残念なのは2回続いた「席上揮毫」は中止すると。仕方ありません。

会長さん、名誉会長さんの熱意が前向きで素晴らしい。練馬区側もHPや区報に掲載するなど理解と協力をくださり、私としても会議には出席しお役に立ちたいと考えますが、何ぶん肺が弱いので身体が心配。

会議場まで電車で1時間(2回乗換え)というのも家族は反対で困った、来週は東大病院へ行くので相談してみます。(*_*;

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

"コロナ"で、ちょっぴり寂しい誕生日。(笑)

今日は72歳の誕生日。"コロナ"が主な原因でしょうが「お祝い会」は無し(笑)

気になって、一年前の今日はどうだったのか?と見てみると→『ちょっぴりささやかな誕生日祝い』。確か、一か月前の大ケガで、外出を避け、引きこもり状態…でした。

Photo_20200615185401

今年も同じようなもんではないですか!理由は違うにせよ、お祝いどころじゃないのは同じ。

でもプレゼントは着々と届いています。送り手は、家族、親族だけですが嬉しいもの、ありがとうございます。

さてこれは、寂しさを紛らわす祝福の言葉『萬事如意』(ばんじにょい)→
中国では誕生日に『生日快楽、万事如意』、意味は、お誕生日おめでとう。何事も貴方の思いどおりになるように。

中国ではありきたりの言葉だそうですが、まあいいでしょう、ここは日本。

これから我が家で、晩酌がてらのちょっぴり寂しい誕生日祝いをして頂きます。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

| | コメント (0)

より以前の記事一覧